易経

易経

六十四卦

八卦は万物を象徴するものであるが、より錯雑した変化の世界を表現するため、伏羲は、八卦を重ねて六十四卦とした。 上経三十卦、下経三十四卦に分けられている。 ☷坤(地)☶艮(山)☵坎(水)☴巽(風)☳震(雷)☲離(火)☱兌(沢)☰...
易経

19.地沢臨 ䷒

地沢臨(ちたくりん) 迫り望む ䷒ 臨、元亨利貞。至于八月有凶。臨は、元いに亨りて貞しきに利ろし。八月に至りて凶有り。りんは、おおいにとおりてただしきによろし。はちがつにいたりてきょうあり。 願いごとは大いに通る。ただし...
易経

18.山風蠱 ䷑

山風蠱(さんぷうこ) 腐敗、腐敗を建直す事業 ䷑ 蠱、元亨。利渉大川。先甲三日。後甲三日。蠱は、元いに亨る。大川を渉るに利ろし。甲に先だつこと三日、甲に後るること三日。  こは、おおいにとおる。たいせんをわたるにりあり。こうに...
易経

17.沢雷随 ䷐

沢雷随(たくらいずい) したがう、したがわず ䷐ 随、元亨利貞。无咎。随は、元いに亨りて貞しきに利ろし。咎无し。ずいは、おおいにとおるただしきにりあり。とがなし。 願いごとは大いに通るであろう。占う人の動機が正しい場合、...
易経

16.雷地豫 ䷏

雷地豫(らいちよ) よろこび、たのしみの時 ䷏ 豫、利建侯行師。豫は、侯を建て師を行るに利ろし。よは、きみをたていくさをやるによろし。 諸侯を藩屏として立て、軍隊を動かすのによろしい。 初六。鳴豫。凶。 初六...
易経

15.地山謙 ䷎

地山謙(ちざんけん) 謙遜の徳 ䷎ 謙亨。君子有終。謙は、亨る。君子は終り有り。けんは、とおる。くんしはおわりあり。 謙遜ならば、願いごとは通る。君子としての行いがあれば有終の美を遂げる。 初六。謙謙君子。用渉大川...
易経

14.火天大有 ䷍

火天大有(かてんたいゆう) 大なる所有 ䷍ 大有。元亨。 大有は、元いに亨る。たいゆうは、おおいにとおる。 願いごとは大いに通るであろう。 初九。无交害。匪咎。艱則无咎。 初九。无交害。匪咎。艱則无咎。初九。...
易経

13.天火同人 ䷌

天火同人(てんかどうじん) 人を集める、人との同調 ䷌ 同人于野。亨。利渉大川。利君子貞。人に同じくするに野に于てす。亨る。大川を渉るに利ろし。君子の貞に利ろし。ひとにおなじくするにやにおいてす。とおる。たいせんをわたるに。く...
易経

12.天地否 ䷋

天地否(てんちひ) ふさがる、暗黒時代 ䷋ 否之匪人。不利君子貞。大往小来。之を否ぐは人に匪ず。君子の貞に利ろしからず。大往き小来る。これをふさぐはひとにあらず。くんしのていによろしからず。だいゆきしょうきたる。 否は人...
易経

11.地天泰 ䷊

地天泰(ちてんたい) 通ずる、泰平の時 ䷊ 泰、小往大来。吉亨。泰は、小往き大来る。吉にして亨る。たいは、しょうゆきだいきたる。きちにしてとおる。 陰気が下に降りて来て、陽気が上に上がって来る。その結果は吉であって、願い...
タイトルとURLをコピーしました