易経 重要語句

易経
この記事は約2分で読めます。

剛・柔

「剛・柔」
かたいとやわらか。⚊と⚋で示す。

陰・陽

「陰・陽」
くらいとあかるい。剛・柔に同じ。陽=剛、陰=柔。

六爻の位置。
1番下の爻から「初・二・三・四・五・上」と数える。
上:隠退した人
五:君の位
四:近臣の位
三:それほど君に近くはないが高い位
二:位は高くないが、君と意気投合する可能性を含む
初:まだ世に出ない人

外卦(上卦)の真ん中の五の位と内卦(下卦)の真ん中の二の位

奇数位(陽位)、すなわち初、三、五には陽爻
偶数位(陰位)、すなわち二、四、上には陰爻

初と四、二と五、三と上の組み合わせが、陰と陽のとき

二つの爻の隣り合わせが陰と陽
初と二、二と三、三と四、四と五、五と上

承・乗

隣り合う二つの爻で、下にある爻から上にある爻を見る場合、下の爻は上の爻を承けるといい、上にある爻から下にある爻を見る場合、上の爻は下の爻に乗るという。

吉・咎无・凶・悔・吝

未来についてのよしあしの判断。
「吉」は良し。
「咎无」は咎(災難、罪過)なし。吉とはゆかぬがわるくない
「凶」は悪い。
「悔」は後悔することになる。
「吝」は羞ずべきこと。

聖人設卦觀象。繋辭焉而明吉凶。剛柔相推而生變化。是故吉凶者。失得之象也。悔吝者。憂虞之象也。變化者。進退之象也。剛柔者。晝夜之象也。六爻之動。三極之道也。

繋辞上伝 第二章

元亨利貞

元亨利貞、これを四徳と呼ぶ。

元とは、万物の始め。
亨とは、万物が成長すること。
利とは、万物がその成長を遂げること。
貞とは、万物の完成。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました