23.山地剝(さんちはく) ䷖

易経
この記事は約3分で読めます。

山地剝(さんちはく) 剝落、浸蝕

序卦伝

致飾然後亨則盡矣。故受之以剥。剥者剥也。
飾りを致して然る後亨るときは尽く。故にこれを受くるに剥を以てす。剥とは剥するなり。
かざりをいたしてしかるのちとおるときはつく。ゆえにこれをうくるにはくをもってす。はくとははくするなり。

飾りを極め、願いごとがかなう時は、もはや何も残らない。だから、飾りの卦の後に、この剥の卦をおいた。剥とは、剥ぎ落ちるという意味である。

剝、不利有攸往。

剝、不利有攸往。
剝は、往く攸有るに利ろしからず。
はくは、ゆくところあるによろしからず。

前進してはいけない。

彖曰、剝剝也。柔變剛也。不利有攸往、小人長也。順而止之。覿象也。君子尚消息盈虚。天行也。
彖に曰く、剝は、剝するなり。柔剛を変ずるなり。往く攸有るに利しからず、小人長ずるなり。順にして之に止まる。象を観ればなり。君子は消息盈虚を尚ぶ。天の行なり。
たんにいわく、はくは、はくするなり。じゅうごうをへんずるなり。ゆくところあるによろしからず、しょうじんちょうずるなり。じゅんにしてこれにとどまる。しょうをみればなり。くんしはしょうそくえいきょをたっとぶ。てんのこうなり。

初六。剝牀以足。蔑貞。凶。

初六。剝牀以足。蔑貞。凶。
初六。牀を剝するに足を以てす。貞を蔑す。凶。
しょりく。しょうをはくするにあしをもってす。ていをほろぼす。きょう。

ベッドの足が剥ぎ取られる。正しさをないがしろにする。凶。

六二。剝牀以弁。蔑貞。凶。

六二。剝牀以弁。蔑貞。凶。
六二。牀を剝するに弁を以てす。貞を蔑す。凶。
りくじ。しょうをはくするにべんをもってす。ていをほろぼす。きょう。

ベッドの胴体まで剥ぎ取られてしまう。正しさをないがしろにする。凶。

六三。剝之。无咎。

六三。剝之。无咎。
六三。之を剝す。咎无し。
りくさん。これをはくす。とがなし。

陰気が陽気を剥落させつつあるが、この六三だけは、何の咎もない。

六四。剝牀以膚。凶。

六四。剝牀以膚。凶。
六四。牀を剝するに膚を以てす。凶。
りくし。しょうをはくするにはだえをもってす。きょう。

ベッドが全部剥ぎ落とされて、いよいよ自分の皮膚まで剥ぎ取られる。凶である。

六五。貫魚、以宮人寵。无不利。

六五。貫魚、以宮人寵。无不利。
六五。魚を貫き、宮人の寵を以てす。利ろしからざる无し。
りくご。うおをつらぬき、きゅうじんのちょうをもってす。よろしからざるなし。

お妃が魚のめざしのように、後宮の妾たちをぞろぞろ引き連れて、上の者の寵愛を受ける。何の不都合もない。

上九。碩果不食。君子得輿、小人剝廬。

上九。碩果不食。君子得輿、小人剝廬。
上九。碩果食われず。君子は輿を得、小人は廬を剝す。
じょうきゅう。せきかくらわれず。くんしはよをえ、しょうじんはろをはくす。

たった一つの大きな木の実が、食らわれずに残っている。もしも占ってこの爻を得た人が君子であれば、御輿か馬車に乗れるであろう。もしもこの爻を得た人が小人であれば、家の屋根まで剥がれるであろう。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました