【まとめ中】死は存在しない~最先端量子科学が示す新たな仮説~

おすすめ書籍
この記事は約2分で読めます。

死は存在しない~最先端量子科学が示す新たな仮説~
田坂広志(著)
光文社 (2022/10/19)

田坂広志 たさか・ひろし
1951年生まれ。1974年東京大学卒業。1981年同大学院修了。工学博士(原子力工学)。1987年米国シンクタンク・バテル記念研究所客員研究員。1990年日本総合研究所の設立に参画。取締役等を歴任。2000年多摩大学大学院の教授に就任。現名誉教授。同年シンクタンク・ソフィアバンクを設立。代表に就任。2005年米国ジャパン・ソサエティより、日米イノベーターに選ばれる。2008年世界経済フォーラム(ダボス会議)のGlobal Agenda Council のメンバーに就任。2010年世界賢人会議ブダペスト・クラブの日本代表に就任。2011年東日本大震災に伴い内閣官房参与に就任。2013年全国から7300名の経営者やリーダーが集まり「21世紀の変革リーダー」への成長をめざす場「田坂塾」を開塾。著書は100冊余。

現代物理学の最先端を学ぶと、いつも哲学につながります。

とても興味深いです。

そして、人生の意味、存在の意義などについても、考えることができました。

この人生を大切にしようと改めて感じました。

科学と宗教に橋を架ける

現代の科学の3つの限界

「ゼロ・ポイント・フィールド仮説」とは

なぜアイデアが「降りてくる」のか

「前世の記憶」と「死者との交信」とは

死後どうなるか

自分とは何か

この記事は、メルマガ記事から一部抜粋し、構成しています。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

おすすめ書籍最幸の人生の贈り方
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました