21.火雷噬嗑(からいぜいごう) ䷔

易経
この記事は約3分で読めます。

火雷噬嗑(からいぜいごう) 噛む、刑罰

序卦伝

可觀而後有所合。故受之以噬嗑。嗑者合也。
観るべくして後合うところあり。故にこれを受くるに噬嗑を以てす。嗑とは合なり。
みるべくしてのちあうところあり。ゆえにこれをうくるにぜいごうをもってす。ごうとはごうなり。

仰ぎ見られるほどのものであってこそ、人々が慕い寄って合体しようとする。だから、観の卦の後に噬嗑の卦が来る。嗑とは、合うという意味である。

噬嗑、亨。利用獄。

噬嗑、亨。利用獄。
噬嗑は、亨る。獄を用うるに利ろし。
ぜいこうは、とおる。ごくをもちうるによろし。

願いごとはすんなり通るであろう。裁判を行ってよろしい。

彖曰、頤中有物、曰噬嗑。噬嗑而亨。剛柔分、動而明。雷電合而章。柔得中而上行、雖不當位、利用獄也。
彖に曰く、頤中物有るを噬嗑と曰う。噬み嗑わせて亨る。剛柔分かつ。動きて明らかなり。雷電合して章らかなり。柔中を得て上り行く。位に当たらずと雖も、獄を用いるに利しきなり。
たんにいわく、いちゅうものあるをぜいごうという。かみあわせてとおる。ごうじゅうわかつ。うごきてあきらかなり。らいでんがっしてあきらかなり。じゅうちゅうをえてのぼりゆく。くらいにあたらずといえども、ごくをもちいるによろしきなり。

初九。屨校滅趾。无咎。

初九。屨校滅趾。无咎。
初九。校を屨みて趾を滅す。咎无し。
しょきゅう。あしかせをはみてあしをめっす。とがなし。

足枷をはめられて、足首から下をつぶしてしまった。結果的に咎はない。

六二。噬膚滅鼻。无咎。

六二。噬膚滅鼻。无咎。
六二。膚を噬みて鼻を滅す。咎无し。
りくじ。はだえをかみてはなをめっす。とがなし。

柔らかい肉を深々と噛んで鼻が肉にめり込む。結果的に咎はない。

六三。噬腊肉、遇毒。小吝。无咎。

六三。噬腊肉、遇毒。小吝。无咎。
六三。腊肉を噬み、毒に遇う。小しく吝なれども咎无し。
りくさん。せきにくをかみ、どくにあう。すこしくりんなれどもとがなし。

干し肉を噛んで毒に中る。少し恥をかくけれども、大きな咎はない。

九四。噬乾胏。得金矢。利艱貞。吉。 

九四。噬乾胏。得金矢。利艱貞。吉。
九四。乾胏を噬み、金矢を得る。艱貞に利ろし。吉。
きゅうし。かんしをかみ、きんしをえる。かんていによろし。きち。

干し肉を噛んで、金の矢を噛み当てた。自分の居場所を艱難ととらえて、事の困難を自覚しつつ正しさを守るがよろしい。結果は吉。

六五。噬乾肉。得黄金。貞厲无咎。

六五。噬乾肉。得黄金。貞厲无咎。
六五。乾肉を噬み、黄金を得る。貞にして厲ぶむ。咎无し。
りくご。かんにくをかみ、おうごんをえる。ていにしてあやぶむ。とがなし。

干し肉を噛んで、黄金を噛み当てた。困難を自覚して、自ら危ぶめば、咎はないであろう。

上九。何校滅耳。凶。

上九。何校滅耳。凶。
上九。校を何いて耳を滅す。凶。
じょうきゅう。かせをにないてみみをめっす。きょう。

首枷を肩に載せられ、枷で耳がつぶれる。結果は凶。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました