37.風火家人(ふうかかじん) ䷤

易経
この記事は約3分で読めます。

風火家人(ふうかかじん) 家庭の道徳

序卦伝

傷於外者必反其家。故受之以家人。
外に傷るる者は必ずその家に反る。故にこれを受くるに家人を以てす。
そとにやぶるるものはかならずそのいえにかえる。ゆえにこれをうくるにかじんをもってす。

外で傷を負った者は、必ず家に帰らねばならない。だから明夷の卦の後に家人の卦が次ぐ。

家人、利女貞。

家人、利女貞。
家人は、女の貞に利ろし。
かじんは、じょのていによろし。

婦人の身の正しさに利がある。

彖曰、家人、女正位乎内、男正位乎外。男女正、天地之大義也。家人有嚴君焉。父母之謂也。父父、子子、兄兄、弟弟、夫夫、婦婦、而家道正。正家而天下定矣。
彖に曰く、家人は女位を内に正し、男位を外に正す。男女正しきは天地の大義なり。「家人に厳君有り」とは、父母の謂なり。父は父たり。子は子たり、兄は兄たり。弟は弟たり、夫は夫たり。婦は婦たり。而して家道正し。家を正して天下定まる。
たんにいわく、かじんはじょいをうちにただし、だんいをそとにただす。だんじょただしきはてんちのたいぎなり。「かじんにげんくんあり」とは、ふぼのいいなり。ちちはちちたり。こはこたり。あにはあにたり。おとうとはおとうとたり。おっとはおっとたり。つまはつまたり。しこうしてかどうただし。いえをただしててんかさだまる。

初九。閑有家、悔亡。

初九。閑有家、悔亡。
初九。有家を閑ぐ。悔亡ぶ。
しょきゅう。ゆうかをふせぐ。くいほろぶ。

家において法度をもって悪を防ぐ。後悔しないですむ。

六二。无攸遂。在中饋。貞吉。

六二。无攸遂。在中饋。貞吉。
六二。遂ぐる攸无し。中饋に在り。貞しくて吉。
りくじ。とぐるところなし。ちゅうきにあり。ただしくてきち。

婦人は自分で何かをし遂げることはしない方がよろしい。家内で食事をつかさどることに専念すれば、それが貞しく吉なる道である。

九三、家人嗃嗃。悔厲吉。婦子嘻嘻、終吝。

九三、家人嗃嗃。悔厲吉。婦子嘻嘻、終吝。
九三。家人嗃嗃たり。厲しきを悔ゆれば吉。婦子嘻嘻たれば、ついには吝。
きゅうさん。かじんかくかくたり。はげしきをくゆればきち。ふしききたれば。ついにはりん。

家長が厳しすぎて家族がみなひいひいいう。厳しすぎるという悔いはあるけれども、結果は吉。逆に家の中の女たちがいつもきゃあきゃあと笑い騒いでおれば、最後は恥をかく。

六四。富家、大吉。

六四。富家、大吉。
六四。家を富ます。大吉。
りくし。いえをとます。だいきち。

家が金持ちになる。結果は大吉。

九五。王假有家、勿恤吉。

九五。王假有家、勿恤吉。
九五。王有家に仮る。恤うる勿れ。吉。
きゅうご。おうゆうかにいたる。うれうるなかれ。きち。

王様が家を保つの極致に至る。心配することは何もなくて吉。

上九。有孚威如。終吉。

上九。有孚威如。終吉。
上九。孚ありて威如たれば、終に吉。
じょうきゅう。まことありていじょたれば、ついにきち。

誠があり、しかも威厳がある。最後は吉。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました