1.乾為天(けんいてん) ䷀

易経
この記事は約19分で読めます。

乾為天(けんいてん) 偉大なる天、君たるの道

序卦伝

有天地然後萬物生焉。
天地ありて然る後万物生ず。
てんちありて、しかるのちばんぶつしょうず。

天と地、すなわち乾と坤があって、その後初めて天と地の間に万物が生じる。

乾。元亨。利貞。

乾。元亨。利貞。
乾は、元いに亨る。貞しきに利ろし。
けんは、おおいにとおる。ただしきによろし。

元亨利貞は、四徳と呼び、一番めでたい。これが揃っているのは、乾坤のみ。

彖曰、大哉乾元、萬物資始。乃統天。雲行雨施、品物流形。大明終始、六位時成。時乗六龍、以御天。乾道変化、各正性命、保合大和、乃利貞。首出庶物、萬國咸寧。
彖に曰く、大なるかな乾元。万物 資りて始まる。乃ち天に統べらる。雲行き雨施して品物形を流く。大いに終始を明らかにし、六位 時に成る。時に六龍に乗りて、以て天を御す。乾道変化して、各々性命を正し、大和を保合す。乃ち利貞。首として庶物に出で、万国咸く寧し。
たんにいわく、だいなるかなけんげん。ばんぶつとりてはじまる。すなわちてんにすべらる。くもゆきあめほどこし、ひんぶつかたしをしく。おおいにしゅうしをあきらかにし、りくいときになる。ときにりくりょうにのりてもっててんをぎょす。けんどうへんかして、おのおのせいめいをただし、たいわをほごうす。すなわちりてい。かしらとしてしょぶつにいで、ばんこくことごとくやすし。

彖によると、ああ、偉大なるかな、万物を始める乾という卦は。万物はこれをもととして発生した。さてこそ、あらゆるものは天によって統一されている。雲が流れ、雨がそこへ降ってくる。あらゆる種類の物たちが、それぞれの形を得て、天下に分布する。さて、聖人が、はっきりと天道の初めから終わりまでを見極めるならば、卦の六つの位は、それぞれの然るべき時にしたがって完成する。こうして聖人は時として六頭の龍(六爻)にひかせた車に乗って、天の軌道を自在に走らせる。天道は刻々と変化する。その変化によって万物が生育するのであるが、大きい小さい、程度の高い低い、それぞれその類の本質に従って造られている。この大いなる調和を持続し、これに和する。これこそ利貞である。聖人が、万物の上にぬきんでた地位につくとき、万国は、聖人の徳の感化によって、ことごとく太平になるであろう。

象伝

象曰、天行健。君子以自彊不息。
象に曰く、天行は健なり。君子以て自彊息まず。
しょうにいわく、てんこうはけんなり。くんしもってじきょうやまず。

天の歩みは力強い。君子はこの天にのっとって、休みなく自彊の努力を続けねばならぬ。

文言伝 上 第一節

文言曰、元者善之長也。亨者嘉之會也。利者義之和也。貞者事之幹也。
文言に曰く、元は善の長なり。亨は嘉の会なり。利は義の和なり。貞は事の幹なり。
ぶんげんにいわく、げんがぜんのちょうなり。こうはかのかいなり。りはぎのわなり。ていはことのかんなり。

文言によると、元とはあらゆる善行の頭である。亨とは美しいものの集まる時である。利とは宜しきにかなったことの集まりである。貞とは物事をつかさどるのに必要な属性である。

君子體仁足以長人
君子は、仁を体すれば、以て人に長たるに足る。
くんしは、じんをたいすれば、もってひとにちょうたるにたる。

君子は、仁を身につければ、人の上に立つことができる。

嘉會足以合禮
会を嘉すれば、以て礼に合するに足る。
かいをかすれば、もってれいにがっするにたる。

あらゆるものの集まりを良きもの・美しいものとしたならば、それでこそ、礼にかなうことができるであろう。

利物足以和義
物を利すれば、以て義に和するに足る。
ものをりすれば、もってにわするにたる。

あらゆる物に利益を与えること、それでこそ、事のよろしきにかなうことができる。

貞固足以幹事。
貞固は以て事に幹たるに足る。
ていこはもってことにかんたるにたる。

正しさの持続は、それによって物事をつかさどることができる。

君子行此四德者。故曰、乾元亨利貞。
君子は此の四徳を行う者なり。故に曰く「乾は元亨利貞」と。
くんしはこのしとくをおこなうものなり。ゆえにいわく「けんはげんこうりてい」と。

君子とは、この四つの徳を実行できる者である。そこで、易経の本文で、「乾は元亨利貞」と言っているのである。

文言伝 上 第五節

乾元者、始而亨者也。利貞者、性情也。乾始能以美利利天下、不言所利。大矣哉。
乾元は、始まって亨るものなり。利貞は、性情なり。乾始は能く美利をもって天下を利す。利するところを言わず。大なるかな。
けんげんは、はじまってとおるものなり。りていはせいじょうなり。けんしはよくびりをもっててんかをりす。りするところをいわず。だいなるかな。

乾元は天の徳の始めであった。天の生意の発動するとき、それは万物となってすくすく成長せずにおかない。利貞とは秋冬の結実の時。新たな創造のために種子の用意される時期である。ここにこそ乾の本質が見られる。乾始すなわち乾元は、天下により利益をあたえる。その利益する対象は、普遍平等、とくにどれに利益するということはできない。ここに乾の大きさがある。

大哉乾乎、剛健中正、純粋精也。六爻發揮、旁通情也。時乗六龍、以御天也。雲行雨施、天下平也。
大なるかな乾や、剛健中正、純粋にして精なり。六爻発揮して、旁に情を通ずるなり。時に六龍に乗りて、以て天を御す。雲行き雨施して、天下平らかなり。
だいなるかなけんや。ごうけんちゅうせい、じゅんすいにしてせいなり。りくこうはっきして、つぶさにじょうをつうずるなり。ときにりくりゅうにのりて、もっててんをぎょす。くもゆきあめほどこして、てんかたいらかなり。

乾は偉大なるかな。その本体は剛、その作用は健、その行動は中庸を得、その立場はかたよることがない。よこしまなるものをまじえることなく、純粋の極である。六爻という象徴となってひろげられるとき、それは乾道の秘密をあますことなく明らかにしてくれるであろう。六爻は、龍の形をとる。聖人は時としてこの六頭立ての龍に乗って天を駆ける。ということは、然るべき時には天子となって万民を治めること。それはあたかも、天が雲を湧かせ旱天の慈雨を降らせると同様、天下泰平を保証するものである。

初九。潜龍。勿用。

初九。潜龍。勿用。
初九。潜龍。用うる勿れ。
しょきゅう。せんりょう。もちうるなかれ。

地に潜む龍、まだ行動してはいけない。

象伝

潜龍勿用、陽在下也。
潜龍用うるなかれとは、陽下に在るなり。
せんりゅうもちうるなかれとは、ようしもにあるなり。

潜龍用うるなかれとは、陽爻が一番下にあるからである。

文言伝 上 第二節

初九曰、潜龍勿用、何謂也。子曰、龍德而隠者也。不易乎世、不成乎名、遯世无悶、不見是而无悶。樂則行之、憂則違之。確乎其不可抜、潜龍也。
初九に曰く、潜龍用うるなかれとは、何の謂いぞや。子曰く、龍の徳あって隠るるものなり。世に易えず、名を成さず、世を遯れて悶ることなく、是とせられざれども悶るなし。楽しめばこれを行い、憂うればこれを違る。確乎としてそれ抜くべからざるは、潜龍なり。
しょきゅうにいわく、せんりゅうもちうるなかれとは、なんのいいぞや。しいわく、りゅうのとくあってかくるるものなり。よにかえず、なをなさず、よをのがれていきどおるなく、ぜとせられざれどもいきどおるなし。たのしめばこれをおこない、うれうればこれをさる。かっことしてそれぬくべからざるは、せんりゅうなり。

初九に、潜龍用うるなかれというのは、いかなる意味か。孔子がいうには、龍のごとき徳、聖人の得がありながら、最下層に隠れている人のことである。世の中の移り変わりによって主義を易えこともなく、世間に名を出そうともしない。世に用いられずに隠遁していても、小言をいうことはないし、誰にも正しいとされなくても、不平をいただくことがない。世に道があって、楽しめるときは、その道を行い、乱世で我が身の汚される憂いがあるときは、世間に背を向けて去る。このようにしっかりとしてその志を奪うことができないもの、それが潜龍である。

文言伝 上 第三節

潜龍勿用。下也。
潜龍用うるなかれ、下なればなり。
せんりゅうもちうるなかれ、しもなればなり。

初九、潜龍用うるなかれというのは、下位にあってまだ行動すべきでないから。

文言伝 上 第四節

潜龍勿用。陽氣潛藏。
潜龍用うるなかれとは、陽気潜蔵するなり。
せんりゅうもちうるなかれとは、ようきせんぞうするなり。

潜龍用うるなかれとは、陽気がなお微弱で地下に潜みかくれる時、君子も隠れて世に出ないがよいとの意味である。

文言伝 下

天地變化、草木蕃。天地閉、賢人隠。易曰、括嚢、无咎无譽、蓋言謹也。
天地変化して、草木蕃し。天地閉がって、賢人隠る。易に曰く、嚢を括る、咎もなく誉れもなしとは、蓋し謹を言うなり。
てんちへんかして、そうもくしげし。てんちふさがって、けんじんかくる。えきにいわく、ふくろをくくる、とがもなくほまれもなしとは、けだしきんをいうなり。

六四の解釈。すべて天地の気は相交わることで変化し、その結果として草木などが繁茂する。天地の気が隔絶して通じないときは、万物伸びることがない。同様に君臣の道が隔絶するときは、賢人は野に隠れて出ない。易の、嚢の口を括ったように、韜晦(とうかい)していれば、名誉もないが咎もない。おそらく身を謹しめということを述べたものであろう。

九二。見龍在田。利見大人。 

九二。見龍在田。利見大人。 
九二。見龍田に在り。大人を見るに利ろし。
きゅうじ。けんりょうでんにあり。たいじんをみるによろし。

「地上に現れた龍が、田んぼの中にいる」というのは、隠れていた人物の得の施しが普く行き渡ることの象徴である。上位にいる大人と会うことができるか、その大人に出会うことによって、利益が得られるであろう。

象伝

見龍在田、徳施普也。
見龍田に在りとは、徳の施し普ねきなり。
けんりゅうでんにありとは、とくのほどこしあまねきなり。

見龍田に在りとは、龍が地上に現れ、徳の感化があまねく万物に施される意味である。

文言伝 上 第二節

九二曰、見龍在田、利見大人、何謂也。子曰、龍德而正中者也。庸言之信、庸行之謹、閑邪存誠、世善伐、德博化。易曰、見龍田在、大人見利、君德也。
九二に曰く、見龍田に在り、大人を見るに利ろしとは、何の謂いぞや。子曰く、龍の徳あって正中なるものなり。庸言をこれ信にし、庸行をこれ謹み、邪を閑ぎてその誠を存す。世を善くして伐らず、徳博くして化す。易に曰く、見龍田に在り、大人を見るに利ろしとは、君の徳あればなり。
きゅうじにいわく、けんりゅうでんにあり、たいじんをみるによろしとは、なんのいいぞや。しいわく、りゅうのとくあってせいちゅうなるものなり。ようげんをこれしんにし、ようこうをこれつつしみ、じゃをふせぎてそのまことをそんす。よをよくしてほこらず、とくひろくしてかす。えきにいわく、けんりゅうでんにあり、たいじんをみるによろしとは、くんのとくあればなり。

九二の爻辞、見龍田に在り、大人を見るに利ろし、とは、いかなる意味か。孔子がいわれるのに、龍のごとき徳があって、しかも潜むでもなく、躍るでもなく、ちょうど中庸を得た人のことである。日常のことばにいつわりがなく、日々の行いを謹しみ、邪念を防いで天成の誠を生かし続ける。かような人の徳はおのずと世の中を善くするであろうが、決してその功績を誇ることはない。その徳は広大で、多くの人が感化される。易に、見龍田に在り、大人を見るに利ろし、というのはまだ君主の位についていなくても、君主たるべき徳のある人をいうのである。

文言伝 上 第三節

見龍在田。時舍也。
見龍田に在るは、時に舍まるなり。
けんりゅうでんにあるは、ときにとどまるなり。

九二の見龍田に在るは、時節いまだ到らぬままに臣位に止まっていること。

文言伝 上 第四節

見龍在田。天下文明。
見龍田に在るは、天下文明なり。
けんりゅうでんにあるは、てんかぶんめいなり。

見龍田に在るは、上位にはいないが、天下すでにその感化をこうむって栄えること。

文言伝 下

天地變化、草木蕃。天地閉、賢人隠。易曰、括嚢、无咎无譽、蓋言謹也。
天地変化して、草木蕃し。天地閉がって、賢人隠る。易に曰く、嚢を括る、咎もなく誉れもなしとは、蓋し謹を言うなり。
てんちへんかして、そうもくしげし。てんちふさがって、けんじんかくる。えきにいわく、ふくろをくくる、とがもなくほまれもなしとは、けだしきんをいうなり。

六四の解釈。すべて天地の気は相交わることで変化し、その結果として草木などが繁茂する。天地の気が隔絶して通じないときは、万物伸びることがない。同様に君臣の道が隔絶するときは、賢人は野に隠れて出ない。易の、嚢の口を括ったように、韜晦(とうかい)していれば、名誉もないが咎もない。おそらく身を謹しめということを述べたものであろう。

九三。君子終日乾乾。夕惕若。厲无咎。 

九三。君子終日乾乾。夕惕若。厲无咎。 
九三。君子終日乾乾とし、夕べに惕若たれば、厲うけれども咎无し。
きゅうさん。くんししゅうじつけんけんとし、ゆうべにてきじゃくたれば、あやうけれどもとがなし。

君子が終日努力して、夕方まで、過ちがなかったと恐る。この地位にいることは、危険ではあるが咎はない。

象伝

終日乾乾、反復道也。
終日乾乾すとは、反復道あるなり。
しゅうじつけんけんすとは、はんぷくみちあるなり。

終日乾乾すとは、朝夕くりかえし実践することがみな道にかなうようにすることである。

文言伝 上 第二節

九三曰、君子終日乾乾、夕惕若。厲无咎、何謂也。子曰、君子進德脩業。忠信所以進德也。脩辭立其誠、所以居業也。知至至之、可與幾也。知終終之。可與存義也。是故居上位而不驕、在下位而不憂。故乾乾。因其時而惕。雖危无咎矣。
九三に曰く、君子終日乾乾す、夕べまで惕若たり、厲けれども咎なしとは、何の謂いぞや。子曰く、君子は徳に進み業を修む。忠信は徳に進む所以なり。辞を修めその誠を立つるは、業に居る所以なり。至るを知ってこれに至る、ともに幾を言うべきなり。終わりを知ってこれを終う、ともに義を存すべきなり。この故に上位に居りて驕らず、下位に在りて憂えず。故に乾乾す。その時に因りて惕るれば、危うしといえども咎なし。
きゅうさんにいわく、くんししゅうじつけんけんす、ゆうべまでてきじゃくたり、あやうけれどもとがなしとは、なんのいいぞや。しいわく、くんしはとくにすすみぎょうをおさむ。ちゅうしんは、とくにすすむゆえんなり。じをおさめそのまことをたつるは、ぎょうにおるゆえんなり。いたるをしってこれにいたる、ともにきをいうべきなり。おわりをしってこれをおう、ともにぎをそんすべきなり。このゆえにじょういにおりておごらず、かいにありてうれえず。ゆえにけんけんす。そのときによりておそるれば、あやうしといえどもとがなし。

九三の爻辞に、君子終日乾乾す、夕べまで惕若たり、厲うけれども咎なしとあるのは、いかなり意味か。孔子が言われるには、君子は日々道徳に進み、業を修めねばならぬ。まごころは内面的な、進徳の手段である。一言も虚偽のないようにして誠意を立てるのが、外交的な、修業の手段である。進徳にあたっては、まず徳の最高の到達点を見定めて、それに到達しようと努めるべきである。おすしてはじめて神秘の境地を論ずることができよう。修行においては、しごとの終着点を見きわめてそこまでやりとげることが肝要である。このたゆまぬ実践のうちにこそ、道義が存するであろう。このようであれば、上位にあって驕りたかぶることなく、下位にあっても煩悶することはない。故に、爻辞に乾乾す、その時によって惕るという。危うしといえども咎なしというのは、驕らず憂えずの態度による。

文言伝 上 第三節

終日乾乾。行事也。
終日乾乾するは、事を行うなり。
しゅうじつけんけんするは、ことをおこなうなり。

九三の終日乾乾は、たゆまず努力すること。

文言伝 上 第四節

終日乾乾。與時偕行。
終日乾乾すとは、時とともに行うなり。
しゅうじつけんけんすとは、ときとともにおこなうなり。

終日乾乾すとは、危うい時であるから、進徳修業の努力を怠ってはならない。

文言伝 上 第六節

九三。重剛而不中。上不在天。下不在田。故乾乾。因其時而惕。雖危无咎矣。
九三は重剛にして不中なり。上天に在らず、下田に在らず。故に乾乾としてその時に因りて惕る。危うしといえども咎なし。
きゅうさんは、ちょうごうにしてふちゅうなり。かみてんにあらず、しもでんにあらず。ゆえにけんけんとしてそのときによりておそる。あやうしといえどもとがなし。

九三は陽爻が陽位におる。剛の要素が重なって、しかも内卦の「中」をはずれている。上を見ればまだ天(五)にはほど遠く、下を見ればすでに田(二)を離れてしまった。危うい地位である。故にあくせくと努力して、その時その時に戒懼(かいく)しなければならない。そうすることで、危ういながらも咎を免れるであろう。

九四。或躍在淵。无咎。

九四。或躍在淵。无咎。
九四。あるいは躍りて淵に在り。咎无し。
きゅうし。あるいはおどりてふちにあり。とがなし。

龍が昇ろうか、降ろうかと迷って、深い池の中で、踊り上がったり、沈んだりしている。咎はない。

象伝

或躍在淵、進无咎也。
あるいは躍って淵に在り、進むに咎なきなり。
あるいはおどってふちにあり、すすむにとがなきなり。

あるいは躍って淵に在りとは、無理な前進をしないようにすることが咎を免れる途だということである。

文言伝 上 第二節

九四曰、或躍在淵。咎无、何謂也。子曰、上下无常、非爲邪也。進退无恆、非離羣也。君子進德脩業、欲及時也。故无咎。
九四に曰く、あるいは躍りて淵に在り、咎なしとは、何の謂いぞや。子曰く、上下すること常なきは、邪をなすにあらざるなり。進退恒なきは、群を離るるにあらざるなり。君子徳に進み業を修むるは、時に及ばんことを欲するなり。故に咎なし。
きゅうしにいわく、あるいはおどりてふちにあり、とがなしとは、なんのいいぞや。しいわく、じょうげすることつねなきは、じゃをなすにあらざるなり。しんたいつねなきは、ぐんをはなるるにあらざるなり。くんしとくにすすみぎょうをおさむるは、ときにおよばんことをほっするなり。ゆえにとがなし。

九四の爻辞に、あるいは躍りて淵に在り、咎なしとあるが、何の意味か。孔子がいわれるのに、跳躍したりしなかったり、進んだり退いたり、行動が一定しないのは、よこしまなことをしようというのではない。世間一般とはなれて独往しようというのでもない。九三において、君子は十分に徳に進み業を修めた。今は進むべきときに遅れぬようにすすもんとするのである。だから、咎はない。

文言伝 下

天地變化、草木蕃。天地閉、賢人隠。易曰、括嚢、无咎无譽、蓋言謹也。
天地変化して、草木蕃し。天地閉がって、賢人隠る。易に曰く、嚢を括る、咎もなく誉れもなしとは、蓋し謹を言うなり。
てんちへんかして、そうもくしげし。てんちふさがって、けんじんかくる。えきにいわく、ふくろをくくる、とがもなくほまれもなしとは、けだしきんをいうなり。

六四の解釈。すべて天地の気は相交わることで変化し、その結果として草木などが繁茂する。天地の気が隔絶して通じないときは、万物伸びることがない。同様に君臣の道が隔絶するときは、賢人は野に隠れて出ない。易の、嚢の口を括ったように、韜晦(とうかい)していれば、名誉もないが咎もない。おそらく身を謹しめということを述べたものであろう。

文言伝 上 第四節

或躍在淵。乾道乃革。
あるいは躍りて淵に在りとは、乾道すなわち革まるなり。
あるいはおどりてふちにありとは、けんどうすなわちあらたまるなり。

あるいは躍りて淵に在りとは、下卦を離れて上卦に上ったところ、乾の道はここではじめて変革する。革命の時だから容易に身体を決しかねている。

文言伝 上 第六節

九四。重剛而不中。上不在天。下不在田。中不在人。故或之。或之者。疑之也。故无咎。
九四は重剛にして不中なり。上天に在らず、下田に在らず、中人に在らず。故にこれを或す。これを或すとは、これを疑うなり。故に咎なし。
きゅうしは、ちょうごうにしてふちゅうなり。かみてんにあらず、しもでんにあらず、なかひとにならず。ゆえにこれをわくす。これをわくすとは、これをうたがうなり。ゆえにとがなし。

九四は剛爻である。下卦すべて剛爻だったのにかさねてこれまた剛爻、故に重剛という。(朱子はこの爻は剛爻で柔位におるから、重剛とはいえない、と。)五の「中」をはずれている。五の天にもとどかず、二の田にも遠い。六爻を天地人にあてると、初と二が地の位、三と四が人の位、五と天が天の位にあたるが、本当の人位は三である。三は地に近くて人の住むべきところ、四は天に近く人の住みかにふさわしくない。で、九四は人界にもいないわけである。かように不安定だから、爻辞に「或」といった。或というのは疑惑する意味である。遅疑して妄進しないから咎めがない。

九五。飛龍在天。利見大人。

九五。飛龍在天。利見大人。
九五。飛龍天に在り。大人を見るに利ろし。
きゅうご。ひりょうてんにあり。たいじんをみるによろし。

「龍が飛び上がって天にある」。君主は下位にある大徳の人を引見することができる。天下の人は偉大な人を振り仰ぐ。

象伝

飛龍在天、大人造也。
飛龍天に在り、大人造すなり。
ひりゅうてんにあり、たいじんなすなり。

飛龍天に在りとは、聖人だけのしごとである。

文言伝 上 第二節

九五曰、飛龍在天、利見大人、何謂也。子曰、同声相応、同気相求、水流湿、火就燥。雲従龍、風従虎。聖人作而萬物覩。本乎天者親上、本乎地者親下。則各従類也。
九五に曰く、飛龍天に在り、大人を見るに利ろしとは、何の謂いぞや。子曰く、同声相い応じ、同気相い求む。水は湿えるに流れ、火は燥けるに就く。雲は龍に従い、風は虎に従う。聖人作りて万物観る。天に本づく者は上を親しみ、地に本づく者は下を親しむ。すなわち各各その類に従えばなり。
きゅうごにいわく、ひりゅうてんにあり、たいじんをみるによろしとは、なんのいいぞや。しいわく、どうせいあいおうじ、どうきあいもとむ。みずはうるおえるにながれ、ひやかわけるにつく。くもはりゅうにしたがい、かぜはとらにしたがう。せんじんおこりて、ばんぶつみる。てんにもとづくものはかみをしたしみ、ちにもとづくものはしもをしたしむ。すなわちおのおのそのるいにしたがえばなり。

九五の爻辞に、飛龍天に在り、大人を見るに利ろしとあるが、何を意味するか。孔子がいわれるのに、同じ音はたがいに共鳴し、同じ気のものは、たがいに引きあうものである。水が流れるところは潤い、火が燃えるところは、乾燥する。龍が唸れば雲が湧き起こり、虎が吠えれば風が吹きだす。聖人がこの世に立ち上がれば、生きとし生けるものすべてこれを仰ぎ見てよろこぶであろう。すべて、生命源を天から受けるものは、その頭部が上を向いている。生命源を地に受けるものは、その根が下に向かう。これは物みなその類に従うという自然の法則による。

文言伝 上 第三節

飛龍在天。上治也。
飛龍天に在り、上にして治むるなり。
ひりゅうてんにあり、かみにしておさむるなり。

九五の飛龍天に在りは、上位にあって下々を治めること。

文言伝 上 第四節

飛龍在天。乃位乎天德。
飛龍天に在りとは、すなわち天徳に位す。
ひりゅうてんにありとは、すなわちてんとくにくらいす。

飛龍天に在り、ここではじめて天徳に位置する。その徳あって、はじめてこの位におることが許されるから天徳と名付けた。

文言伝 上 第六節

夫大人者。與天地合其德。與日月合其明。與四時合其序。與鬼神合其吉凶。先天而天弗違。後天而奉天時。天且弗違。而況於人乎。況於鬼神乎。
それ大人なるものは、天地とその徳を合わせ、日月とその明を合わせ、四時とその序を合わせ、鬼神とその吉凶を合わす。天に先だって天違わず、天に後れて天の時を奉ず。天すら且つ違わず、しかるをいわんや人においてをや。いわんや鬼神においてをや。
それたいじんなるものは、てんちとそのとくをあわせ、日月とそのめいをあわせ、しいじとそのじょをあわせ、きしんとそのきっきょうをあわす。てんにさきだっててんたがわず、てんにおくれててんじをほうず。てんすらかつたがわず、しかるをいわんやひとにおいてをや。いわんやきしんにおいてをや。

九五の解釈。そもそも大人というのは、その徳は天地の徳と等しく、その聡明は日月の明るさに等しい。大人のしく秩序は四季のめぐりのように整然としており、大人の勧善懲悪は、鬼神が降す吉凶に等しい。大人が創意によって天の作らなかった文化を作った場合も、それは自然と天道に合致し、天理がかくかくであると知った場合は、もとより天の法則性を遵奉して外れることはない。天さえもが大人の行動と行き違うことがないのである。まして天より一段下る人や鬼神(陰陽の気の作用)が、この大人にそむきえようか。

上九。亢龍有悔。

上九。亢龍有悔。
上九。亢龍悔有り。
じょうきゅう。こうりょうくいあり。

「上り詰めた龍には、後悔があるだろう」というのは、満ち満ちれば、必ず溢れこぼれてしまうので、もう長くは続かないということである。

象伝

亢龍有悔、盈不可久也。
亢龍悔ありとは、盈つるときは久しかるべからざるなり。
こうりゅうくいありとはひさしかるべからざるなり。

亢龍悔ありとは、頂上まで昇りつめた者はやがて転落の道をたどって悔いを残すことになるということである。

文言伝 上 第二節

上九曰、亢龍有悔、何謂也。子曰、貴而无位、高而无民、賢人在下位而无輔。是以動而有悔也。
上九に曰く、亢龍悔いありとは、何の謂いぞや。子曰く、貴くして位なく、高くして民なし。賢人下位にあるも輔くることなし。ここをもって動けば悔あるなり。
じょうきゅうにいわく、こうりゅうくいありとは、なんのいいぞや。しいわく、とうとくしてくらいなく、たかくしてたみなし。けんじんかいにあるもたすくることなし。ここをもってうごけばくいあるなり。

上九の爻辞に、亢龍悔いありというのは、いかなる意味か。孔子がいわれるに、「上」の位は貴いようでいて、実質的には位がない。高すぎて、ついて来る民がいない。九五以下の賢人が下位におるけれども、上九の傲慢さの故に、だれも補佐しようとしない。こういうふうだから、動けば後悔する結果になるのである。

文言伝 上 第三節

亢龍有悔。窮之災也。
亢龍悔ありとは、窮まるの災いなり。
こうりゅうくいありとはきわまるのわざわいなり。

上九の亢龍悔ありは、行き詰まってのわざわい。

文言伝 上 第四節

亢龍有悔。與時偕極。
亢龍悔ありとは、時とともに極まるなり。
こうりゅうくいありとは、ときとともにきわまるなり。

亢龍悔ありとは、時すでに行き詰まる故に、その時にある者も行き詰まること。

文言伝 上 第六節

亢之爲言也。知進而不知退。知存而不知亡。知得而不知喪。其唯聖人乎。知進退存亡。而不失其正者。其唯聖人乎。
亢の言たるや、進むことを知って退くことを知らず、存することを知って亡ぶることを知らず、得ることを知って喪うことを知らず。それただ聖人か。進退存亡を知って、その正を失わざる者は、それただ聖人か。
こうのことたるや、すすむことをしってしりぞくことをしらず、そんすることをしってほろぶることをしらず、うることをしってうしなうことをしらず。それただせいじんか。しんたいそんぼうをしって、そのせいをうしなわざるものは、それただせいじんか。

上九の解説。亢ということば、進むことだけ知って退くことを知らず、生きながらえることだけを知って、亡ぶこともあるということを知らず、獲得することだけを知って喪失の可能性を知らない意である。極端ということの弊害を知り、後悔に至らないのは、聖人だけであろうか。そうだ。進むことがあれば必ず退くことがあり、存するものは亡ぶこともあるということを知って正しく対処しうる。それは聖人だけであろう。

用九。見羣龍无首。吉。

用九。見羣龍无首。吉。
用九。群龍首无きを見る。吉。
ようきゅう。ぐんりょうしゅなきをみる。きち。

陽気があたりに満ち満ちている。人の上に立とうとしてはいけない。

象伝

用九、天徳不可爲首也。
用九は、天徳首たるべからざるなり。
ようきゅうは、てんとくしゅたるべからざるなり。

用九の辞の意味は、天の徳は陽剛だが、陽剛でもって人の先頭に立つことはよくない、という意味である。

文言伝 上 第三節

乾元用九。天下治也。
乾元用九は、天下治まるなり。
かんげんようきゅうは、てんかおさまるなり。

乾元の用九は、君たるもの、剛でありながら柔でもありうるならば、天下は治まる。

文言伝 上 第四節

乾元用九。乃見天則。
乾元用九は、すなわち天の則を見る。
かんげんようきゅうは、すなわちてんののりをみる。

乾元の用九は、剛にして柔なるべきことを説く。ここに至って天の法則が見られる。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました