13.天火同人(てんかどうじん) ䷌

易経
この記事は約6分で読めます。

天火同人(てんかどうじん) 人を集める、人との同調

序卦伝

物不可以終否。故受之以同人。
物は以て否に終わるべからず。故にこれを受くるに同人を以てす。
ものはもってひにおわるべからず。ゆえにこれをうくるにどうじんをもってす。

物事は最後までふさがったままではいられない。故に否の卦の後に同人が来る。

同人于野。亨。利渉大川。利君子貞。

同人于野。亨。利渉大川。利君子貞。
人に同じくするに野に于てす。亨る。大川を渉るに利ろし。君子の貞に利ろし。
ひとにおなじくするにやにおいてす。とおる。たいせんをわたるによろし。くんしのていによろし。

広い野原において人を集める。願いごとは通るであろう。大川をざぶざぶと渡ってもよろしい——冒険をしてもよろしい——。君子の正しい道を守るならば、利があるであろう。

彖曰、同人、柔得位、得中、而應乎乾、曰同人。同人曰、同人于野、亨。利渉大川、乾行也。文明以健、中正而應、君子正也。唯君子爲能通天下之志。
彖に曰く、同人は、柔、位を得、中を得て乾に応ずるを、同人と曰う。同人に曰く、「人に同じくするに野に于てす。亨る。大川を渉るに利ろし」とは、乾の行いなり。文明以て健なり、中正にして応ず。君子の正なり。唯だ君子のみ能く天下の志を通ずと為す。
たんにいわく、どうじんはじゅう、くらいをえ、ちゅうをえてけんにおうずるをどうじんという。どうじんにいわく、「ひとにおなじくするにやにおいてす。とおる。たいせんをわたるによろし」とは、けんのおこないなり。ぶんめいもってけんなり。ちゅうせいにしておうず。くんしのせいなり。ただくんしのみよくてんかのこころざしをつうずとなす。

彖伝によると、同人という卦は、六二が柔で正しい位を得、中庸を得て、上の乾に応じている。この形を同人という。「広い野原において人を集める。願いごとは通るであろう。大川をざぶざぶと渡ってもよろしい」というのは、上の乾の行いである。

象伝

象曰、天與火、同人。君子以類族辯物。
象に曰く、天と火とは同人なり。君子以て類族もて物を弁ず。
しょうにいわく、てんとひとはどうじんなり。くんしもってるいぞくもてものをべんず。

上が天で下が火である。天はもともと上にあり、火は上に炎があがる。その点で、火と天とは属性が同じである。これを同人と呼ぶ。君子はこの卦の形にのっとって、同類を一つのグループに集めることで、物を区別する。

天火同人

初九。同人于門。无咎。

初九。同人于門。无咎。
初九。人に同じくするに門に于てす。咎无し。
しょきゅう。ひとにおなじくするにもんにおいてす。とがなし。

門の外で人を集める。そうすれば、咎はない。

象伝

象曰、出門同人、又誰咎。
象に曰く、門を出でて人に同じうす、また誰か咎めん。
しょうにいわく、もんをいでてひとにおなじうす、まただれかとがめん。

同人の最初のこの爻は陽爻、剛毅な性格で下位におる。上にもつながる相手がいない。私的な関係の親分をもたないことである。門外にでて同人(交際)する、広く交際すれば咎はない。

六二。同人于宗。吝。

六二。同人于宗。吝。
六二。人に同じくするに宗に于てす。吝。
りくじ。ひとにおなじうくるにそうにおいてす。りん。

自分の一族の中で人と親しむ。恥ずべきことである。

象伝

象曰、同人于宗、吝道也。
象に曰く、人に同じうするに宗においてす、吝の道なり。
しょうにいわく、ひとにおなじうするにそうにおいてす、りんのみちなり。

普通、「中正」を得た上下の両爻が相応ずる場合は、良い意味をもつが、この卦は、天火大同の理想を解くものであるから、「応」があることは、私的な繋がりを示すので、よくない。六二は中正な性格であるが、九五の「応」があるばかりに、これとの私的な親密さに惹かれて、大同的な人と人との和ができない。そこで宗族内でだけ交際することは、恥をかくことがあろう。

九三。伏戎于莽。升其高陵。三歳不興。

九三。伏戎于莽。升其高陵。三歳不興。
九三。戎を莽に伏せ、其の高陵に升る。三歳まで興らず。
きゅうさん。つわものをくさむらにふせ、そのこうりょうにのぼる。さんさいまでおこらず。

草むらの中に伏兵を隠しておいて、高い丘に登って敵の様子を観察する。三年経っても、旗揚げすることはできないであろう。

象伝

象曰、伏戎于莽、敵剛也。三歳不興、安行也。
象に曰く、戎を莽に伏するは、敵剛なればなり。三歳まで興らず、いずくんぞ行かん。
しょうにいわく、つわものをもうにふするは、てきごうなればなり。さんさいまでおこさず、いずくんぞゆかん。

九三は気が剛く、中庸を得ていない。乱暴な性格である。上に応ずるものがないので、すぐ下の陰爻の六二と同人(交際)したいと願う。しかし六二は九五と堅く結ばれており、六二を奪おうとすれば九五に攻められることは必定であり、しかも敵は強い。正面からでは勝てそうにない。そこでくさむらの中に伏兵をおき、高い丘に登って形勢を観望する。こうして三年になっても、なお兵を起こすことができない。おそらく最後まで進発できずに終わるであろう。

九四。乘其墉。弗克攻。吉。

九四。乘其墉。弗克攻。吉。
九四。其の墉に乗るも、攻むる克わず。吉。
きゅうし。そのかきにのるも、せむるあたわず。きち。

垣根にまたがって五を攻めようとする。攻めようとしても、勝つことができない。結果は吉。

象伝

象曰、乘其墉。義弗充也。其吉則困而反則也。
象に曰く、その墉に乗る。義克たざるなり。その吉なるは、困しんで則に反ればなり。
しょうにいわく、そのようにのる。ぎかたざるなり。そのきちなるは、くるしんでのりにかえればなり。

九四も剛で中正ではない。九三同様の乱暴者である。初九が応じないので、陰爻六二に同じようとするが、九三が垣のように立ち塞がっている。そこで九四は垣に乗って攻めようとする。しかし九四は剛爻ながら、柔位におるので、柔軟性がある。その垣に乗るには乗ったがせめない、力が足りないのではない、道理として勝てないことがわかっているからである。これがなぜ吉になるかといえば、良心の苦悩を経て正道に復帰したからである。

九五。同人先號咷而後笑。大師克相遇。

九五。同人先號咷而後笑。大師克相遇。
九五。人に同じくするにも、先には號き咷び後には笑う。大師克ちて相い遇う。
きゅうご。ひとにおなじくするにも、さきにはなきさけびのちにはわらう。だいしかちてあいあう。

意中の相手と同調しようとするが、初めは思うように行かないで泣き叫ぶ。しかし、ついには思いを遂げてにっこり笑う。大軍によって邪魔者を打ち払い、当の相手と一緒になることができるであろう。

象伝

象曰、同人之先、以中直也。大師相遇。言相克也。
象に曰く、同人の先は、中直なるを以てなり。大師相い遇うは、相い克つを言うなり。
しょうにいわく、どうじんのさきは、ちゅうちょくなるをもってなり。だいしあいあうは、あいかつをいうなり。

九五は剛で「中正」、六二は柔で「中正」。両者は「応」の関係にある。ところが、九三と九四が邪魔をする。人に同じうせんとして先に叫び呼ぶのは、自身が中正で、こちらに道理があるだけに、悲憤に絶えず泣き叫ぶのある。大軍を相い遇うというのは、こちらに理があるから相手(九三と九四)に勝つことをいう。

上九。同人于郊。无悔。

上九。同人于郊。无悔。
上九。人に同じくするに、郊に于てす。悔无し。
じょうきゅう。ひとにおなじくするに、こうにおいてす。くいなし。

城外で人を集める。誰も来なくても、悔いはない。

象伝

象曰、同人于郊志未得也。
象に曰く、人に同じうするに郊においてす、志いまだ得ざるなり。
しょうにいわく、ひとにおなじうするにこうにおいてす、こころざしいまだえざるなり。

上九は卦の一番外におる。内に応ずるものがない。誰もこれに同ずるものがないので、郊で同人する。このように孤高独立の人は、自身に悔いはないかもしれないが、人間として真に志を得たものとは言い難い。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました