12.天地否 ䷋

易経
この記事は約2分で読めます。

天地否(てんちひ) ふさがる、暗黒時代

否之匪人。不利君子貞。大往小来。
之を否ぐは人に匪ず。君子の貞に利ろしからず。大往き小来る。
これをふさぐはひとにあらず。くんしのていによろしからず。だいゆきしょうきたる。

否は人道に背いている。君子の正しい道に対して利益がない。陽が外に逃れ、陰が内にやって来た形である。

初六。抜茅茹。以其彙。貞吉亨。

初六。抜茅茹。以其彙。貞吉亨。
初六。茅を抜くに茹たり。其の彙と以にす。貞なれば吉にして亨る。
しょりく。ちがやをぬくにじょたり。そのたぐいとともにす。ていなればきちにしてとおる。

ちがやを引き抜くと、根でつながって、仲間も一緒に抜ける。自分の同期が正しければ、結果は吉であって、願いごとは通るであろう。

六二。包承。小人吉。大人否亨。

六二。包承。小人吉。大人否亨。
六二。包承す。小人は吉。大人は否げば亨る。
りくじ。ほうしょうす。しょうじんはきち。たいじんはふさげばとおる。

かねがね心に包んでいることは、ひたすら上の人の言うことに従おうということだけである。これは、小人としては吉である。大人物にとっては身のふさがりであるが、自分の道だけは通る。

六三。包羞。

六三。包羞。
六三。羞を包む。
りくさん。はじをつつむ。

心に包み蓄えるものは、恥ばかりである。

九四。有命无咎。疇離祉。

九四。有命无咎。疇離祉。
九四。命有れば咎无し。疇、祉に離く。
きゅうし。めいあればとがなし。たぐい、さいわいにつく。

君主から命じられてするならば、咎はない。同類と一緒に幸いを受けるであろう。

九五。休否。大人吉。其亡基亡。繋于苞桑。

九五。休否。大人吉。其亡基亡。繋于苞桑。
九五。否を休む。大人は吉なり。其れ亡びん其れ亡びんとす。苞桑に繋る。
きゅうご。ひをやすむ。たいじんはきちなり。それほろびんそれほろびんとす。ほうそうにかかる。

天下のふさがりをやめさせることができる。大人物のめでたい時である。今に滅びるぞ、今に滅びるぞと言いながら、頑丈な桑の根につなぎ止めるようにして、油断なく国家を保つべきである。

上九。傾否。先否後喜。

上九。傾否。先否後喜。
上九。否を傾く。先には否がり後には喜ぶ。
じょうきゅう。ひをかたむく。さきにはふさがりのちにはよろこぶ。

ふさがりを傾けて、通じる状態に戻る。先にはふさがっていたが、最後には喜びがあるであろう。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました