38.火沢睽(かたくけい) ䷥

易経
この記事は約4分で読めます。

火沢睽(かたくけい) そむきあう時

序卦伝

家道窮必乖。故受之以睽。睽者乖也。
家の道は窮まれば必ず乖く。故にこれを受くるに睽を以てす。睽とは乖なり。
いえのみちはきわまればかならずそむく。ゆえにこれをうくるにけいをもってす。けいとはかいなり。

家を治める道が行き詰まれば必ず背き合う結果となる。故に家を示す卦の後に睽の卦が続く。睽とは、目を背け合うという意味である。

睽、小事吉。

睽、小事吉。
睽は、小事に吉。
けいは、しょうじにきち。

小さなことには吉。

彖曰、睽、火動而上、澤動而下。二女同居、其志不同行。説而麗乎明、柔進而上行、得中而應乎剛。是以小事吉。天地睽而其事同也。男女睽而其志通也。萬物睽而其事類也。睽之時用、大矣哉。
彖に曰く、睽は火動いて上り、沢動いて下る。二女同居して其の志同行せず。説びて明に麗き、柔進みて上り行く。中を得て剛に応ず。是を以て小事には吉。天地睽きて其の事同じ。男女睽きて其の志通ず。万物睽きて其の事類す。睽の時用、大なるかな。
たんにいわく、けいはひうごいてのぼり、さわうごいてくだる。にじょどうきょしてそのこころざしどうこうせず。よろこびてめいにつき、じゅうすすみてのぼりゆく。ちゅうをえてごうにおうず。ここをもってしょうじにはきち。てんちそむきてそのことおなじ。だんじょそむきてそのこころざしつうず。ばんぶつそむきてそのことるいす。けいのじようだいなるかな。

初九。悔亡。喪馬勿逐、自復。見惡人无咎。

初九。悔亡。喪馬勿逐、自復。見惡人无咎。
初九。悔亡ぶ。馬を喪うも逐うこと勿れ、自ずから復る。悪人に見えて咎无し。
しょきゅう。くいほろぶ。うまをうしなうもおうことなかれ、おのずからかえる。あくにんにまみえてとがなし。

後悔があるべきであるが、その後悔もなくなるであろう。馬が逃げるけれども追いかける必要はない。自分から帰ってくるだろう。悪人にも喜んであるようにすれば咎がない。

九二。遇主于巷。无咎。

九二。遇主于巷。无咎。
九二。主に巷に遇う。咎无し。
きゅうじ。しゅにちまたにあう。とがなし。

自分の主人を捜し求めて、狭い路地で落ち合う。咎はない。

六三。見輿曳。其牛掣。其人天且劓。无初有終。

六三。見輿曳。其牛掣。其人天且劓。无初有終。
六三。輿の曳かるるを見る。その牛は掣。其の人天され且つ劓。初め无くして終わり有り。
りくさん。くるまのひかるるをみる。そのうしはせい。そのひとはてんされかつぎ。はじめなくしておわりあり。

牛車を後ろへ引き戻される。自分の車を轢いている牛は押し戻される。その乗り手は髪を切られ、鼻を斬られる。初めは酷い目にあうが、終わりは良くなる。

九四。睽孤。遇元夫、交孚。厲无咎。

九四。睽孤。遇元夫、交孚。厲无咎。
九四。睽きて孤りなり。元夫に遇い、交ごも孚あり。厲うけれども咎无し。
きゅうし。そむきてひとりなり。げんふにあい、こもごもまことあり。あやうけれどもとがなし。

仲間と背き離れ、孤独である。善き男に会うことがある。信じあえれば、あやういけれども最後は咎はない。

六五。悔亡。厥宗噬膚。往何咎。

六五。悔亡。厥宗噬膚。往何咎。
六五。悔亡ぶ。厥の宗、膚を噬む。往くも何の咎あらん。
りくご。くいほろぶ。そのともがら、はだえをかむ。ゆくもなんのとがあらん。

本来後悔があるはずであるが、その後悔がなくなる。自分の仲間が自分の皮膚に噛み付く。仲間が自分の肌に食い込むほど結束してくれる。かようにして進めば何の咎もない。

上九。睽孤。見豕負塗、載鬼一車。先張之弧、後説之弧。匪冦婚媾。往遇雨則吉。

上九。睽孤。見豕負塗、載鬼一車。先張之弧、後説之弧。匪冦婚媾。往遇雨則吉。
上九。睽きて孤りなり。豕の塗を負うを見、鬼を一車に載す。先には之が弧を張り、後には之が弧を説く。冦するに匪ず。婚媾せんとす。往きて雨に遇えば即ち吉。
じょうきゅう。そむきてひとりなり。いのこのどろをおうをみ、おにをいっしゃにのす。さきにはこれがゆみをはり、のちにはこれがゆみをとく。あだするにあらず、こんこうせんとす。ゆきてあめにあえばすなわちきち。

仲間はずれで独りである。見れば豚が背中に泥を背負っている。車いっぱいに幽霊が載っているのを見る。そこで幽霊を見た者は慌てて、最初弓に弦を張る。後にはその弦を外す。相手は仇や敵ではなかった。実は自分と婚姻すべき相手であった。さらに前進して雨になれば吉であろう。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました