2.坤為地(こんいち)䷁

易経
この記事は約9分で読めます。

坤為地(こんいち) 地の包容性、臣下の道

序卦伝

有天地然後萬物生焉。
天地ありて然る後万物生ず。
てんちありて、しかるのちばんぶつしょうず。

天と地、すなわち乾と坤があって、その後初めて天と地の間に万物が生じる。

坤元亨。利牝馬之貞。君子有攸往。先迷後得主。利西南得朋東北喪朋。安貞吉。

坤元亨。利牝馬之貞。君子有攸往。先迷後得主。利西南得朋東北喪朋。安貞吉。
坤は、元いに亨る。牝馬の貞に利ろし。君子往く攸有るに、先ずれば迷い、後るれば主を得。西南に朋を得、東北には朋を喪うに利ろし。貞に安んずれば吉。
こんは、おおいにとおる。ひんばのていによろし。くんしゆくところあるに、さきんずればまよい、おくるればしゅをえ。せいなんにともをえ、とうほくにはともをうしなうによろし。ていにやすんずればきち。

願いごとは大いに通る。ただし、雌馬のようにおとなしく持続力がある場合にのみ利益がある。君子がとこかに出かけようとする。人の先に立とうとすれば迷うことがあろう。人の後ろについて行くようにすれば、当を得る。西南に行けば友が得られる。反対に東北に行けば仲間を失うが、かえってよい。安らかで正しく、吉が得られる。

彖曰、至哉坤元、萬物資生。乃順承天。坤厚載物、德合无疆。含弘光大、品物咸亨。牝馬地類、行地无疆。柔順利貞、君子攸行。先迷失道、後順得常。西南得朋、乃與類行。東北喪朋、乃終有慶。安貞之吉、應地无疆。
彖に曰く、至れるかな坤元。万物資りて生ず。乃ち天に順承す。坤は厚く物を載せ、徳は无疆に合す。含弘光大、品物咸く亨る。牝馬は地の類、地を行くこと无疆なり。柔順利貞、君子の行う攸なり。先んずれば迷いて道を失い、後るれば順にして常を得。西南に朋を得、乃ち類と行くなり。東北に朋を喪う、乃ち終に慶び有るなり。安貞の吉は、地の无疆なるに応ず。
たんにいわく、いたれるかなこんげん。ばんぶつとりてしょうず。すなわちてんにじゅんしょうす。こんはあつくものをのせ、とくはむきょうにがっす。がんこうこうだい、ひんぶつことごとくとおる。ひんばはちのるい、ちをゆくことむきょうなり。じゅんじゅんりてい、くんしのおこなうところなり。さきんずればまよいてみちをうしない、おくるればじゅんにしてつねをう。せいなんにともをう、すなわちるいとゆくなり。とうほくにともをうしなう、すなわちついによろこびあるなり。あんていのきちは、ちのむきょうなるにおうず。

彖伝によると、大地の根源である坤の徳は最高である。万物はこの坤の卦を元として生じた。しかしながら、坤の卦は乾に当たる天の手柄を素直に受け継ぐものである。坤は大地であって分厚く、あらゆるものをその上に乗せている。坤の徳は、乾の限りない徳に合致する。この卦は包容力があり、広く、光り輝き、厚さがある。この卦によって、いろいろな種類のものがことごとくその生を遂げる。牝の馬は大地の徳と似たものである。おとなしいけれども、どこまでも大地をとことこ歩く。このように従順であり、しかも万物を利して正しいというのは、君子の行動に似ている。人の先に立って行動しようとすれば、迷って道を失う。人の後ろについて行くのは、坤の卦としては順当であり、その常道に適っている。「西南に行けば友を得る」というのは、つまり西南は陰の方角なので、陰の卦が陰の方に行くことになり、同類と一緒にいくことである。「東北に行けば友を失う」とは、東北に行くことは、自分の同類と離れることではあるけれども、種類の違う人と結びつくことによって、最後には喜びがある。そうして得られる安らかさ正しさの吉なる結果は、大地の無限のはたらきに対応するものである。

象伝

象曰、地勢坤。君子以厚德載物。
象に曰く、地勢は坤なり。君子以て厚徳もて物を戴す。
しょうにいわく、ちせいはこんなり。くんしもってこうとくもてものをのす。

大地の態勢は順であって厚い。至高の徳ある人はこの卦にのっとって、その厚い徳により、あらゆるものを受け入れる。

文言伝 下

文言曰、坤至柔而動也剛。至静而德方。後得主而有常。含萬物而化光。坤道其順乎。承天而時行。
文言に曰く、坤は至柔にして、動くや剛なり。至静にして、徳方なり。後るれば主を得て常あり。万物を含んで、化光いなり。坤道それ順なるか。天に承けて時に行う。
ぶんげんにいわく、こんはしじゅうにして、うごくやごうなり。しせいにして、とくほうなり。おくるればしゅをえてつねあり。ばんぶつをふくんで、かおおいなり。こんどうそれじゅんなるか。てんにうけてときにおこなう。

文言によると、坤の道は至って柔らかいが、その動きは力強い。至って静かであるが、その物を生むはたらきには整然とした法則性がある。陰は陽に従うものであるから、人の後についてゆけば、陽剛なる主人を得る。それが陰の常道に沿うことである。坤は万物を包含し、その造化の力は広大である。坤は、陽剛なる主人、天の意図をうけて、その時を失せずに生々の作用を行う。坤の道はなんと柔順なものではないか。

初六。履霜。堅氷至。

初六。履霜。堅氷至。
初六。霜を履んで、堅氷に至る。
しょりく。しもをふんで、けんぴょうにいたる。

霜を踏むようになって、だんだんと寒くなり、堅い氷がやってくるであろう。

文言伝 下

積善之家必有餘慶。積不善之家必有餘殃。臣弑其君、子弑其父。非一朝一夕之故。其所由來者漸矣。由辨之不早辨也。易曰、履霜堅氷至。蓋言順也。
善を積むの家には、必ず余慶あり。不善を積むの家には、必ず余殃あり。臣その君を弑し、子その父を弑する、一朝一夕の故にあらず。その由って来るところのもの漸なり。これを弁えることの早く弁えざるに由るなり。易に曰く、霜を履んで堅氷至る、蓋し順を言うなり。
ぜんをつむのいえには、かならずよけいあり。ふぜんをつむのいえには、かならずよおうあり。しんそのきみをしいし、こそのちちをしいする、いっちょういっせきのこにあらず。そのよってきたるところのものぜんなり、これをわきまえることのはやくわきまえざるによるなり。えきにいわく、しもをふんでけんぴょういたる、けだしじゅんをいうなり。

初六の解釈。善を積んだ家ではかならず福が子孫に及ぶ。不善を積んだ家ではかならず災いが子孫に及ぶ。臣下であってその君を弑し、子がその父を弑するような大逆の罪でも、一朝一夕に起こったことではない。その由来するところは、長い間にだんだんと進行していたものである。そうなったのは、事の小さいうちに早く処理しなかったことによる。易に、霜を履んで堅氷至るというのは、おそらく小悪もそのままにしておけば大悪になることをいうのであろう。

六二。直方大。不習无不利。 

六二。直方大。不習无不利。 
六二。直・方・大。習わずして利ろしからざる无し。
りくじ。ちょく・ほう・だい。ならわずしてよろしからざるなし。

真っ直ぐであり、正方形であり、大きい。学習を待たずして、自然のままであらゆる物に利益があるであろう。

文言伝 下

直其正也。方其義也。君子敬以直内、義以方外。敬義立而德不孤。直方大、不習无不利、則不疑其所行也。
直はその正なり。方はその義なり。君子は敬以て内を直くし、義以て外を方にす。敬義立てば徳孤ならず。直方大なり、習わざれども利ろしからざるなしとは、その行うところを疑わざるなり。
ちょくはそのせいなり。ほうはそのぎなり。くんしはけいもってうちをなおくし、ぎもってそとをほうにす。けいぎたてばとくこならず。ちょくほうだいなり、ならわざれどもよろしからざるなしとは、そのおこなうところをうたがわざるなり。

六二の解釈。直とはその正しさをいう。方とはその義(けじめ)をいう。君子は敬(つつしみ)でもって内心を正直にし、義でもって外形を方正にする。敬と義が成立すれば、その人の徳は孤立的ではありえない。広大なることを望まずとも広大となる。習わざれども利ろしからざるなしというのは、自分の行動に疑惑をもつことがないから、学習の必要もないということである。

六三。含章可貞。或従王事。无成有終。 

六三。含章可貞。或従王事。无成有終。 
六三。章を含みて貞にす可し。或いは王事に従うも、成すこと无くして終り有り。
りくさん。しょうをふくみてていにすべし。あるいはおうじにしたがうも、なすことなくしておわりあり。

あやを含んでいる。正しくあるべきである。時には王様の仕事に従事する。しかし、功績があがっても自分の功績とはしない。ただひたすらその仕事を終えることを心がける。

文言伝 下

陰雖有美、含之以従王事、弗敢成也。地道也、妻道也、臣道也。地道无成而代有終也
陰は美ありといえども、これを含んで以て王事に従い、あえて成さざるなり。地の道なり。妻の道なり。臣の道なり。地の道は成すことなくして、代わって終うることあり。
いんはびありといえども、これをふくんでもっておうじにしたがい、あえてなさざるなり。ちのみちなり。つまのみちなり。しんのみちなり。ちのみちはなすことなくして、かわっておうることあり。

六三の解釈。陰の道として、わが身に美点があっても、それを含みかくして、王者の仕事に従事する。十分てがらをたてる力はあるが、縁の下の力持ちに甘んじて、進んで立役者になろうとはしない。これが地の道であり、妻の道であり、臣の道である。地の道というものは、自分の功績を誇ることはない。天に代わって生育のしごとをなしとげ、功は天に譲っている。

六四。括嚢。无咎无誉。

六四。括嚢。无咎无誉。
六四。嚢を括る。咎无く誉れ无し。
りくし。のうをくくる。とがなくほまれなし。

袋の口を括ったように何も言わない。何も言わないから、咎もない代わりに誉れもない。

文言伝 下

天地變化、草木蕃。天地閉、賢人隠。易曰、括嚢、无咎无譽、蓋言謹也。
天地変化して、草木蕃し。天地閉がって、賢人隠る。易に曰く、嚢を括る、咎もなく誉れもなしとは、蓋し謹を言うなり。
てんちへんかして、そうもくしげし。てんちふさがって、けんじんかくる。えきにいわく、ふくろをくくる、とがもなくほまれもなしとは、けだしきんをいうなり。

六四の解釈。すべて天地の気は相交わることで変化し、その結果として草木などが繁茂する。天地の気が隔絶して通じないときは、万物伸びることがない。同様に君臣の道が隔絶するときは、賢人は野に隠れて出ない。易の、嚢の口を括ったように、韜晦(とうかい)していれば、名誉もないが咎もない。おそらく身を謹しめということを述べたものであろう。

六五。黄裳元吉。

六五。黄裳元吉。
六五。黄裳、元吉。
りくご。こうしょう、げんきち。

中庸を得てへりくだっていれば、大いに吉である。

文言伝 下

君子黄中通理、正位居體。美在其中、而暢於四支、發於事業。美之至也。
君子は黄中にして理に通じ、正位にして体に居る。美その中に在って、四支に暢べ、事業に発す。美の至りなり。
くんしはこうちゅうにしてりにつうじ、せいいにしてたいにおる。びそのなかにあって、ししにのべ、じぎょうにはっす。びのいたりなり。

君子はあたかも黄色が四方の色、青赤白黒の中央にいながら、四方の色と脈絡を通じ、整然たる条理を保っているのと同様に、身の内に中の徳をそなえることにより、その徳おのずと周囲に貫通して条理が乱れない。しかも君子は五という尊い位に居りながら、裳が下半身につけられるように、下にへりくだって居る。美徳が内にあって、四肢にひろがり、事業となって外にあらわれる。これこそ美の至りである。

上六。龍戦干野。其血玄黄。

上六。龍戦干野。其血玄黄。
上六。龍、野に戦う。其の血は玄黄。
じょうりく。りゅう、やにたたかう。そのちはげんおう。

龍が野原で戦い、両方雨とも傷ついて、片一方は黒い血を、もう一方は黄色い血を流す。

文言伝 下

陰疑於陽必戰。為其嫌於陽也、故稱龍焉。猶未離其類也、故稱血焉。夫玄黄者、天地之雜也。天玄而地黄。
陰、陽に疑わるれば必ず戦う。その陽なきに嫌わしきために、故に龍と称す。なおいまだその類を離れず、故に地と称す。それ玄黄は、天地の雑なり。天は玄にして地は黄なり。
いん、ようにうたがわるればかならずたたかう。そのようなきにうたがわしきがために、ゆえにりゅうとしょうす。なおいまだそのたぐいをはなれず、ゆえにちとしょうす。それげんこうは、てんちのざつなり。てんはげんにしてちはおうなり。

上六は、陰の極盛、陽にまがう大きさになってしまった。ここにおいてか陰と陽と相い戦わざるをえない。坤卦は純陰の時であるが、このときも陽はかげにひそんで、なくなってはいない。陽がまったくなくなったかに思われるといけないから、陽の象徴、龍の名を挙げた。陰が陽にまがうばかり、盛んになってはいるが、やはり陰の類を離れてはいない。だから血という。血は陰に属する。一体、玄黄という色は天と地のまじった色である。天の色は玄、地の色は黄である。

用六。利永貞。

用六。利永貞。
用六。永貞に利ろし。
ようりく。えいていによろし。

永久に正しさを守るべきである。その場合にのみ利益がある。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました