【まとめ中】ユーモアは最強の武器である: スタンフォード大学ビジネススクール人気講義

おすすめ書籍
この記事は約3分で読めます。

ユーモアは最強の武器である: スタンフォード大学ビジネススクール人気講義
Humor, Seriously: Why Humor Is a Secret Weapon in Business and Life
ジェニファー・アーカー(著), ナオミ・バグドナス(著), 神崎朗子(翻訳)
東洋経済新報社 (2022/9/9)

ジェニファー・アーカー Jennifer Aaker
スタンフォード大学ビジネススクールのゼネラル・アトランティック・プロフェッサー、行動心理学者
目的と意義が個人の選択に及ぼす影響や、テクノロジーが人間の幸福や企業の成長にプラスの影響をもたらす可能性に関する研究の第一人者。博士の研究は主要な学術誌に幅広く掲載されているほか、『エコノミスト』『ニューヨーク・タイムズ』『ウォールストリート・ジャーナル』『アトランティック』『サイエンス』などの主要紙誌でも紹介されている。Distinguished Scientific Achievement Award(科学部門顕著業績賞)、MBA年間最優秀教授賞などを受賞。個人的には、1980年代初めのダンスコンテストで優勝を飾ったのが最大の偉業。

ナオミ・バグドナス Naomi Bagdonas
スタンフォード大学ビジネススクール講師、エグゼクティブ・コーチ
組織のリーダーやフォーチュン100社、非営利組織などに向けたインタラクティブなセッションを促進し、エグゼクティブやセレブリティが『サタデー・ナイト・ライブ』や『トゥデイ』等の番組に出演する際の指導も行っている。〈アップライト・シチズンズ・ブリゲード・シアター〉で正式なトレーニングを受けたバグドナスは、劇場の舞台に立ってコメディーを実演し、サンフランシスコ郡刑務所では、レジリエンスを高めるための即興コメディーを教えている。バグドナス家に次々にやってくる保護犬たちは、彼女のことを「お人よしで、おやつをいっぱいくれる人」と評している。

神崎 朗子 かんざき・あきこ
翻訳家
上智大学文学部英文学科卒業。訳書にアンジェラ・ダックワース『GRIT やり抜く力』、ケリー・マクゴニガル『スタンフォードの自分を変える教室』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』、キャロライン・クリアド=ペレス『存在しない女たち』、マイケル・グレガー/ジーン・ストーン『食事のせいで、死なないために』、ジェニファー・L・スコット『フランス人は10着しか服を持たない』、オイズル・アーヴァ・オウラヴスドッティル『花の子ども』、ジュリア・ロスマン『FOOD ANATOMY 食の解剖図鑑』ほか多数。

ユーモアは才能ではなく、スキルである。

偉くなるほど、年をとるほど、
自虐ネタを磨くべきである。

幸い、そのネタ元には、困らない、

それが年の功である。

年をとるほど、有利ですね!

ユーモアの4つのタイプ

仕事でのユーモアの4つの効果

面白いものを見つける5つのテクニック

面白さをつくりだすコツ

ユーモアを仕事に活かす

ユーモアで困難な局面を乗り切る

ミスを素直に認める

ピーク・エンドの法則

ユーモアが失敗するとき・失敗したとき

人間の幸福と人生の意義

この記事は、メルマガ記事から一部抜粋し、構成しています。

タイトルとURLをコピーしました