52.艮為山(ごんいさん) ䷳

易経
この記事は約3分で読めます。

艮為山(ごんいさん) 止まる

序卦伝

物不可以終動。止之。故受之以艮。艮者止也。
物は以て終に動くべからず、これを止む。故にこれを受くるに艮を以てす。艮とは止まるなり。
ものはもってついにうごくべからず、これをとどむ。ゆえにこれをうくるにごんをもってす。ごんとはとまるなり。

物は最後まで動き続けることはできない。必ずこれを止めるものがある。ゆえに震の卦の後を受けるのに、艮の卦をもってする。

艮其背不獲其身。行其庭、不見其人无咎。

艮其背不獲其身。行其庭、不見其人无咎。
其の背に艮まりてその身を獲ず。其の庭に行きて其の人を見ず。咎无し。
そのせにとどまりてそのみをえず。そのにわにゆきてそのひとをみず。とがなし。

自分の心が、自分の目には見えない背中に止まって、我が体を見ない。他人の庭に行って、そこの人が見えない。咎はない。

彖曰、艮、止也。時止則止、時行則行、動静不失其時。其道光明。艮其止、止其所也。上下敵應、不相與也。是以不獲其身、行其庭不見其人。无咎也。
彖に曰く、艮は止まるなり。時止まれば則ち止まり、時行けば則ち行く。動静、其の時を失わざれば、其の道光明なり。其の止むるに艮まる。其の所に止まるなり。上下敵応して、相与せざるなり。是を以て其の身を獲ず。其の庭に行き其の人を見ず。咎无し。
たんにいわく、ごんはとどまるなり。ときとどまればとどまり、ときゆけばすなわちゆく。どうせいそのときをうしなわざれば、そのみちこうみょうなり。そのとどむるにとどまる。そのところにとどまるなり。じょうげてきおうして、あいくみせざるなり。ここをもってそのみをえず。そのにわにゆきそのひとをみず。とがなし。

初六。艮其趾。无咎。利永貞。

初六。艮其趾。无咎。利永貞。
初六。其の趾に艮まる。咎无し。永貞に利ろし。
しょりく。そのあしにとどまる。とがなし。えいていによろし。

足先が動くか動かぬかの段階で踏み止まる。かくてこそ咎はない。永く正道を守るがよろしい。

六二。艮其腓。不拯其隨。其心不快。

六二。艮其腓。不拯其隨。其心不快。
六二。其の腓に艮まる。拯わずして其れ随う。其の心快からず。
りくじ。そのこむらにとどまる。すくわずしてそれしたがう。そのこころこころよからず。

少し上へ上がってふくらはぎの段階で止まる。自分の上の者の失敗を救い得ず、ただ随うだけ。だから自分の心も不愉快である。

九三。艮其限。列其夤。厲薫心。

九三。艮其限。列其夤。厲薫心。
九三。其の限に艮まる。其の夤を列く。厲うくして心を薫す。
きゅうさん。そのこしにとどまる。そのいんをさく。あやうくしてこころをくんす。

腰のところで止まる。にっちもさっちもいかないで、背中の肉が裂けてしまった感じがある。不安の極み。心臓が火で燻べられた思いがする。

六四。艮其身。无咎。

六四。艮其身。无咎。
六四。其の身に艮まる。咎无し。
りくし。そのみにとどまる。とがなし。

自分の胴体のところに止まる。というのは、我が身をよくするまでである。咎はない。

六五。艮其輔。言有序。悔亡。

六五。艮其輔。言有序。悔亡。
六五。其の輔に艮まる。言うこと序有り。悔亡ぶ。
りくご。そのほほぼねにとどまる。いうことじょあり。くいほろぶ。

顎の関節のところで踏み止まる。だから言葉に秩序があり、妄弁はしない。とかくありがちな悔というものもなくなる。

上九。敦艮、吉。

上九。敦艮、吉。
上九。艮まるに敦し。吉。
じょうきゅう。とどまるにあつし。きち。

止まることの最も篤実なものである。この爻をえれば結果は吉。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました