16.雷地豫(らいちよ) ䷏

易経
この記事は約3分で読めます。

雷地豫(らいちよ) よろこび、たのしみの時

序卦伝

有大而能謙必豫。故受之以豫。
大を有して能く謙なれば必ず豫ぶ。故にこれを受くるに豫を以てす。
だいをゆうしてよくけんなればかならずよろこぶ。ゆえにこれをうくるによをもってす。

持っているものが大きくて、しかも謙遜であれば、必ずや心楽しむことができる。だから、謙の後に豫の卦が続く。

豫、利建侯行師。

豫、利建侯行師。
豫は、侯を建て師を行るに利ろし。
よは、きみをたていくさをやるによろし。

諸侯を藩屏として立て、軍隊を動かすのによろしい。

彖曰、豫剛應而志行。順以動豫。豫順以動。故天地如之、而況建侯行師乎。天地以順動、故日月不過而四時不忒。聖人以順動。則刑罰清而民服。豫之時義、大矣哉。
彖に曰く、豫は剛応ありて志行わる。順以て動くは豫なり。豫順以て動く。故に天地も之の如し。而るを況んや侯を建て師を行るをや。天地は順を以て動く。故に日月過たずして四時忒わず。聖人は順を以て動く。則ち刑罰清くして民服す。豫の時義大なるかな。
たんにいわく、よはごうおうありてこころざしおこなわる。じゅんもってうごくはよなり。よじゅんもってうごく。ゆえにてんちかくのごとし。しかるをいわんやきみをたていくさをやるをや。てんちはじゅんをもってうごく。ゆえにじつげつあやまたずしてしいじたがわず。せいじんはじゅんをもってうごく。すなわちけいばつきよくしてたみふくす。よのじぎだいなるかな。

初六。鳴豫。凶。

初六。鳴豫。凶。
初六。鳴豫す。凶。
しょりく。めいよす。きょう。

声をあげて喜んでいる。しかし、結果は凶となる。

六二。介于石。不終日。貞吉。

六二。介于石。不終日。貞吉。
六二。介なること石の于し。日を終えず。貞にして吉。
りくじ。かいなることいしのごとし。ひをおえず。ていにしてきち。

この人の操は石のように堅い。危ういと見れば、1日を終えずして立ち上がるであろう。動機は正しく、結果は吉であろう。

六三。盱豫。悔。遅有悔。

六三。盱豫。悔。遅有悔。
六三。盱豫す。悔いること遅ければ悔有り。
りくさん。くよす。くいることおそければくいあり。

上の者に対して上目遣いをしながら、ぐずぐずしている。動けば後悔せねばなるまい。さりとて、いつまでもぐずぐずとして進まなければ、悔いが残るであろう。

九四。由豫。大有得。勿疑。朋盍簪。

九四。由豫。大有得。勿疑。朋盍簪。
九四。由豫す。大いに得る有り。疑う勿れ。朋盍い簪る。
きゅうし。ゆうよす。おおいにうるあり。うたがうなかれ、ともあいあつまる。

この九四の人物によって、万人が喜びを得るであろう。この人のおかげで、大いに得るところがあるであろう。この人は、とかく人の疑いを招き、みずからも疑念を抱かなければならない危険な地位ではあるが、自分自身を疑ってはならない。そうすれば、友達がすべて集まってくるであろう。

六五。貞疾。恒不死。

六五。貞疾。恒不死。
六五。貞にして疾む。恒にして死せず。
りくご。ていにしてやむ。つねにしてしせず。

自分の地位は正しいが、とかく病気ばかりしている。病は長引くけれど、死にはしない。

上六。冥豫。成有渝。无咎。

上六。冥豫。成有渝。无咎。
上六。冥豫す。成れども渝ること有れば、咎なし。
じょうりく。めいよす。なれどもかわることあれば、とがなし。

喜びのあまり目が眩んでしまった。生活態度を改めるならば、咎はないであろう。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました