55.雷火豊(らいかほう) ䷶

易経
この記事は約4分で読めます。

雷火豊(らいかほう) 盛大の時

序卦伝

得其所歸者必大。故受之以豐。豐者大也。
その帰する所を得る者は必ず大いなり。故にこれを受くるに豊を以てす。豊とは大いなり。
そのきするところをえるものはかならずおおいなり。ゆえにこれをうくるにほうをもってす。ほうとはおおいなり。

物が帰すべきところに帰れば、必ず結果は大となる。ゆえに帰妹の卦を受けるのに、豊という卦をもってする。

豐、亨。王假之。勿憂、宜日中。

豐、亨。王假之。勿憂、宜日中。
豊は、亨る。王、之に仮る。憂うる勿れ。日中に宜し。
ほうは、とおる。おう、これにいたる。うれうるなかれ。にっちゅうによろし。

願いごとは通るであろう。王者のみがこういう豊かさの極致に至りうる。太陽が中天にかかる時の明るさ、そのようでありたい。そのときは憂いがないであろう。

彖曰、豐大也。明以動。故豐。王假之、尚大也。勿憂、宜日中。宜照天下也。日中則昃。月盈則食。天地盈虚、與時消息。而況于人乎。況于鬼神乎。
彖に曰く、豊は大なり。明以て動く。故に豊かなり。王、之に仮るは、大を尚べばなり。憂うるなかれ。日中に宜し。宜しく天下を照らすべきなり。日、中すれば則ち昃く。月、盈つれば則ち食く。天地の盈虚は、時と消息す。而るを況んや人に於いてをや。況んや鬼神に於いてをや。
たんにいわく、ほうはだいなり。めいもってうごく。ゆえにゆたかなり。おう、これにいたるは、だいをたっとべばなり。うれうるなかれ。にっちゅうによろし。よろしくてんかをてらすべきなり。ひ、ちゅうすればすなわちかたむく。つき、みつればすなわちかく。てんちのえいきょ、ときとしょうそくす。しかるをいわんやひとにおいてをや。いわんやきしんにおいてをや。

初九。遇其配主。雖旬无咎。往有尚。

初九。遇其配主。雖旬无咎。往有尚。
初九。其の配主に遇う。旬しと雖も咎无し。往けば尚ばるる有り。
しょきゅう。そのはいしゅにあう。ひとしといえどもとがなし。ゆけばたっとばるるあり。

自分と助け合う相手に会える。主といっても主人の意味ではない。相手は自分と対等であるけれども、それは構わない。進んで行けば大切にされるであろう。

六二。豐其蔀。日中見斗。往得疑疾。有孚發若、吉。

六二。豐其蔀。日中見斗。往得疑疾。有孚發若、吉。
六二。其の蔀を豊いにす。日中に斗を見る。往けば疑い疾まるるを得ん。孚有りて発若たれば、吉。
りくじ。そのしとみをおおいにす。にっちゅうにとをみる。ゆけばうたがいにくまるるをえん。まことありてはつじゃくたれば、きち。

蔀戸を盛大にかける——「蔀」とは縁先につっかい棒をして板戸をかけたもの——、蔀戸を下ろしてあれば暗いので、日中に北斗七星が見える。おしかけて行けば疑われ、憎まれる。真心をもって相手の心を啓発してやれば、吉であろう。

蔀(十輪院)

九三。豐其沛。日中見沫。折其右肱。无咎。

九三。豐其沛。日中見沫。折其右肱。无咎。
九三。其の沛を豊いにす。日中に沫を見る。其の右の肱を折る。咎むる无し。
きゅうさん。そのはいをおおいにす。にっちゅうにばいをみる。そのみぎのひじをおる。とがむるなし。

幕を盛大に張りめぐらす。すると部屋の中は真っ暗になって、日中に小さい星が見える。上の君主は助け甲斐のない人物。苦労して自分の右腕が折れた。しかし誰を咎めることもできない。

九四。豐其蔀。日中見斗。遇其夷主、吉。

九四。豐其蔀。日中見斗。遇其夷主、吉。
九四。其の蔀を豊いにす。日中に斗を見る。其の夷主に遇えば、吉。
きゅうし。そのしとみをおおいにす。にっちゅうにとをみる。そのいしゅにあえば、きち。

蔀戸を盛大に部屋の周りにめぐらす。室内が暗くて、日中であるのに北斗が見える。九四が下りていって、自分とまったく同等の相手に会えば吉であろう。

六五。來章、有慶譽。吉。

六五。來章、有慶譽。吉。
六五。章を来せば、慶誉有り。吉。
りくご。しょうをきたせば、けいよあり。きち。

文章のある才能を招くならば、喜びと名誉が得られるであろう。結果は吉。

上六。豐其屋、蔀其家。其戸闚、闃其无人。三歳不覿。凶。

上六。豐其屋、蔀其家。其戸闚、闃其无人。三歳不覿。凶。
上六。其の屋を豊いにし、其の家に蔀す。其の戸を闚うに、闃として其れ人无し。三歳まで観ず。凶。
じょうりく。そのおくをおおいにし、そのいえにしとみす。そのとをうかがうに、げきとしてそれひとなし。さんさいまでみず。きょう。

屋根を大きくし、家の周りに蔀戸を張りめぐらせる。家の戸口を窺うと、シーンとして人影がない。三年経っても人の出入りを見ない。結果は凶。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました