28.沢風大過(たくふうたいか) ䷛

易経
この記事は約3分で読めます。

沢風大過(たくふうたいか) 大きな過度

序卦伝

不養則不可動。故受之以大過。
養わざれば動くべからず。故にこれを受くるに大過を以てす。
やしなわざればうごくべからず。ゆえにこれをうくるにたいかをもってす。

物は養われて初めて動き出せる。だから、養うという卦の後に大過の卦を持ってきた。

大過、棟撓。利有攸往。亨。

大過、棟撓。利有攸往。亨。
大過は、棟撓む。往く攸有るに利ろし。亨る。
たいかは、むなぎたわむ。ゆくところあるによろし。とおる。

棟木がたわんで、家が傾く。前進してよろしい。願いごとは通るであろう。

彖曰、大過、大者過也。棟橈、本末弱也。剛過而中、巽而説行。利有攸往。乃亨。大過之時大矣哉。
彖に曰く、大過は大なる者の過ぐるなり。「棟橈む」は、本末弱きなり。剛過ぎて中なり。巽にして説びて行く。往く攸有るに利し。乃ち亨る。大過の時、大なるかな。
たんにいわく、たいかはだいなるもののすぐるなり。「むなぎたわむ」は、ほんまつよわきなり。ごうすぎてちゅうなり。そんにしてよろこびてゆく。ゆくところあるによろし。すなわちとおる。たいかのとき、だいなるかな。

初六。藉用白茅。无咎。

初六。藉用白茅。无咎。
初六。藉くに白茅を用う。咎无し。
しょりく。しくにはくぼうをもちう。とがなし。

器の下に白いチガヤを敷く。咎はない。

九二。枯楊生稊、老夫得其女妻。无不利。

九二。枯楊生稊、老夫得其女妻。无不利。
九二。枯楊稊を生じ、老夫其の女妻を得たり。利ろしからざる无し。
きゅうじ。こようひこばえをしょうじ、ろうふそのわかきつまをえたり。よろしからざるなし。

枯れたと見えたネコヤナギの根っこに、ヒコバエが生えて来た。年老いた男が若い女を妻とした。何の不利もない。

九三。棟橈。凶。

九三。棟橈。凶。
九三。棟橈む。凶。
きゅうさん。むなぎたわむ。きょう。

屋根を支える棟木が、真ん中が重すぎて下にたわんでいる。結果は凶。

九四。棟隆。吉。有它吝。

九四。棟隆。吉。有它吝。
九四。棟隆し。吉。它あれば吝。
きゅうし。むなぎたかし。きち。たあればりん。

棟木が高々とそびえて、揺らぐことがない。結果は吉。しかし、二心があれば恥ずべき結果となる。

九五。枯楊生華、老婦得其士夫。无咎无誉。

九五。枯楊生華、老婦得其士夫。无咎无誉。
九五。枯楊華を生じ、老婦其の士夫得たり。咎もなく誉れも无し。
きゅうご。こようはなをしょうじ、ろうふそのしふをえたり。とがもなくほまれもなし。

枯れヤナギが美しい花をつけた。言わば、年老いた後家が若い夫を得た形である。咎められもしないけれども、誉められもしない。

上六。過渉滅頂。凶无咎。

上六。過渉滅頂。凶无咎。
上六。過ぎて渉り頂きを滅す。凶なれども咎无し。
じょうりく。すぎてわたりいただきをめっす。きょうなれどもとがなし。

身の程をわきまえず、大川を徒歩で渡る。頭の上まで水に沈む。結果は凶。自分が招いた災いであるから、だれを咎めることもできない。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました