53.風山漸(ふうさんぜん) ䷴

易経
この記事は約3分で読めます。

風山漸(ふうさんぜん) すすむ

序卦伝

物不可以終止。故受之以漸。漸者進也。
物は以て終に止まるべからず。故にこれを受くるに漸を以てす。漸とは進むなり。
ものはもってついにとまるべからず。ゆえにこれをうくるにぜんをもってす。ぜんとはすすむなり。

物はすべて最後まで止まっているわけにはいかない。だから、艮の卦を漸の卦で受ける。漸とは進むという意味である。

漸、女歸吉。利貞。

漸、女歸吉。利貞。
漸は、女の帰ぐに吉なり。貞しきに利ろし。
ぜんは、じょのとつぐにきちなり。ただしきによろし。

娘が嫁ぐのによろしい。男女ともに正しければ、利があるであろう。

彖曰、漸之進也。女歸吉也。進得位、往有功也。進以正、可以正邦也。其位剛得中也。止而巽、動不窮也。
彖に曰く、漸の進むや、女の帰ぐに吉なり。進んで位を得たり。往けば功有るなり。進むに正を以てす。以て邦を正す可きなり。其の位、剛にして中を得るなり。止まりて巽う。動きて窮まらざるなり。
たんにいわく、ぜんのすすむや、じょのとつぐにきちなり。すすんでくらいをえたり。ゆけばこうあるなり。すすむにせいをもってす。もってくにをただすべきなり。そのくらい、ごうにしてちゅうをうるなり。とどまりてしたがう。うごいてきわまらざるなり。

初六。鴻漸于干。小子厲厲。有言无咎。

初六。鴻漸于干。小子厲厲。有言无咎。
初六。鴻干に漸む。小子は厲うし。言あれども咎无し。
しょりく。こうみぎわにすすむ。しょうしはあやうし。ことあれどもとがなし。

水鳥が水際に進んだ。無知なる小人はあやうい。上から小言をくらうことがある。しかしながら、小人においてはよくあること、道義において咎はない。

六二。鴻漸于磐。飲食衎衎。吉。

六二。鴻漸于磐。飲食衎衎。吉。
六二。鴻磐に漸む。飲食衎衎たり。吉。
りくじ。こういわおにすすむ。いんしょくかんかんたり。きち。

水鳥が固い岩のところまで進んだ。君子は和やかに飲食して楽しむ。結果は吉。

九三。鴻漸于陸。夫征不復、婦孕不育。凶。利禦寇。

九三。鴻漸于陸。夫征不復、婦孕不育。凶。利禦寇。
九三。鴻陸に漸む。夫征きて復らず、婦孕みて育わず。凶。寇を禦ぐに利ろし。
きゅうさん。こうりくにすすむ。おっとゆきてかえらず。ふはらみてやしなわず。きょう。あだをふせぐによろし。

水鳥が平原のところまで進んだ。夫は出征して帰ってこない。妻は孕んだけれども子どもが育たない。凶。敵を防ぐのに精一杯である。

六四。鴻漸于木。或得其桷。无咎。

六四。鴻漸于木。或得其桷。无咎。
六四。鴻木に漸む。あるいはその桷を得。咎无し。
りくし。こうきにすすむ。あるいはそのすみきをう。とがなし。

水鳥が木まで進んだ。横枝に止まることもできる。それならば咎はない。

九五。鴻漸于陵。婦三歳不孕。終莫之勝。吉。

九五。鴻漸于陵。婦三歳不孕。終莫之勝。吉。
九五。鴻陵に漸む。婦三歳まで孕まず。終に之に勝つこと莫し。吉。
きゅうご。こうりょうにすすむ。ふさんさいまではらまず。ついにこれにかつことなし。きち。

水鳥が高い丘に進んだ。妻は三年経っても孕まない。つまり夫婦の間を邪魔する者がおる。しかし、邪魔する者もついに勝つことはできない。最後は吉。

上九。鴻漸于陸、其羽可用爲儀。吉。

上九。鴻漸于陸、其羽可用爲儀。吉。
上九。鴻逵に漸む。其の羽をもって儀と爲す可し。吉。
じょうきゅう。こうきにすすむ。そのはねをもってぎとなすべし。きち。

水鳥が、天上の雲の通い路まで上った。その落とした羽根は、儀式の飾りとするに足る。結果は吉。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました