1.乾為天 ䷀

易経
この記事は約2分で読めます。

乾為天(けんいてん) 偉大なる天、君たるの道

乾。元亨。利貞。
乾は、元いに亨る。貞しきに利ろし。
けんは、おおいにとおる。ただしきによろし。

元亨利貞は、四徳と呼び、一番めでたい。これが揃っているのは、乾坤のみ。

初九。潜龍。勿用。

初九。潜龍。勿用。
初九。潜龍。用うる勿れ。
しょきゅう。せんりょう。もちうるなかれ。

地に潜む龍、まだ行動してはいけない。

九二。見龍在田。利見大人。 

九二。見龍在田。利見大人。 
九二。見龍田に在り。大人を見るに利ろし。
きゅうじ。けんりょうでんにあり。たいじんをみるによろし。

「地上に現れた龍が、田んぼの中にいる」というのは、隠れていた人物の得の施しが普く行き渡ることの象徴である。上位にいる大人と会うことができるか、その大人に出会うことによって、利益が得られるであろう。

九三。君子終日乾乾。夕惕若。厲无咎。 

九三。君子終日乾乾。夕惕若。厲无咎。 
九三。君子終日乾乾とし、夕べに惕若たれば、厲うけれども咎无し。
きゅうさん。くんししゅうじつけんけんとし、ゆうべにてきじゃくたれば、あやうけれどもとがなし。

君子が終日努力して、夕方まで、過ちがなかったと恐る。この地位にいることは、危険ではあるが咎はない。

九四。或躍在淵。无咎。

九四。或躍在淵。无咎。
九四。あるいは躍りて淵に在り。咎无し。
きゅうし。あるいはおどりてふちにあり。とがなし。

龍が昇ろうか、降ろうかと迷って、深い池の中で、踊り上がったり、沈んだりしている。咎はない。

九五。飛龍在天。利見大人。

九五。飛龍在天。利見大人。
九五。飛龍天に在り。大人を見るに利ろし。
きゅうご。ひりょうてんにあり。たいじんをみるによろし。

「龍が飛び上がって天にある」。君主は下位にある大徳の人を引見することができる。天下の人は偉大な人を振り仰ぐ。

上九。亢龍有悔。

上九。亢龍有悔。
上九。亢龍悔有り。
じょうきゅう。こうりょうくいあり。

「上り詰めた龍には、後悔があるだろう」というのは、満ち満ちれば、必ず溢れこぼれてしまうので、もう長くは続かないということである。

用九。見羣龍无首。吉。

用九。見羣龍无首。吉。
用九。群龍首无きを見る。吉。
ようきゅう。ぐんりょうしゅなきをみる。きち。

陽気があたりに満ち満ちている。人の上に立とうとしてはいけない。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました