2.坤為地 ䷁

易経
この記事は約3分で読めます。

坤為地(こんいち) 地の包容性、臣下の道

坤元亨。利牝馬之貞。君子有攸往。先迷後得主。利西南得朋東北喪朋。安貞吉。
坤は、元いに亨る。牝馬の貞に利ろし。君子往く攸有るに、先ずれば迷い、後るれば主を得。西南に朋を得、東北には朋を喪うに利ろし。貞に安んずれば吉。
こんは、おおいにとおる。ひんばのていによろし。くんしゆくところあるに、さきんずればまよい、おくるればしゅをえ。せいなんにともをえ、とうほくにはともをうしなうによろし。ていにやすんずればきち。

願いごとは大いに通る。ただし、雌馬のようにおとなしく持続力がある場合にのみ利益がある。君子がとこかに出かけようとする。人の先に立とうとすれば迷うことがあろう。人の後ろについて行くようにすれば、当を得る。西南に行けば友が得られる。反対に東北に行けば仲間を失うが、かえってよい。安らかで正しく、吉が得られる。

初六。履霜。堅氷至。

初六。履霜。堅氷至。
初六。霜を履んで、堅氷に至る。
しょりく。しもをふんで、けんぴょうにいたる。

霜を踏むようになって、だんだんと寒くなり、堅い氷がやってくるであろう。

六二。直方大。不習无不利。 

六二。直方大。不習无不利。 
六二。直・方・大。習わずして利ろしからざる无し。
りくじ。ちょく・ほう・だい。ならわずしてよろしからざるなし。

真っ直ぐであり、正方形であり、大きい。学習を待たずして、自然のままであらゆる物に利益があるであろう。

六三。含章可貞。或従王事。无成有終。 

六三。含章可貞。或従王事。无成有終。 
六三。章を含みて貞にす可し。或いは王事に従うも、成すこと无くして終り有り。
りくさん。しょうをふくみてていにすべし。あるいはおうじにしたがうも、なすことなくしておわりあり。

あやを含んでいる。正しくあるべきである。時には王様の仕事に従事する。しかし、功績があがっても自分の功績とはしない。ただひたすらその仕事を終えることを心がける。

六四。括嚢。无咎无誉。

六四。括嚢。无咎无誉。
六四。嚢を括る。咎无く誉れ无し。
りくし。のうをくくる。とがなくほまれなし。

袋の口を括ったように何も言わない。何も言わないから、咎もない代わりに誉れもない。

六五。黄裳元吉。

六五。黄裳元吉。
六五。黄裳、元吉。
りくご。こうしょう、げんきち。

中庸を得てへりくだっていれば、大いに吉である。

上六。龍戦干野。其血玄黄。

上六。龍戦干野。其血玄黄。
上六。龍、野に戦う。其の血は玄黄。
じょうりく。りゅう、やにたたかう。そのちはげんおう。

龍が野原で戦い、両方雨とも傷ついて、片一方は黒い血を、もう一方は黄色い血を流す。

用六。利永貞。

用六。利永貞。
用六。永貞に利ろし。
ようりく。えいていによろし。

永久に正しさを守るべきである。その場合にのみ利益がある。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました