17.沢雷随(たくらいずい) ䷐

易経
この記事は約3分で読めます。

沢雷随(たくらいずい) したがう、したがわず

序卦伝

豫必有隨。故受之以隨。
豫べば必ず随うことあり。故にこれを受くるに随を以てす。
よろこべばかならずしたがうことあり。ゆえにこれをうくるにずいをもってす。

喜ぶという時には、必ず従うという動作が伴う。だから、喜びを意味する豫という卦の後に、従うことを意味する随が続く。

随、元亨利貞。无咎。

随、元亨利貞。无咎。
随は、元いに亨りて貞しきに利ろし。咎无し。
ずいは、おおいにとおるただしきにりあり。とがなし。

願いごとは大いに通るであろう。占う人の動機が正しい場合、利益がある。天の咎はない。

彖曰、隨、剛来而下柔、動而説隨。大亨貞、无咎、而天下隨時。隨時之義、大矣哉。
彖に曰く、隨は剛来りて柔に下る。動いて説ぶは、隨なり。大いに亨る、貞にして咎无し。而うして天下、時に隨う。時に隨うの義は、大なるかな。
たんにいわく、ずいはごうきたりてじゅうにくだる。うごいてよろこぶは、ずいなり。おおいにとおる、ていにしてとがなし。しこうしててんか、ときにしたがう。ときにしたがうのぎは、だいなるかな。

初九。官有渝。貞吉。出門交有功。

初九。官有渝。貞吉。出門交有功。
初九。官渝ること有り。貞にして吉。門を出でて交われば功有り。
しょきゅう。かんかわることあり。ていにしてきち。もんをいでてまじわればこうあり。

役目が変わることがある。心正しければ吉である。一門の中でだけ交わるのではなく、門の外に出て広く他人と交われば、良き成果が上がるであろう。

六二。係小子、失丈夫。

六二。係小子、失丈夫。
六二。小子に係りて、丈夫を失う。
りくじ。しょうしにかかりて、じょうぶをうしなう。

若い男に心惹かれれば、立派な男——本来、夫たるべき男——をなくすであろう。

六三。係丈夫、失小子。隨有求得。利居貞。

六三。係丈夫、失小子。隨有求得。利居貞。
六三。丈夫に係りて、小子を失う。隨いて求むる有れば得ん。貞に居るに利ろし。
りくさん。じょうぶにかかりて、しょうしをうしなう。したがいてもとむるあればえん。ていにおるによろし。

立派な男に心惹かれて、若い男をなくすであろう。立派な男に従って何か求めれば、必ず与えられるであろう。ただし、同期が正しいことを条件とする。

九四。隨有獲。貞凶。有孚、在道以明、何咎。

九四。隨有獲。貞凶。有孚、在道以明、何咎。
九四。隨いて獲る有り。貞なるも凶。孚あり、道に在りて以て明らかならば、何の咎あらん。
きゅうし。したがってえるあり。ていなるもきょう。まことあり、みちにありてもってあきらかならば、なんのとがあらん。

君子に従う身でありがなら、大いに人望を得る。これは、動機が正しくても、結果は凶である。正義があり、道を守り、「明哲保身」を心がけるならば、何の咎もない。

九五。孚于嘉。吉。

九五。孚于嘉。吉。
九五。嘉に孚あり、吉。
きゅうご。よきにまことあり、きち。

善き人に従うことに誠意がある。結果は吉である。

上六。拘係之。乃從維之。王用亨于西山。

上六。拘係之。乃從維之。王用亨于西山。
上六。之を拘め係ぎ、乃ち従って之を維ぐ。王用て西山に亨す。
じょうりく。これをとどめつなぎ、すなわちしたがってこれをつなぐ。おうもってせいざんにきょうす。

自分が捕らえられ、くくられる。その上、追いかけて柱などに縛り付けられる。王者はこのことによって西山でまつりごとをすらすらと行う。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました