15.地山謙(ちざんけん) ䷎

易経
この記事は約3分で読めます。

地山謙(ちざんけん) 謙遜の徳

序卦伝

有大者不可以盈。故受之以謙。
大を有する者は以て盈つるべからず。故にこれを受くるに謙を以てす。
だいをゆうするものはもってみつるべからず。ゆえにこれをうくるにけんをもってす。

豊かな所有があれば、とかく満ち溢れがちであるが、そうなってはいけない。だから、豊かな所有を意味する大有の卦の後に、謙遜の謙の卦を持ってきた。

謙亨。君子有終。

謙亨。君子有終。
謙は、亨る。君子は終り有り。
けんは、とおる。くんしはおわりあり。

謙遜ならば、願いごとは通る。君子としての行いがあれば有終の美を遂げる。

彖曰、謙、亨。天道下済而光明。地道卑而上行。天道虧盈而益謙、地道變盈而流謙、鬼神害盈而福謙、人道惡盈而好謙。謙尊而光、卑而不可踰。君子之終也。
彖に曰く、謙は亨る。天道下済して光明なり。地道は卑くして上り行く。天道は、盈ちたるを虧きて謙に益す。地道は、盈ちたるを変じて謙に流く。鬼神は、盈ちたるを害して謙に福す。人道は、盈ちたるを悪みて謙を好む。謙は尊くして光り、卑くして踰ゆべからず。君子の終りなり。
たんにいわく、けんはとおる。てんどうかさいしてこうめいなり。ちどうひくくしてのぼりゆく。てんどうは、みちたるをかきてけんにます。ちどうは、みちたるをへんじてけんにしく。きどうは、みちたるをがいしてけんにさいわいす。じんどうは、みちたるをにくみてけんをこのむ。けんはとうとくしてひかり、ひくくしてこゆべからず。くんしのおわりなり。

初六。謙謙君子。用渉大川。吉。

初六。謙謙君子。用渉大川。吉。
初六。謙謙す。君子、用て大川を渉る。吉。
しょりく。けんけんす。くんし、もってたいせんをわたる。きち。

いかにも謙遜な君子である。この態度ならば、大きな川を渡るような冒険をしてもよろしい。吉である。

六二。鳴謙。貞吉。

六二。鳴謙。貞吉。
六二。鳴謙す。貞にして吉。
りくじ。めいけんす。ていにしてきち。

謙遜の美徳が声色にまで現れる。そのような態度は、正しくて吉だろう。

九三。労謙。君子有終、吉。

九三。労謙。君子有終、吉。
九三。労謙す。君子終り有りて吉。
きゅうさん。ろうけんす。くんしおわりありてきち。

功労がありながら謙遜な君子である。有終の美を遂げるであろう。結果は吉。

六四。无不利。撝謙。

六四。无不利。撝謙。
六四。利ろしからざる无し。謙を撝う。
りくし。よろしからざるなし。けんをふるう。

謙遜の徳を広く施しても何の不利もない。

六五。不富以其隣。利用侵伐。无不利。

六五。不富以其隣。利用侵伐。无不利。
六五。富めりとせずしてその隣と以にす。用て侵伐するに利ろし。利ろしからざる无し。
りくご。とめりとせずしてそのとなりとともにす。もってしんばつするによろし。よろしからざるなし。

富の力によらずとも、隣人が行動をともにしてくれる。悪人は征伐するがよろしい。万事に有利である。

上六。鳴謙。利用行師。征邑国。

上六。鳴謙。利用行師。征邑国。
上六。鳴謙す。もって師を行り邑国を征するに利ろし。
じょうりく。めいけんす。もってしをやりゆうこくをせいするによろし。

謙遜な人が志を遂げられない不平の気持ちが、声色にまで現れる。軍隊を出し、自分の言うことを聴かない自領を征伐するがよい。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました