ネッカーの立方体

学びの葉
この記事は約1分で読めます。

ネッカーの立方体は、スイスのルイス・アルバート・ネッカーにより1832年に考案された、錯視の立方体です。

ネッカーの立方体では、立方体を構成する2つの辺が見た目の上で交わるとき、その方向に関する視覚的な手がかりがないため、左下または右上の正方形が前面にあると解釈できます。

タイトルとURLをコピーしました