56.火山旅(かざんりょ) ䷷

易経
この記事は約3分で読めます。

火山旅(かざんりょ) 旅に出る時

序卦伝

窮大者必失其居。故受之以旅。
大を窮むる者は必ずその居を失う。故にこれを受くるに旅を以てす。
だいをきわむるものはかならずそのきょをうしなう。ゆえにこれをうくるにりょをもってす。

あまりに大きくなり過ぎた者は、必ずその場におれない。外にはみ出してしまう。だから、豊の卦の後を受けるのに、旅の卦をもってする。

旅、小亨。旅貞吉。

旅、小亨。旅貞吉。
旅は、小しく亨る。旅には貞しければ吉。
りょは、すこしくとおる。りょにはただしければきち。

少しだけ願いが通る。旅に出たときは、ほんの少ししか願いは通らない。身を守るのが精一杯である。旅のときの正しい道を守れば吉であろう——旅とは今の「旅行」の観念とは違って、昔は官職を離れ他国に流浪する苦難のときであった——。

彖曰、旅小亨。柔得中乎外、而順乎剛、止而麗乎明。是以小亨。旅貞吉也。旅之時義大矣哉。
彖に曰く、旅は小しく亨る。柔、中を外に得て、剛に順う。止まって明に麗く。是を以て小しく亨る。旅には貞しければ吉なり。旅の時義、大いなるかな。
たんにいわく、りょはすこしくとおる。じゅう、ちゅうをそとにえてごうにしたがう。とどまってめいにつく。ここをもってすこしくとおる。りょにはただしければきちなり。りょのじぎ、だいなるかな。

初六。旅瑣瑣。斯其所取災。

初六。旅瑣瑣。斯其所取災。
初六。旅して瑣瑣たり。斯れ其の災いを取る所なり。
しょりく。たびしてささたり。それそのわざわいをとるところなり。

旅に出て、こせこせとけち臭い行動ばかりしている。これこそ、恥をかき、あるいは災難を招く所以である。

六二。旅即次、懷其資、得童僕貞。

六二。旅即次、懷其資、得童僕貞。
六二。旅して次に即き、其の資を懐き、童僕の貞を得たり。
りくじ。たびしてやどにつき、そのしをいだき、どうぼくのていをえたり。

旅行中、旅籠屋に泊まる。旅費はたっぷり懐にある。忠実なしもべもいる。

九三。旅焚其次、喪其童僕。貞厲。

九三。旅焚其次、喪其童僕。貞厲。
九三。旅して其の次を焚かれ、其の童僕の貞を喪う。厲うし。
きゅうさん。たびしてそのやどをやかれ、そのどうぼくのていをうしなう。あやうし。

旅のとき、旅籠屋が火事になった。しもべたちの忠実さもなくしてしまった。我が身は危うい。

九四。旅于處、得其資斧。我心不快。

九四。旅于處、得其資斧。我心不快。
九四。旅して于に処り、其の資斧を得たり。我が心快からず。
きゅうし。たびしてここにおり、そのしふをえたり。わがこころこころよからず。

旅行中、一休みする場所を得た。旅費と、草木を切り払い薪を取るべき斧とは手元にある——斧は旅行中必須の物——。ただし、強い味方がいないので、わたしの心はまだ愉快でない。

六五。射雉、一矢亡。終以譽命。

六五。射雉、一矢亡。終以譽命。
六五。雉を射て、一矢亡う。終に以て譽命あり。
りくご。きじをいて、いっしうしなう。ついにもってよめいあり。

一本の矢で雉を射落とした——「一矢うしなう」という読みもある——。雉を射止めたことで、ついに名誉と爵位を得た。

上九。鳥焚其巣。旅人先笑、後號咷。喪牛于易。凶。

上九。鳥焚其巣。旅人先笑、後號咷。喪牛于易。凶。
上九。鳥其の巣を焚かる。旅人先には笑い、後には号き咷ぶ。牛を易に喪う。凶。
じょうきゅう。とりそのすをやかる。たびびとさきにはわらい、のちにはなきさけぶ。うしをえきにうしなう。きょう。

鳥の巣が焼けた。旅人が最初は笑っているけれども、後には泣き喚く。牛を国境で失う。凶。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました