63.水火既済(すいかきせい) ䷾

易経
この記事は約3分で読めます。

水火既済(すいかきせい) 完成

序卦伝

有過物者必濟。故受之以既濟。
物に過ぐることある者は必ず済す。故にこれを受くるに既済を以てす。
ものにすぐることあるものはかならずなす。ゆえにこれをうくるにきせいをもってす。

程度を行き過ぎれば必ず何かを成し遂げることができる。物事を新しくやる場合、ある程度曲がった物を矯めるには、少々反対の方に行き過ぎなければならない。そうしてはじめて物事は成る。だから小過の卦の後を既済という卦で受ける。

既濟、亨小。利貞。初吉終亂。

既濟、亨小。利貞。初吉終亂。
既済は、小さきものさえに亨る。貞しきに利ろし。初めは吉にして終わりは乱る。
きせいは、ちいさきものさえにとおる。ただしきによろし。はじめはきちにしておわりはみだる。

どんなに小さいものにでも願いは通る。動機が正しいことを条件とする。初めは良いけれども、最後には乱れる——完成の後には必ず未完成の時が来る——。

彖曰、既濟亨、小者亨也。利貞、剛柔正而位當也。初吉、柔得中也。終止則亂。其道窮也。
彖に曰く、既済は亨る。小さき者も亨るなり。貞しきに利ろしとは、剛柔正にして位当たればなり。初め吉なるは、柔、中を得ればなり。終りに止まれば則ち乱る。其の道窮まるなり。
たんにいわく、きせいはとおる。ちいさきものもとおるなり。ただしきによろしとは、ごうじゅうせいにしてくらいあたればなり。はじめきちなるは、じゅう、ちゅうをうればなり。おわりにとどまればすなわちみだる。おわりにとどまればみだる。そのみちきわまるなり。

初九。曳其輪、濡其尾。无咎。

初九。曳其輪、濡其尾。无咎。
初九。其の輪を曳き、其の尾を濡らす。咎无し。
しょきゅう。そのりんをひき、そのおをぬらす。とがなし。

進もうとする車輪を後ろに引き戻し、進まないようにする。狐が川を渡ろうとして尻尾を濡らし、結局は渡らない。そういう状態であって咎がない。

六二。婦喪其茀。勿逐。七日得。

六二。婦喪其茀。勿逐。七日得。
六二。婦其の茀を喪う。逐うこと勿れ。七日にして得ん。
りくじ。ふそのふつをうしなう。おうことなかれ。しちじつにしてえん。

妻が車で外出しようとしたところが、車の覆いをなくした。これでは外出ができない。しかし、心配は要らない。捜し回らずとも、七日すれば帰ってくる。

九三。高宗伐鬼方。三年克之。小人勿用。

九三。高宗伐鬼方。三年克之。小人勿用。
九三。高宗、鬼方を伐つ。三年にして之に克つ。小人は用うる勿れ。
きゅうさん。こうそう、きほうをうつ。さんねんにしてこれにかつ。しょうじんはもちうるなかれ。

殷の高宗が鬼方を征伐し、三年かかってようやく勝てた。これは高宗のような王者の征伐だから良いのであって、小人はこのような場合に用いてはいけない。

六四。繻有衣袽。終日戒。

六四。繻有衣袽。終日戒。
六四。繻るるに衣袽有り。終日戒む。
りくし。ぬるるにいじょあり。しゅうじついましむ。

舟に漏れる所がある。その水漏れを埋めるべき古着やぼろを詰める。終日水漏れを警戒せよ。

九五、東鄰殺牛、不如西鄰之禴祭。實受其福。

九五、東鄰殺牛、不如西鄰之禴祭。實受其福。
九五。東鄰の牛を殺すは、西鄰の禴祭して、実にその福を受くるに如かず。
きゅうご。とうりんのうしをころすは、せいりんのやくさいして、まことにそのふくをうくるにしかず。

東隣の家が牛を殺して祭っている。これは西隣の家の質素な祭りには及ばない。この西隣の質素な祭りこそ、まことに神からの福を受けるであろう。

上六、濡其首。厲。

上六、濡其首。厲。
上六。その首を濡す。厲うし。
じょうりく。そのこうべをうるおす。あやうし。

狐が川を渡り終えた途端に頭までどっぷり濡らしてしまう。危ない。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました