7.地水師(ちすいし) ䷆

易経
この記事は約6分で読めます。

地水師(ちすいし) 軍隊、戦争

序卦伝

訟必有衆起。故受之以師。師者衆也。
訟えには必ず衆の起るあり。故にこれを受くるに師を以てす。師とは衆なり。
うったえにはかならずしゅうのおこるあり。ゆえにこれをうくるにしをもってす。しとはしゅうなり。

争いごとにには必ず軍勢が立ち上がることが伴う。だから、争いを意味する訟の卦の後に、軍隊を意味する師の卦を持ってくる。師とは人が大勢集まった軍隊という意味である。

師貞。丈人。吉无咎。

師貞。丈人。吉无咎。
師は貞なり。丈人なれば吉にして咎无し。
しはていなり。じょうじんなればきちにしてとがなし。

軍隊というものは正しくなければいけない。指揮官がしっかりした人間であれば、結果は吉であって咎はない。

彖曰、師衆也。貞正也。能以衆正、可以王矣。剛中而應、行險而順。以此毒天下、而民從之。吉又何咎矣。
彖に曰く、師は衆なり。貞は正なり。能く衆を以て正しければ、以て王たる可し。剛、中にして応ず。険を行きて順。此を以て天下を毒して民之に従う。吉、又何の咎あらん。
たんにいわく、しはしゅうなり。ていはせいなり。よくしゅうをもってただしければ、おうたるべし。ごう、ちゅうにしておうず。けんをゆきてじゅん。これをもっててんかをどくしてたみこれにしたがう。きち、またなんのとがあらん。

彖伝によると、「師」という時は、大衆・人数という意味である。「貞」は正しいという意味である。大衆を率いて正しい方向に向かわせるならば、天下の王にもなれるであろう。下から二番目の爻だけが陽であって剛で、ほかは皆陰で、柔らかい。しかも、下半分の真ん中にあり、六五と応じている。この卦の下半分の坎は危険という意味で、そういう危険な道を行きながら、上半分の坤の卦は、従順である。戦は天下に害毒を流すもでのであるが、正義の戦であるから、民がこれに従う。そうであるならば、吉であって、何の咎もない。

象伝

象曰、地中有水師。君子以容民畜衆。
象に曰く、地中水あるは師なり。君子以て民を容れ衆を畜う。
しょうにいわく、ちちゅうみずあるはしなり。くんしもってたみをいれしゅうをたくわう。

この師の卦は、上半分が大地、下半分が水である。つまり、地下に水が流れている形が、この師の卦である。君子は、この卦に倣って、民を受け入れ、兵力を蓄える。

地水師

初六。師出以律。否臧凶。

初六。師出以律。否臧凶。
初六。師は出づるに律を以てす。否からざれば臧きも凶。
しょりく。しはいづるにりつをもってす。しからざればよきもきょう。

軍隊が出動する場合には、きちんとした軍律・号令に従わなければならない。そうでなければ、結果的に勝てても、凶である。

象伝

象曰、師出以律、失律凶也。
象に曰く、師は出づるに律を以てす、律を失えば凶なり。
しょうにいわく、しはいづるにりつをもってす。りつをうしなえばきょうなり。

軍隊の出陣のときに、厳しい軍律で統制してゆけば吉。規律がよくなれければ凶。

九二。在師中。吉无咎。王三錫命。

九二。在師中。吉无咎。王三錫命。
九二。師に在りて中す。吉にして咎无し。王三たび命を錫う。
きゅうじ。しにありてちゅうす。きちにしてとがなし。おうみたびめいをたまう。

戦の中庸を得た地位にある。そうであれば、結果は吉であって咎はない。王様から三回爵位を賜るであろう。

象伝

象曰、在師中、吉、承天寵也。王三錫命、懷萬邦也。
象に曰く、師に在りて中す、吉なりとは、天寵を承くるなり。王三たび命を錫うとは、万邦を懐くるなり。
しょうにいわく、しにありてちゅうす、きちなりとは、てんちょうをうくるなり。おうみたびめいをたまうは、ばんぽうをなつくるなり。

