10.天沢履(てんたくり) ䷉

易経
この記事は約6分で読めます。

天沢履(てんたくり) 足でふむ、履み行なう

序卦伝

物畜然後有禮。故受之以履。
物畜えられて然る後礼あり。故にこれを受くるに履を以てす。
ものたくわえられてしかるのちれいあり。ゆえにこれをうくるにりをもってす。

物が集まれば、そこに礼がなければならない。だから、集まるという意味のある小畜の後に履が続く。

履虎尾。不咥人。亨。

履虎尾。不咥人。亨。
虎の尾を履むも人を咥まず。亨る。
とらのおをふむもひとをかまず。とおる。

虎の尾を踏むような危険な目を見なければならない。しかし、その虎は踏んだ人を噛まないであろう。願いごとは通る。

彖曰、履、柔履剛也。説而應乎乾。是以履虎尾不咥人、亨。剛中正、履帝位而不疚。光明也。
彖に曰く、履は、柔剛に履まるるなり。説びて乾に応ず。是を以て、虎の尾を履むも、人を咥わず、亨る。剛中正にして、帝位を履んで疚しからず。光明なり。
たんにいわく、りは、じゅうごうにふまるるなり。よろこびてけんにおうず。ここをもって、とらのおをふむも、ひとをくらわず、とおる。ごうちゅうせいにして、ていいをふんでやましからず。こうめいなり。

彖伝によると、履という卦は、兌という柔らかいものが、乾という強い卦に踏まれている形である。しかも、兌には喜ぶという意味があり、喜んで上の乾に応じている。そういうへりくだった態度あるから、虎の尾を踏むような危険を冒しながら、噛まれることはなく、願いごとはとおる。この卦の主体は九五であり、君主の位。九五が剛であり、上半分の真ん中に位置し、陽爻で陽位にいる。つまり、この君主は中庸と正義を得ている。皇帝の位を踏みながら、内心その位に対して恥じることがない。その徳が光り輝いているからである。

象伝

象曰、上天下澤履。君子以辯上下、定民志。
象に曰く、上に天あり下に沢あるは履なり。君子以て上下を弁ち、民の志を定む。
しょうにいわく、かみにてんありしもにたくあるはりなり。くんしもってじょうげをわかち、たみのこころざしをさだむ。

履の卦は、上に天があり、下に沢がある。これは天下の正理である。人の履み行うこともこのようであるべきで、この卦の形に履と名付けた。君子はこの卦の形を見て、上下の分際をはっきりと分けて、それでもって民の心を安定させる。

天沢履

初九。素履。往无咎。

初九。素履。往无咎。
初九。素履す。往くも咎无し。
しょきゅう。そりす。ゆくもとがなし。

一番低い位に基づいて足を踏み出す。そのようにして行けば、咎はない。

象伝

象曰、素履之往、獨行願也。
象に曰く、素履の往くは、独り願いを行うなり。
しょうにいわく、そりのゆくは、ひとりねがいをおこなうなり。

初九は陽爻でありながら、最下位におる。もともとの地位を安んじて踏んでいる人が前進した場合、天下のために何かしようという願いを行おうとするのである。

九二。履道坦坦。幽人貞吉。

九二。履道坦坦。幽人貞吉。
九二。道を履むこと坦坦たり。幽人は貞にして吉。
きゅうじ。みちをふむことたんたんたり。ゆうじんはていにしてきち。

平らかな大道を踏む。その人の気持ちが世捨て人のように無欲であれば、その態度は正しくて吉である。

象伝

象曰、幽人貞吉、中不自亂也。
象に曰く、幽人は貞にして吉とは、中みずから乱れざればなり。
しょうにいわく、ゆうじんはていにしてきちとは、うちみずからみだれざればなり。

九二は剛であり、「中」を得て、上に「応」がない。人にあてれば、剛毅で中庸の道を履み、野にあって、君主に背を向けているようなもの。「無欲な人ならば、正しくて吉」とあるのは、心の中が安静であって、自分の心を乱さないということである。

六三。眇能視。跛能履。履虎尾。咥人。凶。武人爲于大君。

六三。眇能視。跛能履。履虎尾。咥人。凶。武人爲于大君。
六三。眇能く視、跛能く履む。虎の尾を履む、人を咥う。凶。武人、大君となる。
りくさん。すがめよくみ、あしなえよくふむ。とらのおをふむ。ひとをくらう。きょう。ぶじん、たいくんとなる。

すが目——片方の目が細い——であっても何とか見ようとする。片一方の足が萎えていても何とか歩こうとする。そんな足取りで虎の尾をうっかり踏み付けた。虎はその人に食い付くであろう。結果は凶。この爻が出たら、暴力だけの人が君主になるという下剋上が起こるであろう。

象伝

象曰、眇能視、不足以有明也。跛能履、不足以與行也。咥人之凶、位不當也。武人爲于大君、志剛也。
象に曰く、眇能く視るとは、以て明あるに足らざるなり。跛能く履むとは、以てともに行くに足らざるなり。人を咥うの凶は、位当たらざればなり。武人大君となるとは、志剛なればなり。
しょうにいわく、すがめよくみるとは、もってめいあるにたらざるなり。

六三は「不中」「不正」、その体は柔弱(陰爻)であるが、気だけ剛い(陽位)。このような身でもって、上の最も剛健な乾を踏もうとする。逆に障害させられること必然である。「眇能く視る」というのは、片目で見ても、はっきりとはしないということである。「跛能く履む」というのは、人とともに前進することはできないということである。六三が虎に食われて凶であるのは、陰爻が陽位にいる、力の足りないものが積極的な地位にいることによる。「暴力だけの人が君主になる」というのは、鼻息ばかり荒いからである。

九四。履虎尾。愬愬終吉。

九四。履虎尾。愬愬終吉。
九四。虎の尾を履む。愬愬たればついには吉。
きゅうし。とらのおをふむ。さくさくたればついにはきち。

虎の尾を踏むような危険があるであろう。しかし、恐れ慎んでいれば、最後には吉。

象伝

象曰、愬愬終吉、志行也。
象に曰く、愬愬たればついには吉とは、志行わるるなり。
しょうにいわく、さくさくたれば、ついにはきちとは、こころざしおこなわるるなり。

九四は、剛を以て柔におる。つまり強い力をもちながら従順な態度を持っている。だから、「恐れ慎んでいれば、最後には吉」とあるのは、噛まれぬようにおそれているうちに、自分の志がよく行われ、ついには吉を得るであろう。

九五。夬履。貞厲。

九五。夬履。貞厲。
九五。夬めて履む。貞なれど厲し。
きゅうご。さだめてふむ。ていなれどあやうし。

断固として踏む。その意図は正しいけれども、多少の危険は伴うであろう。

象伝

象曰、夬履、貞厲、位正當也。
象に曰く、夬めて履む、貞なれど厲しとは位正しく当たればなり。
しょうにいわく、さだめてふむ、ていなれどあやうしとは、くらいまさにあたればなり。

九五は剛爻、「中正」、帝位を履むにふさわしい人であり、下のものも悦んでこれに応じる。下卦は兌、悦ぶの意味がある。断固として履み切る(夬履)という象がある。夬履の危険さは、この人がその才あって尊位に当たっているそのことにある。才を恃むことが過信になりかねないからである。

上九。視履考祥。其旋元吉。

上九。視履考祥。其旋元吉。
上九。履むを視て祥を考う。其れ旋るときは元いに吉。
じょうきゅう。ふむをみてしょうをかんがう。それめぐるときはおおいにきち。

その人の普段の踏み行いを見て、将来の吉凶を考えよ。礼儀正しく立ち回るならば、大いに吉であろう。

象伝

象曰、元吉在上、大有慶也。
象に曰く、元吉上に在り、大いに慶びあるなり。
しょうにいわく、げんきちかみにあり、おおいによろこびあるなり。

終わりまでふるまいよくて元吉の占断をえられるようなら、大いに福がある。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました