64.火水未済(かすいびせい) ䷿

易経
この記事は約3分で読めます。

火水未済(かすいびせい) 未完成

䷿

序卦伝

物不可窮也。故受之以未濟終焉。
物は窮まるべからざるなり。故にこれを受くるに未済を以てしてここに終わる。
ものはきわまるべからざるなり。ゆえにこれをうくるにびせいをもってしてここにおわる。

物事は完成の状態で行き止まっていることはできない。だから既済の卦の後を受けるのに未済の卦をもって、ここで『易経』の終わりとする。

未濟、亨。小狐汔濟、濡其尾。无攸利。

未濟、亨。小狐汔濟、濡其尾。无攸利。
未済は、亨る。小狐汔んど済らんとして、其の尾を濡らす。利ろしき攸无し。
びせいは、とおる。しょうこほとんどわたらんとして、そのおをぬらす。よろしきところなし。

願いごとは通るであろう。仔狐が勇敢に川を渡ろうとして、その尻尾を濡らす。利する所がない。

彖曰、未濟亨、柔得中也。小狐汔濟、未出中也。濡其尾、无攸利、不續終也。雖位不當、剛柔應也。
彖に曰く、未済は亨る。柔、中を得ればなり。小狐。汔んど汔んど済らんとすとは、未だ中を出でざるなり。其の尾を濡らす、利しき攸无し。続いて終えざるなり。位に当らずと雖も、剛柔応ずるなり。
たんにいわく、びせいはとおる。じゅう、ちゅうをうればなり。しょうこほとんどわたらんとすとは、いまだちゅうをいでざるなり。そのおをぬらす、よろしきところなし。つづいておえざるなり。くらいにあたらずといえども、ごうじゅうおうずるなり。

初六。濡其尾。吝。

初六。濡其尾。吝。
初六。其の尾を濡らす。吝。
しょりく。そのおをぬらす。りん。

狐の尻尾が濡れた。恥ずべし。

九二。曳其輪。貞吉。

九二。曳其輪。貞吉。
九二。其の輪を曳く。貞しくして吉。
きゅうじ。そのりんをひく。ただしくしてきち。

車輪を逆の方向に引き戻す。つまり前進させない。そうすることが正しくて吉である。

六三。未濟。征凶。利渉大川。

六三。未濟。征凶。利渉大川。
六三。未だ済らず。征くは凶。大川を渉るに利ろし。
りくさん。いまだならず。ゆくはきょう。たいせんをわたるによろし。

まだ危険を渡りきれない時である。そのまま一人で前進すれば凶である。援助を得られれば大川を渡ることもできるであろう。

九四。貞吉悔亡。震用伐鬼方。三年有賞于大國。

九四。貞吉悔亡。震用伐鬼方。三年有賞于大國。
九四。貞しくて吉。悔亡ぶ。震きて用て鬼方を伐つ。三年にして大国に賞せらるること有り。
きゅうし。ただしくてきち。くいほろぶ。うごきてもってきほうをうつ。さんねんにしてたいこくにしょうせらるることあり。

正しい道を固く守れば吉。あるべき後悔もなくなるであろう。奮い立って夷の国を伐つ。三年で打ち勝って、大国つまり天子から褒美を受けるであろう。

六五。貞吉无悔。君子之光。有孚吉。

六五。貞吉无悔。君子之光。有孚吉。
六五。貞しくて吉。悔无し。君子の光あり。孚有りて吉。
りくご。ただしくてきち。くいなし。くんしのひかりあり。まことありてきち。

志が正しくて吉。もとより何の悔もない。君子らしい徳の輝きがあり、それにふさわしい功績が伴う。結果は吉。

上九。有孚于飲酒。无咎。濡其首。有孚失是。

上九。有孚于飲酒。无咎。濡其首。有孚失是。
上九。飲酒に孚有り。咎无し。其の首を濡らす時は、孚有れども是を失う。
じょうきゅう。いんしゅにまことあり。とがなし。そのこうべをぬらすときは、まことあれどもぜをうしなう。

酒を飲みつつ天命を信じ、順う。咎はない。しかし酒を飲むことの度を過ぎて頭までずぶ濡れになれば、自信過剰で、あるべき姿を失した者である。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました