9.風天小畜(ふうてんしょうちく) ䷈

易経
この記事は約6分で読めます。

風天小畜(ふうてんしょうちく) 小さな停止、小さな蓄積

序卦伝

比必有所畜。故受之以小畜。
比しめば必ず畜うるところあり。故にこれを受くるに小畜を以てす。
したしめばかならずたくわうるところあり。ゆえにこれをうくるにしょうちくをもってす。

親しみ合えば、必ず集まりができる。だから比の卦の後に小畜という卦を置く。

小畜亨。密雲不雨。自我西郊。 

小畜亨。密雲不雨。自我西郊。 
小畜は、亨る。密雲あれど雨ふらず、我が西郊よりす。
しょうちくは、とおる。みつうんあれどあめふらず、わがせいこうよりす。

願いごとは通るであろう。私の西の郊外から黒雲が湧き起こるけれども、雨にはならない。

彖曰、小畜柔得位而上下應之、曰小畜。健而巽、剛中而志行。乃亨。密雲不雨、尚往也。自我西郊、施未行也。
彖に曰く、小畜は柔位を得て、上下之に応ずるを、小畜と曰う。健にして巽、剛中にして志行わる。乃ち亨る。「密雲あれど雨ふらず」とは、尚お往くなり。「我が西郊よりす」とは、施し未だ行われざるなり。
たんにいわく、しょうちくはじゅうくらいをえて、じょうげこれにおうずるをしょうちくという。けんにしてそん、ごうちゅうにしてこころざしおこなわる。すなわちとおる。「みつうんあれどあめふらず」とは、なおゆくなり。「わがせいこうよりす」とは、ほどこしいまだおこなわれざるなり。

彖伝によると、小畜という卦は、六四という陰の柔らかいものがしかるべき地位を得て、上下の陽爻がそれの応じる。この形を小畜と言う。下半分が健やかの意味で、上半分が従うという意味である。二と五について言えば、強いものが中庸を得ていて、その志が実行に移される。だから願いごとが通る。「黒雲が湧き起こるけれども、雨にはならない。」というのは、まだ進もうとするのである。「私の西の郊外からする」というのは、手柄が完全には行われないということである。

象伝

象曰、風行天上小畜。君子以懿文徳。
象に曰く、風天上を行くは小畜なり。君子以て文徳を懿す。
しょうにいわく、かぜてんじょうをゆくはしょうちくなり。くんしもってぶんとくをよくす。

この卦は、風が天の上を吹き渡る形であり、小畜と名付ける。君子は、この小畜の卦にのっとって、自分の文学的な才能を美しく磨き上げる。

風天小畜

初九。復自道。何其咎。吉。

初九。復自道。何其咎。吉。
初九。復ること道に自る。何ぞ其れ咎あらん、吉。
しょきゅう。かえることみちによる。なんぞそれとがあらん。きち。

道に従って帰るがよい。そうすれば、何の咎もない。結果は吉。

象伝

象曰、復自道、其義吉也。
象に曰く、復ること道によるとは、その義吉なり。
しょうにいわく、かえることみちによるとは、そのぎきちなり。

下卦は乾、天である。本来上にあるべきもの。昇り進むことが復ること。四の陰爻がそれをとどめようとする。初は「正」を得て、四と「応」じている。初が昇っていっても、四はとどめはしない。そこで正しい道にそって帰るという。吉である。

九二。牽復。吉。

九二。牽復。吉。
九二。牽かれて復る。吉。
きゅうじ。ひかれてかえる。きち。

二と五が引き合って上に帰ろうとする。結果は吉。

象伝

象曰、牽復在中、亦不自失也。
象に曰く、牽いて復る中に在り、またみずから失わざるなり。
しょうにいわく、ひいてかえるちゅうにあり、またみずからうしなわざるなり。

九二は剛であり「中」にある。初九と手を牽きあって、とどめられるのを振り切って本来の場所に帰ることができる。初九と同じく、九二もまた自分を失わないものである。

九三。輿説輻。夫妻反目。

九三。輿説輻。夫妻反目。
九三。輿輻を説く。夫妻反目す。
きゅうさん。くるまとこばしりをとく。ふさいはんもくす。

馬車のスポークがばらばらになる。夫婦が反目するであろう。大変悪い判断。

象伝

象曰、夫妻反目、不能正室也。
象に曰く、夫妻反目すとは、室を正すこと能わざるなり。
しょうにいわく、ふさいはんもくすとは、しつをただすことあたわざるなり。

九三も昇ろうとする。しかし「中」を得ていない。六四の陰に接近しているが、三と四はもともと正しい配偶関係にいない。三が陽、四が陰で、身近く接しているところから、陰陽むつびあう。その結果、九三は六四につなぎとどめられて、昇り進むことはできない。あたかも馬車のスポークがばらばらになって動かないようなものである。しかし、九三は剛なので、その状態に満足せず、四と争うことになる。これが夫婦が反目する象である。自分の家庭を正しくできなかった九三自身の責任である。

六四。有孚。血去愓出。无咎。

六四。有孚。血去愓出。无咎。
六四。孚有り。血去り愓出づ。咎无し。
りくし。まことあり。ちさりおそれいづ。とがなし。

真心があれば、傷の出血も止まり、恐れもなくなる。結果として、咎はないであろう。

象伝

象曰、有孚、出、上合志也。
象に曰く、孚あり。愓れ出ずるは、上、志を合わせばなり。
しょうにいわく、まことあり。おそれいずるは、かみ、こころざしをあわせばなり。

六四は一陰でもって五陽をとどめようとする。当然傷つき懼れることがあるはず。しかし、柔順で「正」を得ている。巽は入であるから、この爻は己を虚しくして人を受け入れる性格。その上の二陽も助けてくれる。そこでまことありといい、愓れが去る。

九五。有孚攣如。富以其隣。

九五。有孚攣如。富以其隣。
九五。孚ありて攣如たり。富みて其の隣と以にす。
きゅうご。まことありてれんじょたり。とみてそのとなりとともにす。

真心があって、志を同じくする者と手を握り合う。自分の富を隣人と分かち合う。

象伝

象曰、有孚攣如、不獨富也。
象に曰く、孚ありて攣如たりとは、独りは富まざるなり。
しょうにいわく、まことありてれんじょたりとは、ひとりはとまざるなり。

上卦の三爻が力を合わせて、下のが進んでくるのをとどめようとしている。九五は「中」にあり、尊位にある。自分だけ富もうとせずに隣人をもともに富ませる。

上九。既雨既処。尚徳載。婦貞厲。月幾望。君子征凶。

上九。既雨既処。尚徳載。婦貞厲。月幾望。君子征凶。
上九。既に雨ふり既に処る。徳を尚んで載つ。婦は貞なれども厲し。月望に幾し。君子も征けば凶。
じょうきゅう。すでにあめふりすでにとどまる。とくをたっとんでみつ。ふはていなれどもあやうし。つきぼうにちかし。くんしもゆけばきょう。

雨が降り、ここに止まる。自分の徳を高め、体中に満ち満ちる。女性が占ってこの爻を得た場合、動機が正しくても結果は危うい。月がようやく満月になろうとしている。この時、夫たる君子が外に向かって行動しようとすれば、凶である。

象伝

象曰、既雨既處、徳積載也。君子征凶、有所疑也。
象に曰く、既に雨ふり既に処る、徳積み載つるなり。君子征けば凶、疑うところあるなり。
しょうにいわく、すでにあめふりすでにおる、とくつみみつるなり。くんしゆけばきょう、うたがうところあるなり。

上九はとどめるの極点。すでに雨ふってやすらかにおる、それは陽が陰の徳を尊んで、陰の徳が積まれ満ちるまでに至らしめたことによる。陰が盛んになって陽に対抗しうるようになれば、君子もまた行くところあってはならない。凶を招く。君子としても、そのようなときは心配せねばならない。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました