おすすめ書籍

【読書中】なぜ私たちは友だちをつくるのか--進化心理学から考える人類にとって一番重要な関係

なぜ私たちは友だちをつくるのか--進化心理学から考える人類にとって一番重要な関係Friends: Understanding the Power of our Most Important Relationshipsロビン・ダンバー(著)...
易経

51.震為雷(しんいらい) ䷲

震為雷(しんいらい) 地震、雷、戒懼の時 ䷲ 序卦伝 主器者莫若長子。故受之以震。震者動也。器を主どる者は長子に若くは莫し。故にこれを受くるに震を以てす。震とは動くなり。きをつかさどるものはちょうしにしくはなし。ゆえにこれをう...
易経

50.火風鼎(かふうてい) ䷱

火風鼎(かふうてい) かなえ、賢者を養う ䷱ 序卦伝 革物者莫若鼎。故受之以鼎。物を革むる者は鼎に若くは莫し。故にこれを受くるに鼎を以てす。ものをあらたむるものはかなえにしくはなし。ゆえにこれをうくるにかなえをもってす。 ...
おすすめ書籍

【まとめ中】啓蒙思想2.0 政治・経済・生活を正気に戻すために

啓蒙思想2.0 政治・経済・生活を正気に戻すためにEnlightenment 2.0ジョセフ・ヒース(著)、 栗原百代(翻訳)早川書房 (2022/4/1) ジョセフ・ヒース Joseph Heath1967年生まれ。哲学者。トロン...
易経

49.沢火革(たくかかく) ䷰

沢火革(たくかかく) 変革、革命 ䷰ 序卦伝 井道不可不革。故受之以革。井の道は革めざるべからず。故にこれを受くるに革を以てす。せいのみちはあらためざるべからず。ゆえにこれをうくるにかくをもってす。 井戸のあり方というも...
易経

48.水風井(すいふうせい) ䷯

水風井(すいふうせい) 井戸、賢人を養う ䷯ 序卦伝 困乎上者必反下。故受之以井。上に困しむ者は必ず下に反る。故にこれを受くるに井を以てす。うえにくるしむものはかならずしたにかえる。ゆえにこれをうくるにせいをもってす。 ...
おすすめ書籍

ほんとうの定年後 「小さな仕事」が日本社会を救う

ほんとうの定年後 「小さな仕事」が日本社会を救う坂本貴志(著)講談社 (2022/8/18) 坂本貴志 さかもと・たかし1985年生まれ。リクルートワークス研究所研究員・アナリスト。一橋大学国際公共政策大学院公共経済専攻修了。厚生労...
おすすめ書籍

世界は善に満ちている―トマス・アクィナス哲学講義 ―

世界は善に満ちている―トマス・アクィナス哲学講義 ―山本芳久(著)新潮社 (2021/1/27) 山本芳久 やまもと・よしひさ1973年、神奈川県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。...
おすすめ書籍

【まとめ中】死は存在しない~最先端量子科学が示す新たな仮説~

死は存在しない~最先端量子科学が示す新たな仮説~田坂広志(著)光文社 (2022/10/19) 田坂広志 たさか・ひろし1951年生まれ。1974年東京大学卒業。1981年同大学院修了。工学博士(原子力工学)。1987年米国シンクタ...
易経

47.沢水困(たくすいこん) ䷮

沢水困(たくすいこん) くるしむ ䷮ 序卦伝 升而不已必困。故受之以困。升って已まざれば、必ず困しむ。故にこれを受くるに困を以てす。のぼってやまざれば、かならずくるしむ。ゆえにこれをうくるにこんをもってす。 昇ろう昇ろう...
タイトルとURLをコピーしました