九二はこの卦で唯一の剛爻。下にあって多くの陰に信頼される。内卦の「中」なる徳をもって軍中におる。それで吉。上の六五に「応」じて、大事を任されている。王が三度も褒美をくださるのは、この将軍の力によって万国をてなづけようという望みからである。

六三。師或輿尸。凶。

六三。師或輿尸。凶。
六三。師或いは尸を輿す。凶。
りくさん。しあるいはかばねをのす。きょう。

軍隊において、命令を出す人数が多い。結果は凶。

象伝

象曰、師或輿尸、大无功也。
象に曰く、師あるいは尸を輿すとは、大いに功なきなり。
しょうにいわく、しあるいはかばねをのすとは、おおいにこうなきなり。

六三が陰爻が陽の位にいる。つまり才能もないくせに、気だけが剛い。「中」を外れ、「不正」であって、自分の分際以上の地位についている。指揮官は戦死し、その屍を載せて帰るようなこととなる。指揮系統が複数になり、結果は不成功に終わる。

六四。師左次。无咎。

六四。師左次。无咎。
六四。師、左き次る。咎なし。
りくし。し、しりぞきやどる。とがなし。

軍隊が退き止まる。結果は咎がない。

象伝

象曰、左次、无咎、未失常也。
象に曰く、左き次る、咎なしとは、いまだ常を失わざればなり。
しょうにいわく、しりぞきやどる、とがなしとは、いまだつねをうしなわざればなり。

六四は陰柔で「不中」である。戦いに勝ちそうではない。ただ陰爻であって陰位におる。ということは、自分の能力を知って安全な場所に止まっていること。兵法の常道にしたがっていれば、咎はない。

六五。田有禽、利執言。无咎。長子師師。弟子輿尸。貞凶。

六五。田有禽、利執言。无咎。長子師師。弟子輿尸。貞凶。
六五。田に禽有り。言を執るに利ろし。咎无し。長子師を師ゆ。弟子なれば尸を輿す。貞なるとも凶。
りくご。たにきんあり。げんをとるによろし。とがなし。ちょうししをひきゆべし。ていしなればかばねをのす。ていなるともきょう。

田んぼを荒らす鳥や獣がいる。その時には相手の罪を鳴らして捕らえるのがよろしい。その結果、咎はない。長男が軍隊を率いるのが正しい。複数の弟たちがとやかく口出しをする場合、その意図は正しくても、結果は凶。

象伝

象曰、長子帥師、以中行也。弟子輿尸、使不當也。
象に曰く、長子帥を師ゆ、中行を以てなり。弟子なれば尸を輿す、使うこと当たらざるなり。
しょうにいわく、ちょうししをひきゆ、ちゅうこうをもってなり。ていしなればかばねをのす、つかうことあたらざるなり。

長子は大人物、九二。弟子は小人、六三と六四。九二という有能の将軍に命じておきながら、六三や六四のような小人物をして作戦に参与させたのでは戦争に負ける。長男が軍隊を統率しているのに、弟たちが戦死者の屍を車に載せて帰る、というのはその象徴である。小人を参与させてはならない。

上六。大君有命。開国承家。小人勿用。

上六。大君有命。開国承家。小人勿用。
上六。大君命あり。国を開き家を承けしむ。小人は用うる勿れ。
じょうりく。たいくんめいあり。くにをひらきいえをうけしむ。しょうじんはもちうるなかれ。

偉大なる君が爵命を賜る。新たに国を開き、家を世襲する。小人は用いてはいけない。

象伝

象曰、大君有命、以正功也。小人勿用、必亂邦也。
象に曰く、大君命あり、以て功を正しくするなり。小人は用うるなかれとは、必ず邦を乱せばなり。
しょうにいわく、たいくんめいあり、もってこうをただしくするなり。しょうじんはもちうるなかれとは、かならずくにをみだせばなり。

上六は師の終極。論功行賞の時。戦功のあった者には、大君が爵命を与える。小人は功績があっても、重用してはならない。必ず国を乱すからである。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました