58.兌為沢(だいたく) ䷹

易経
この記事は約3分で読めます。

兌為沢(だいたく) 悦ぶ、悦ばす

序卦伝

入而後説之。故受之以兌。兌者説也。
入りて後これを説ぶ。故にこれを受くるに兌を以てす。兌とは説なり。
いりてのちこれをよろこぶ。ゆえにこれをうくるにだをもってす。だとはえつなり。

相手の心の中に入り込めば、相手を喜ばすことができる。だから、巽の卦の後に、兌の卦が続く。兌とは喜ぶ、あるいは喜ばすという意味である。

兌、亨。利貞。

兌、亨。利貞。
兌は、亨る。貞しきに利ろし。
だは、とおる。ただしきによろし。

願いごとはすんなりと通る。動機が正しければ利益があろう。

彖曰、兌、説也。剛中而柔外。説以利貞。是以順乎天、而應乎人。説以先民、民忘其勞。説以犯難、民忘其死。説之大、民勸矣哉。
彖に曰く、兌は説也。剛中にして柔外なり。説んで以て貞しきに利ろし。是を以て天に順いて人に応ず。説んで以て民に先だつときは、民其の労を忘る。説んで以て難を犯すときは、民其の死を忘る。説の大なる、民勧むかな。
たんにいわく、だはえつなり。ごうちゅうにしてじゅうそとなり。よろこんでもってただしきによろし。ここをもっててんにしたがいてひとにおうず。よろこんでもってたみにさきだつときは、たみそのろうをわする。よろこんでもってなんをおかすときは、たみそのしをわする。えつのだいなる、たみすすむかな。

初九。和兌。吉。

初九。和兌。吉。
初九。和して兌ぶ。吉。
しょきゅう。わしてよろこぶ。きち。

和らぎの精神で人を喜ばす。結果は吉。

九二。孚兌。吉悔亡。

九二。孚兌。吉悔亡。
九二。孚ありて兌ぶ。吉にして悔亡ぶ。
きゅうじ。まことありてよろこぶ。きちにしてくいほろぶ。

真心が中に満ちて、人を喜ばせる。結果は吉。小人と隣り合わせているという悔も滅ぶであろう。

六三。來兌。凶。

六三。來兌。凶。
六三。来りて兌ぶ。凶。
りくさん。きたりてよろこぶ。きょう。

降りてきて人を喜ぶ、あるいは人を喜ばせる。非道なことをしても喜ばせる。結果は凶。

九四。商兌。未寧、介疾有喜。

九四。商兌。未寧、介疾有喜。
九四。商りて兌ぶ。未だ寧からざるも、疾を介てれば喜び有り。
きゅうし。はかりてよろこぶ。いまだやすからざるも、やまいをへだてればよろこびあり。

九四は五と三の間にあって、どちらの機嫌を取るべきか去就をはかって、いまだ心が定まらない。きりりとして悪を憎めば、結果は喜びがあるであろう。

九五。孚于剥。有厲。

九五。孚于剥。有厲。
九五。剥に孚あり。厲うきこと有り。
きゅうご。はくにまことあり。あやうきことあり。

君子を剥落せしむる小人を信ずれば、危ういことがあるであろう。

上六。引兌。

上六。引兌。
上六。引きて兌ぶ。
じょうりく。ひきてよろこぶ。

その道をさらに引き伸ばして相手を喜ばせようとする。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました