19.地沢臨(ちたくりん) ䷒

易経
この記事は約3分で読めます。

地沢臨(ちたくりん) 迫り望む

序卦伝

有事而後可大。故受之以臨。臨者大也。
事ありて而る後大なるべし。故にこれを受くるに臨を以てす。臨とは大いなり。
ことありてしかるのちおおいなるべし。ゆえにこれをうくるにりんをもってす。りんとはおおいなり。

腐敗または混乱があって、その後初めて事業は大きくなる。だから、腐敗を意味する蠱の後に、臨の卦がくる。臨とは、大の意味である。

臨、元亨利貞。至于八月有凶。

臨、元亨利貞。至于八月有凶。
臨は、元いに亨りて貞しきに利ろし。八月に至りて凶有り。
りんは、おおいにとおりてただしきによろし。はちがつにいたりてきょうあり。

願いごとは大いに通る。ただし、動機が正しいことを条件とする。八カ月経つと、悪いことがあるであろう。

彖曰、臨、剛浸而長、説而順、剛中而應。大亨以正。天之道也。至于八月有凶、消不久也。
彖に曰く、臨は、剛浸くにして長ず。説びて順い、剛中にして応あり。大いに亨るに正を以てするは、天の道なり。八月に至りて凶有り。消すること久しからざるなり。
たんにいわく、りんは、ごうようやくにしてちょうず。よろこびてしたがい、ごうちゅうにしておうあり。おおいにとおるにせいをもってするは、てんのみちなり。はちがつにいたりてきょうあり。しょうすることひさしからざるなり。

初九。咸臨。貞吉。

初九。咸臨。貞吉。
初九。咸じて臨む。貞にして吉。
しょきゅう。かんじてのぞむ。ていにしてきち。

感応させることで相手に臨む。貞にして吉。

九二。咸臨。吉无不利。

九二。咸臨。吉无不利。
九二。咸じて臨む。吉にして利ろしからざる无し。
きゅうじ。かんじてのぞむ。きちにしてよろしからざるなし。

感応することで相手に臨む。結果は吉であって、何の不利もない。

六三。甘臨。无攸利。既憂之无咎。

六三。甘臨。无攸利。既憂之无咎。
六三。甘くして臨む。利ろしき攸无し。既に之を憂うれば咎无し。
りくさん。あまくしてのぞむ。よろしきところなし。すでにこれをうれうれば、とがなし。

甘い餌で相手を喜ばせて臨む。利はない。危険を恐れれば、咎はない。

六四。至臨。无咎。

六四。至臨。无咎。
六四。至りて臨む。咎无し。
りくし。いたりてのぞむ。とがなし。

最高の仕方で相手に臨む。咎はない。

六五。知臨。大君之宜。吉。

六五。知臨。大君之宜。吉。
六五。知にして臨む。大君の宜しきなり。吉。
りくご。ちにしてのぞむ、たいくんのよろしきなり。きち。

知恵をはたらかせて下々に臨む。これこそが、偉大な君主にふさわしい仕方である。結果は、吉である。

上六。敦臨。吉无咎。

上六。敦臨。吉无咎。
上六。敦くして臨む。吉にして咎无し。
じょうりく。あつくしてのぞむ。きちにしてとがなし。

下々に臨む態度が手厚い。結果は吉であって、何の咎もない。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました