26.山天大畜(さんてんたいちく) ䷙

易経
この記事は約3分で読めます。

山天大畜(さんてんたいちく) 大きな停止、大きな蓄積

序卦伝

有无妄然後可畜。故受之以大畜。
无妄あり然る後畜うべし。故にこれを受くるに大畜を以てす。
むぼうありしかるのちたくわうべし。ゆえにこれをうくるにだいちくをもってす。

偽りのない誠があって、初めて物を蓄積することができる。だから、无妄の卦の後に、大畜の卦が置かれる。

大畜、利貞。不家食吉。利渉大川。

大畜、利貞。不家食吉。利渉大川。
大畜は、貞しきに利ろし。家食せずして吉なり。大川を渉るに利ろし。
たいちくは、ただしきによろし。かしょくせずしてきちなり。たいせんをわたるによろし。

心がけが正しい場合には利益があるであろう。朝廷に用いられて高い役職に用いられてよろしい。冒険をしてもよろしい。

彖曰、大畜、剛健篤實輝光、日新其德。剛上而尚賢、健止能。大正也。不家食吉、賢養也。利渉大川、應乎天也。
彖に曰く、大畜は剛健篤実、輝光あり。日に其の徳を新たにせん。剛、上にして賢を尚ぶ。能く健を止む、大いに正しきなり。「家食せずして吉なり」とは、賢を養うなり。「大川を渉るに利ろし」とは、天に応ずればなり。
たんにいわく、たいちくはごうけんとくじつ、きこうあり。ひにそのとくをあらたにせん。ごう、かみにしてけんをたっとぶ。よくけんをとどむ、おおいにただしきなり。「かしょくせずしてきちなり」とは、けんをやしなうなり。「たいせんをわたるによろし」は、てんにおうずればなり。

初九。有厲。利已。

初九。有厲。利已。
初九。厲うきことあり。已むに利ろし。
しょきゅう。あやうきことあり。やむによろし。

危険があるであろう。踏みとどまった方がよろしい。

九二。輿説輹。

九二。輿説輹。
九二。輿、輹を説く。
きゅうじ。くるま、とこしばりをとく。

馬車から車軸を縛る紐がほどけてしまった。

九三。良馬遂。利艱貞。日閑輿衛、利有攸往。

九三。良馬遂。利艱貞。日閑輿衛、利有攸往。
九三。良馬を遂う。艱貞に利ろし。日に輿衛を閑う。往く攸有るに利ろし。
きゅうさん。りょうばをおう。かんていによろし。ひびによえいをならう。ゆくところあるによろし。

良い馬の競走。困難を自覚して、正しい道を守るがよろしい。毎日、馬車の御し方と、身の守り方とを練習しておけば、前進してよろしい。

六四。童牛之牿。元吉。

六四。童牛之牿。元吉。
六四。童牛の牿なり。元いに吉。
りくし。どうぎゅうのこくなり。おおいにきち。

仔牛の角に横木をつける。結果は大吉。

六五。豶豕之牙。吉。

六五。豶豕之牙。吉。
六五。豶豕の牙なり。吉。
りくご。ふんしのがなり。きち。

去勢された豚の牙。結果は吉。

上九。何天之衢。亨。

上九。何天之衢。亨。
上九。天の衢を何う。亨る。
じょうきゅう。てんのちまたをになう。とおる。

これは何か、これは天の十字路である。願いごとは通る。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました