7.地水師 ䷆

易経
この記事は約2分で読めます。

地水師(ちすいし) 軍隊、戦争

師貞。丈人。吉无咎。
師は貞なり。丈人なれば吉にして咎无し。
しはていなり。じょうじんなればきちにしてとがなし。

軍隊というものは正しくなければいけない。指揮官がしっかりした人間であれば、結果は吉であって咎はない。

初六。師出以律。否臧凶。

初六。師出以律。否臧凶。
初六。師は出づるに律を以てす。否からざれば臧きも凶。
しょりく。しはいづるにりつをもってす。しからざればよきもきょう。

軍隊が出動する場合には、きちんとした軍律・号令に従わなければならない。そうでなければ、結果的に勝てても、凶である。

九二。在師中。吉无咎。王三錫命。

九二。在師中。吉无咎。王三錫命。
九二。師に在りて中す。吉にして咎无し。王三たび命を錫う。
きゅうじ。しにありてちゅうす。きちにしてとがなし。おうみたびめいをたまう。

戦の中庸を得た地位にある。そうであれば、結果は吉であって咎はない。王様から三回爵位を賜るであろう。

六三。師或輿尸。凶。

六三。師或輿尸。凶。
六三。師或いは尸を輿す。凶。
りくさん。しあるいはかばねをのす。きょう。

軍隊において、命令を出す人数が多い。結果は凶。

六四。師左次。无咎。

六四。師左次。无咎。
六四。師、左き次る。咎无し。
りくし。し、しりぞきやどる。とがなし。

軍隊が退き止まる。結果は咎がない。

六五。田有禽、利執言。无咎。長子師師。弟子輿尸。貞凶。

六五。田有禽、利執言。无咎。長子師師。弟子輿尸。貞凶。
六五。田に禽有り。言を執るに利ろし。咎无し。長子師を師ゆ。弟子なれば尸を輿す。貞なるとも凶。
りくご。たにきんあり。げんをとるによろし。とがなし。ちょうししをひきゆべし。ていしなればかばねをのす。ていなるともきょう。

田んぼを荒らす鳥や獣がいる。その時には相手の罪を鳴らして捕らえるのがよろしい。その結果、咎はない。長男が軍隊を率いるのが正しい。複数の弟たちがとやかく口出しをする場合、その意図は正しくても、結果は凶。

上六。大君有命。開国承家。小人勿用。

上六。大君有命。開国承家。小人勿用。
上六。大君命あり。国を開き家を承けしむ。小人は用うる勿れ。
じょうりく。たいくんめいあり。くにをひらきいえをうけしむ。しょうじんはもちうるなかれ。

偉大なる君が爵命を賜る。新たに国を開き、家を世襲する。小人は用いてはいけない。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました