27.山雷頤(さんらいい) ䷚

易経
この記事は約3分で読めます。

山雷頤(さんらいい) 顎、養う

序卦伝

物畜然後可養。故受之以頤。頤者養也。
物畜えられて然る後養うべし。故にこれを受くるに頤を以てす。頤とは養うなり。
ものたくわえられてしかるのちやしなうべし。ゆえにこれをうくるにいをもってす。いとはやしなうなり。

物が集まれば、養わねばならない。だから、集まるという大畜の卦の後に、頤の卦が続く。頤とは、養うという意味である。

頤、貞吉。観頤自求口実。

頤、貞吉。観頤自求口実。
頤は、貞しければ吉。頤を観て自ら口実を求む。  
いは、ただしければきち。おとがいをみてみずからこうじつをもとむ。

正しければ、吉。何が正しいかというと、養い方を見る。他者の、あるいは自分の養い方を見る。自分の口を満たす物を調達する手段を見なければいけない。

彖曰、頤貞吉、養正則吉也。覿頤、覿其所養也。自求口實、覿其自養也。天地養萬物、聖人養賢以及萬民。顎之時大矣哉。
彖に曰く、「頤は、貞しければ吉」とは、正を養えば則ち吉なり。「頤を観る」とは、其の養う所を観るなり。「自ら口実を求む」とは、其の自ら養うを観るなり。天地は万物を養い、聖人は賢を養いて、以て万民に及ぼす。顎の時、大なるかな。
たんにいわく、「いは、ただしければきち」とは、せいをやしなえばすなわちきちなり。「おとがいをみる」とは、そのやしなうところをみるなり。「みずからこうじつをもとむ」とは、そのみずからやしなうをみるなり。てんちはばんぶつをやしない、せいじんはけんをやしないて、もってばんみんにおよぼす。いのとき、だいなるかな。

初九。舎爾霊亀、観我朶頤。凶。

初九。舎爾霊亀、観、觀我朶頤。凶。
初九。爾の霊亀を舎てて、我を観て頤を朶る。凶。
しょきゅう。なんじのれいきをすてて、われをみておとがいをたる。きょう。

尊い亀の甲羅を持ちながら、それをわきにおいて、他人が飲食しているのを見て、物欲しそうに口をぽかんと開けて下あごをたれ、よだれを垂らす。結果は、凶。

六二。顛頤。拂経。于丘頤。征凶。

六二。顛頤。拂経。于丘頤。征凶。
六二。顛に頤わる。経に払る。丘に于て頤わる。征けば凶。
りくじ。さかしまにやしなわる。つねにもとる。おかにおいてやしなわる。ゆけばきょう。

下の者に養われようと求める。これは、常道に背いている。さりとて、高い丘の上にある人に養われようとして、進んで行けば、結果は凶。

六三。拂頤。貞凶。十年勿用。无攸利。

六三。拂頤。貞凶。十年勿用。无攸利。
六三。頤に払る。貞なれども凶。十年用うる勿れ。利ろしき攸无し。
りくさん。いにもとる。ていなれどもきょう。じゅうねんもちうるなかれ。よろしきところなし。

人や自分自身を養う正道に背いている。結果は凶。十年間動いてはならない。何の利益もない。

六四。顛頤吉。虎視々眈、其欲遂遂、无咎。

六四。顛頤吉。虎視々眈、其欲遂遂、无咎。
六四。顛に頤わるるも吉なり。虎視眈眈、その欲遂遂たれば、咎无し。
りくし。さかしまにやしなわるるもきち。こしたんたん、そのよくちくちくたれば、とがなし。

逆さまに下位者によって養われる。結果は吉。ただし、虎が睨むような威厳をもって、民の生活に必要なものが途切れることのないように、適宜取り立てるべきである。そうすれば、咎はない。

六五。拂経。居貞吉。不可渉大川。

六五。拂経。居貞吉。不可渉大川。
六五。経に払る。貞に居れば吉。大川を渉る可らず。
りくご。つねにもとる。ていにおればきち。たいせんをわたるべからず。

常道に背いている。しかしながら、正しい行き方を持続すれば吉である。さりとて、自分の力で大河を渡るような冒険はしてはならない。

上九。由頤。厲吉。利渉大川。

上九。由頤。厲吉。利渉大川。
上九。由りて頤わる。厲うけれども吉。大川を渉るに利ろし。
じょうきゅう。よりてやしなわる。あやうけれどもきち。たいせんをわたるによろし。

天下の民がこの上九によって養われる。自分の立場の危険性を自覚していれば、吉である。冒険してよろしい。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました