44.天風姤(てんぷうこう) ䷫

易経
この記事は約3分で読めます。

天風姤(てんぷうこう) 遇う

序卦伝

決必有所遇。故受之以姤。姤者遇也。
決すれば必ず遇う所あり。故にこれを受くるに姤を以てす。姤とは遇なり。
けっすればかならずあうところあり。ゆえにこれをうくるにこうをもってす。こうとはぐうなり。

いったん仲の切れ離れた物、必ずいつかはばったり行き遇うことがある。だから切れ離れるという夬の卦の下をうけるのに姤をもってする。姤とは「偶然行き遇う」という意味である。

姤、女壯。勿用取女。

姤、女壯。勿用取女。
姤は、女壮んなり。女を取るに用うる勿れ。
こうは。じょさかんなり。じょをめとるにもちうるなかれ。

鼻息の荒い女である。こんな女を妻として娶ってはならない。

彖曰、姤、遇也。柔遇剛也。勿用取女、不可與長也。天地相遇、品物咸章也。剛遇中正、天下大行也。姤之時義、大矣哉。
彖に曰く、姤は遇なり。柔剛に遇うなり。女を取るに用うる勿れ。与に長ず可からざるなり。天地相遇って、品物咸章かなり。剛中正に遇いて、天下大いに行わるるなり。姤の時義大なるかな。
たんにいわく、こうはぐうなり。じゅうごうにあうなり。じょをめとるにもちうるなかれ。ともにちょうずべからざるなり。てんちあいあって、ひんぶつみなあきらかなり。ごうちゅうせいにあいて、てんかおおいにおこなわるるなり。こうのじぎ、だいなるかな。

初六。繋于金柅。貞吉。有攸往、見凶。羸豕孚蹢躅。

初六。繋于金柅。貞吉。有攸往、見凶。羸豕孚蹢躅。
初六。金柅に繋ぐ。貞しくして吉。往く攸有れば、凶を見る。羸豕孚で蹢躅たり。
しょりく。きんじにつなぐ。ただしくしてきち。ゆくところあれば、きょうをみる。るいしさわいでてきちょくたり。

金属の車止めを咬ませて、さらに紐でくくる。そうすることが正しくて吉。前進させれば悪い目に遭う。痩せた豚が心中密かに跳躍を図っている。

九二。包有魚。无咎。不利賓。

九二。包有魚。无咎。不利賓。
九二。包に魚有り。咎无し。賓に利ろしからず。
きゅうじ。つとにうおあり。とがなし。ひんによろしからず。

わらづとに魚がある。そのこと自体に咎はない。外から来たお客にまでふるまうことはない。

九三。臀无膚。其行次且、厲无大咎。

九三。臀无膚。其行次且、厲无大咎。
九三。臀に膚なし。その行くこと次且たり。厲うけれども大いなる咎は无し。
きゅうさん。しりにはだえなし。そのゆくことししょたり。あやうけれどもおおいなるとがはなし。

尻の皮膚が擦りむけて、歩こうにもぎくしゃくして進めない。危険を自覚すれば大いなる咎はないであろう。

九四。包无魚。起凶。

九四。包无魚。起凶。
九四。包に魚无し。起てば凶。
きゅうし。つとにうおなし。たてばきょう。

つとに魚がなくなった。難儀が起こるであろう。

九五。以杞包瓜。含章、有隕自天。

九五。以杞包瓜。含章、有隕自天。
九五。杞をもって瓜を包む。章を含む。天自り隕つる有り。
きゅうご。きをもってうりをつつむ。しょうをふくむ。てんよりおつるあり。

センダンの葉で瓜をつつむ。あやのある物を内に包んだ形である。かようであれば天から福が降ってくる。

上九。姤其角。吝无咎。

上九。姤其角。吝无咎。
上九。其の角に姤う。吝なれども咎むること无し。
じょうきゅう。そのつのにあう。りんなれどもとがむることなし。

誰かに遇おうとして、角のように硬くてふんぞり反っている相手に出会ってしまった。恥をかくことがある。しかし誰を咎めることもできない。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました