57.巽為風(そんいふう) ䷸

易経
この記事は約3分で読めます。

巽為風(そんいふう) 入る、謙遜

序卦伝

旅而无所容。故受之以巽。巽者入也。
旅して容るる所なし。故にこれを受くるに巽を以てす。巽とは入るなり。
たびしているるところなし。ゆえにこれをうくるにそんをもってす。そんとはいるなり。

旅人とは、土地の人に容易に受け入れられるものではない。そこで、旅の卦の後を受けるのに、巽の卦をもってする。巽とは、へりくだることによって、旅行の身ではあるけれども受け入れられるということである。

巽、小亨。利有攸往、利見大人。

巽、小亨。利有攸往、利見大人。
巽は、小しく亨る。往く攸あるに利ろし。大人を見るに利ろし。
そんは、すこしくとおる。ゆくところあるによろし。たいじんをみるによろし。

少しく願いが叶う。前進してよろしい。偉大な人物に出会えば利益があるであろう。

彖曰、重巽以申命。剛巽乎中正而志行。柔皆順乎剛。是以小亨、利有攸往、利見大人。
彖に曰く、重巽以て命を申ぬ。剛中正に巽って志行ある。柔皆な剛に順う。是を以て小しく亨る。往く攸有るに利ろし。大人を見るに利ろし。
たんにいわく、ちょうそんもってめいをかさぬ。ごうちゅうせいにしたがってこころざしおこなわる。じゅうみなごうにしたがう。ここをもってすこしくとおる。ゆくところあるによろし。たいじんをみるによろし。

初六。進退。利武人之貞。

初六。進退。利武人之貞。
初六。進み退く。武人の貞に利ろし。
しょりく。すすみしりぞく。ぶじんのていによろし。

進んでみたり退いてみたり、どうしてよいか迷っている。武人のごとき強い志があればよろしい。

九二。巽在牀下。用史巫紛若、吉无咎。

九二。巽在牀下。用史巫紛若、吉无咎。
九二。巽いて牀下に在り。史巫を用うること紛若たれば、吉にして咎无し。
きゅうじ。したがいてしょうかにあり。しふをもちうることふんじゃくたれば、きちにしてとがなし。

へりくだるべき時、あまりにも卑屈に過ぎて寝台の下に潜っている。神に誠を告げるべく、神主や巫女を数多く用うる。そうすれば吉であって、咎はない。

九三。頻巽。吝。

九三。頻巽。吝。
九三。頻に巽う。吝。
きゅうさん。しきりにしたがう。りん。

努めて人にへりくだるけれども、何度も失敗する。恥ずかしい。

六四。悔亡。田獲三品。

六四。悔亡。田獲三品。
六四。悔亡ぶ。田して三品を獲たり。
りくし。くいほろぶ。かりしてさんぴんをえたり。

あるべき後悔はなくなるであろう。狩りをすれば三種の獲物が獲られるであろう。

九五。貞吉悔亡。无不利。无初有終。先庚三日、後庚三日。吉。

九五。貞吉悔亡。无不利。无初有終。先庚三日、後庚三日。吉。
九五。貞しくて吉。悔亡ぶ。利ろしからざる无し。初め无くして終わり有り。庚に先立つこと三日、庚に後るること三日。吉。
きゅうご。ただしければきつにしてくいほろぶ。よろしからざるなし。はじめなくしておわりあり。こうにさきだつことさんじつ。こうにおくるることさんじつ。きつなり。

動機が正しければ、結果は吉で悔もなくなる。なんの不利もない。初めはよくないけれども、有終の美を遂げることができるであろう。命令を変更する場合、その前後三日ずつ丁寧に言い聞かせよ。結果は吉。

上九。巽在牀下、喪其資斧。貞凶。

上九。巽在牀下、喪其資斧。貞凶。
上九。巽いて牀下に在り。其の資斧を喪う。貞しけれども凶。
じょうきゅう。したがいてしょうかにあり。そのしふをうしなう。ただしけれどもきょう。

へりくだってベッドの下に平伏す。もともと所有していた斧をなくす。正しい道において、結果は凶。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました