20.風地観(ふうちかん) ䷓

易経
この記事は約3分で読めます。

風地観(ふうちかん) 見る、示す

序卦伝

物大然後可觀。故受之以觀。
物大いにして然る後観るべし。故にこれを受くるに観を以てす。
ものおおいにしてしかるのちみるべし。ゆえにこれをうくるにかんをもってす。

すべての物は、大きなものであってこそ、初めて見られる。だから、臨の卦の後に、見られるものという意味で、観の卦が来る。

観、盥而不薦。有孚顒若。

観、盥而不薦。有孚顒若。
観は、盥して薦めず。孚有りて顒若たり。
かんは、かんしてすすめず。まことありてぎょうじゃくたり。

天の祭りの時に、手を洗って、鬱金草——チューリップ——をかもした酒を大地に注ぐ。まだ犠牲を挙げてはいない——祭りの初めの、一番緊張している時である——。下々も真心を尽くして、お上の仕業を見上げる。

彖曰、大觀在上、順而巽、中正以觀天下。觀盥而不薦、有孚顒若、下觀而化也。觀天之神道而、四時不忒。聖人以神道設教、而天下服矣。
彖に曰く、大観上に在り。順にして巽、中正以て天下に観らる。観は、盥して薦せず、孚有りて顒若たり。下観て化するなり。天の神道を観るに、四時忒わず。聖人神道を以て教えを設けて、天下服す。
たんにいわく、たいかんかみにあり。じゅんにしてそん、ちゅうせいもっててんかにみらる。かんは、かんしてせんせず、まことありてぎょうじゃくたり。しもみてかするなり。てんのしんどうをみるに、しいじたがわず。せいじんしんどうをもっておしえをもうけて、てんかふくす。

初六。童観。小人无咎。君子吝。

初六。童観。小人无咎。君子吝。
初六。童観す。小人は咎无し。君子は吝。
しょりく。どうかんす。しょうじんはとがなし。くんしはりん。

子供のような見方で物を見る。卦を立てて問うた人が庶民ならば咎はないが、卦を立てた人が身分のある人なら、恥ずべきことである。

六二。闚観。利女貞。

六二。闚観。利女貞。
六二。闚い観る。女の貞に利ろし。
りくじ。うかがいみる。じょのていによろし。

門の間からそとをのぞき見る。女の生き方としては、正しい——女性が卦を立てて、この爻を得たなら、悪くはない——。

六三。観我生進退。

六三。観我生進退。
六三。我が生を観て進退す。
りくさん。わがせいをみてしんたいす。

今までの自分の生き方を見定めて、進退を決めるべきである。

六四。観國之光。利用賓于王。

六四。観國之光。利用賓于王。
六四。國の光を観る。用て王に賓たるに利ろし。
りくし。くにのひかりをみる。もっておうにひんたるによろし。

一国の栄光を見る。王の賓客として礼遇されるであろう——「観光」という言葉は、この爻辞から出た——。

九五。観我生。君子无咎。

九五。観我生。君子无咎。
九五。我が生を観る。君子なれば咎无し。
きゅうご。わがせいをみる。くんしなればとがなし。

自分の平生の生き方をよくよく反省せよ。天下の人々がすべてが君子のようであれば、咎はないであろう。

上九。観其生。君子无咎。

上九。観其生。君子无咎。
上九。其の生を観る。君子なれば咎无し。
じょうきゅう。そのせいをみる。くんしなればとがなし。

人民が上九の生きざまを見る。その生きざまが君子のようであれば、咎はない。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました