22.山火賁(さんかひ) ䷕

易経
この記事は約3分で読めます。

山火賁(さんかひ) 飾り、装飾

序卦伝

物不可以苟合而已。故受之以賁。賁者飾也。
物は以て苟しくも合うのみなるべからず。故にこれを受くるに賁を以てす。賁とは飾るなり。
ものはもっていやしくもあうのみなるべからず。ゆえにこれをうくるにひをもってす。ひとはかざるなり。

物事はよい加減に合わさるだけで終わるというわけにはいかない。だから、噬嗑の後に賁の卦を持ってきた。賁とは飾るという意味である。

賁、亨。小利有攸往。

賁、亨。小利有攸往。
賁は亨る。小しく往く攸有るに利ろし。
ひはとおる。すこしくゆくところあるによろし。

願いごとは通るであろう。少しは前進してよろしい。

彖曰、賁亨。柔來而文剛。故亨。分剛上而文柔。故小利有攸往。天文也。文明以止人文也。觀乎天文以察時變、觀乎人文以化成天下。
彖に曰く、賁は亨る。柔来りて剛を文る。故に亨る。剛を分かち、上りて柔を文る。故に小しく往く攸有るに利し。天文なり。文明にして以て止まるは、人文なり。天文を観て、以て時変を察す。人文を観て、以て天下を化成す。
たんにいわく、ひはとおる。じゅうきたりてごうをかざる。ゆえにとおる。ごうをわかち、のぼりてじゅうをかざる。ゆえにすこしくゆくところあるによろし。てんもんなり。ぶんめいもってとどまるは、じんぶんなり。てんもんをみて、もってじへんをさっす。じんぶんをみて、もっててんかをかせいす。

初九。賁其趾。舎車而徒。

初九。賁其趾。舎車而徒。
初九。其の趾を賁る。車を舎てて徒す。
しょきゅう。そのあしをかざる。くるまをすててかちす。

自分の足を飾る。馬車に乗ることは諦めて、徒歩で行く。

六二。賁其須。

六二。賁其須。
六二。その須を賁る。
りくじ。そのあごひげをかざる。

ひげを飾りとする。

九三。賁如、濡如。永貞吉。

九三。賁如、濡如。永貞吉。
九三。賁如たり、濡如たり。永貞なれば吉。
きゅうさん。ひじょたり、じゅじょたり。えいていなればきち。

きらきらとして、つやつやとして、いつまでも心の正しさを守るならば、結果は吉である。

六四。賁如、皤如。白馬翰如。匪冦婚媾。

六四。賁如、皤如。白馬翰如。匪冦婚媾。
六四。賁如たり、皤如たり。白馬翰如たり。冦するにあらず婚媾せんとす。
りくし。ひじょたり、はじょたり。はくばかんじょたり。あだするにあらずこんこうせんとす。

きらきらと美し飾られるはずのものが、白生地のままである。白馬にまたがって、鳥のように駆けつける。邪魔者が入らなければ、思う相手と結婚できるであろう。

六五。賁于丘園。束帛戔戔。吝終吉。

六五。賁于丘園。束帛戔戔。吝終吉。
六五。丘園を賁る。束帛戔戔たり。吝なれども終には吉。
りくご。きゅうえんをかざる。そくはくせんせんたり。りんなれどもついにはきち。

都が郊外の丘や畑に飾られる。徳の高い隠者がいるということそのものが、国の飾りとなる。絹の反物が、人の手を借りて裁断される。恥ずかしいけれども、最後には吉となるであろう。

上九。白賁。无咎。

上九。白賁。无咎。
上九。白く賁る。咎无し。
じょうきゅう。しろくかざる。とがなし。

白々とした飾り、結果において、咎はない。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました