おすすめ書籍

世界秩序の変化に対処するための原則【読書中】

世界秩序の変化に対処するための原則 なぜ国家は興亡するのかPrinciples for Dealing with the Changing World Order: Why Nations Succeed or Failレイ・ダリオ(著),...
森の地図

春夏秋冬理論

春夏秋冬理論とは 「春夏秋冬理論」とは、経営学で使われる「成長カーブ」と東洋、西洋の占星学の出会いによって生まれた、ライフサイクル理論です。 「自然に春夏秋冬という季節があるように 人生にも春夏秋冬という季節がある」 私たちの人生も「冬ー春...
おすすめ書籍

資本とイデオロギー ⭐️51

資本とイデオロギーThomas Piketty, Capital et idéologie, Seuil, 2019Capital and Ideology, Harvard University Press, 2020トマ・ピケティ(...
おすすめ書籍

善と悪の生物学 何がヒトを動かしているのか⭐️32

善と悪の生物学 何がヒトを動かしているのかBehave: The Biology of Humans at Our Best and Worstロバート・M・サポルスキー(著), 大田直子(翻訳)NHK出版 (2023/10/26) ロバー...
易経

28.沢風大過(たくふうたいか) ䷛

沢風大過(たくふうたいか) 大きな過度 ䷛ 序卦伝 不養則不可動。故受之以大過。養わざれば動くべからず。故にこれを受くるに大過を以てす。やしなわざればうごくべからず。ゆえにこれをうくるにたいかをもってす。 物は養われて初めて動き出せる。だか...
おすすめ書籍

コロナの時代の僕ら

コロナ時代の僕ら パオロ・ジョルダーノ 2020年2月29日から3月4日のコロナウイルスが感染拡大するイタリア、ローマ。 200万部のベストセラーと物理学博士号をもつ小説家、パオロ・ジョルダーノが、予定外の空白の時間の中で、感染症がもたらし...
易経

19.地沢臨(ちたくりん) ䷒

地沢臨(ちたくりん) 迫り望む ䷒ 序卦伝 有事而後可大。故受之以臨。臨者大也。事ありて而る後大なるべし。故にこれを受くるに臨を以てす。臨とは大いなり。ことありてしかるのちおおいなるべし。ゆえにこれをうくるにりんをもってす。りんとはおおいな...
おすすめ書籍

じぶん時間を生きる TRANSITION⭐️1

じぶん時間を生きる TRANSITION佐宗邦威 (著)英治出版 (2023/7/1) 佐宗邦威 さそう・くにたけ株式会社BIOTOPE代表/チーフ・ストラテジック・デザイナー多摩美術大学 特任准教授東京大学法学部卒業、イリノイ工科大学デザ...
おすすめ書籍

万物の黎明~人類史を根本からくつがえす~⭐️28

万物の黎明~人類史を根本からくつがえす~The Dawn of Everything: A New History of Humanityデヴィッド・グレーバー(著), デヴィッド・ウェングロウ(著), 酒井隆史(翻訳)光文社 (2023/...
おすすめ書籍

生物から見た世界⭐️3

生物から見た世界Streifzuege durch die Umwelten von Tieren und Menschenユクスキュル(著), クリサート(著), 日高敏隆(翻訳), 羽田節子(翻訳)岩波書店 (2005/6/16) ヤー...