60.水沢節(すいたくせつ) ䷻

易経
この記事は約3分で読めます。

水沢節(すいたくせつ) 止まる、節約する

序卦伝

物不可以終離。故受之以節。
物は以て終に離るべからず。故にこれを受くるに節を以てす。
ものはもってついにはなるべからず。ゆえにこれをうくるにせつをもってす。

物は最後まで離散したままではいけない。だから、これを受けるに節という卦をもってする。

節、亨。苦節不可貞。

節、亨。苦節不可貞。
節は、亨る。苦節は貞にす可からず。
せつは、とおる。くせつはていにすべからず。

願いは通る。しかし、苦しいほどの節約は長くは続かない。

彖曰、節亨、剛柔分而剛得中。苦節不可貞、其道窮也。説以行險、當位以節、中正以通。天地節而四時成。節以制度、不傷財、不害民。
彖に曰く、節は亨る。剛柔分かれて、剛、中を得ればなり。「苦節は貞にす可からず」とは、其の道窮すればなり。説びて以て険に行き、位に当りて以て節し、中正にして以て通ず。天地節して四時成る。節するに制度を以てすれば、財を傷らず、民を害せず。
たんにいわく、せつはとおる。ごうじゅうわかれて、ごう、ちゅうをうればなり。「くせつはていにすべからず」とは、そのみちきゅうすればなり。よろこびてもってけんにゆき、くらいにあたりてもってせつし、ちゅうせいにしてもってつうず。てんちせつしてしいじなる。せつするにせいどをもってすれば、ざいをやぶらず、たみをがいせず。

初九。不出戸庭。无咎。

初九。不出戸庭。无咎。
初九。戸庭を出でず。咎无し。
しょきゅう。こていをいでず。とがなし。

踏み留まって、ドアのすぐ外、中庭にも出ない。その態度は咎がない。

九二。不出門庭。凶。

九二。不出門庭。凶。
九二。門庭を出でず。凶。
きゅうじ。もんていをいでず。きょう。

門から外に出ない。結果は凶。

六三、不節若則嗟若。无咎。

六三、不節若則嗟若。无咎。
六三。節若せざれば嗟若たり。咎むる无し。
りくさん。せつじゃくせざればさじゃくたり。とがむるなし。

自らを節して道義に従わなければ、結果において嘆かねばならない。嘆くはめになったとて、誰を咎めることもできない。

六四。安節。亨。

六四。安節。亨。
六四。節に安んず。亨る。
りくし。せつにやすんず。とおる。

節約の道に心安んずる。願いは通る。

九五。甘節。吉。往有尚。

九五。甘節。吉。往有尚。
九五。節に甘んず。吉。往けば尚ばるること有り。
きゅうご。せつにあまんず。きち。ゆけばたっとばるることあり。

もっとも甘美なる節制の仕方。結果は吉。この行き方で前進すれば、万民に尊ばれるであろう。

上六。苦節貞凶。悔亡。

上六。苦節貞凶。悔亡。
上六。苦節は貞しけれども凶。悔ゆるときは亡ぶ。
じょうりく。くせつはただしけれどもきょう。くゆるときはほろぶ。

苦しいほどの節約。固執すれば凶。後悔して改めれば凶がなくある。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました