3.水雷屯 ䷂

易経
この記事は約3分で読めます。

水雷屯(すいらいちゅん) 芽ばえ、盈ちる、生みの困難

屯。元亨利貞。勿用有攸往。利建侯。
屯は、元いに亨る。貞しきに利ろし。往く攸あるに用いる勿れ。侯を建つるに利ろし。
ちゅんは、おおいにとおる。ただしきによろし。ゆくところあるにもちいるなかれ。こうをたつるによろし。

願いごとは大いに通る。正しい道を持続するのが良い。危険な時であるから、どこかへ行こうとしてはならない。諸侯を建てて自分の補佐とするのが良い。

初九。磐桓。利居貞。利建侯。

初九。磐桓。利居貞。利建侯。
初九。磐桓たり。貞に居るに利ろし。侯を建つるに利ろし。
しょきゅう。ばんかんたり。ていにおるによろし。こうをたつるによろし。

躊躇して進めない。ひたすら正しい場所にじっとしているのがよろしい。助けになる諸侯を建てるがよろしい。

六二。屯如。邅如。乗馬斑如。匪寇婚媾。女子貞不字。十年乃字。 

六二。屯如。邅如。乗馬斑如。匪寇婚媾。女子貞不字。十年乃字。 
六二。屯如たり、邅如たり、馬に乗りて斑如たり。寇するに匪ず、婚媾せんとす。女子貞にして字せず、十年にしてすなわち字す。
りくじ。ちゅんじょたり、てんじょたり、うまにのりてはんじょたり。あだするにあらず、こんこうせんとす。じょしていにしてあざなせず、じゅうねんにしてすなわちあざなす。

行き悩み、堂々巡りし、馬に乗ることは乗っても、落馬して進めないであろう。仇する者がなければ結婚するであろう。この娘は貞節で、仇する男の子供を孕むことはない。十年経って始めて妊娠する。

六三。即鹿无虞。惟入于林中。君子幾不如舎。往吝。

六三。即鹿无虞。惟入于林中。君子幾不如舎。往吝。 
六三。鹿に即くに虞无く、ただ林中に入る。君子は幾をみて舎むに如かず。往けば吝。
りくさん。しかにつくにぐなく、ただりんちゅうにいる。くんしきざしをみてやむにしかず。ゆけばりん。

鹿を追うのに道案内がいない。そのまま追いかければ、林の中に迷い込むのが落ちである。君子は難儀の兆しを見て、その鹿を放っておくにしくはない。あくまでも追って行けば、恥をかく。

六四。乗馬班如。求婚媾往吉。无不利。

六四。乗馬班如。求婚媾往吉。无不利。
六四。馬に乗りて班如たり、婚媾を求めて往けば、吉にして利ろしからざる无し。
りくし。うまにのりてはんじょたり、こんこうをもとめてゆけば、きちにしてよろしからざるなし。

馬に乗ったものの落馬して進めない。結婚相手を求めているのだ。相手が見つかって、前進すれば吉。何事にも理がある。

九五。屯其膏。小貞吉。大貞凶。

九五。屯其膏。小貞吉。大貞凶。
九五。其の膏を屯らす。小貞なれば吉、大貞なれば凶。
きゅうご。そのあぶらをとどこおらす。しょうていなればきち、だいていなればきょう。

恩沢をとどめて降ろさない。少しずつ正せば吉。急激に正せば凶。

上六。乗馬班如。泣血漣如。

上六。乗馬班如。泣血漣如。
上六。馬に乗りて班如たり、泣血漣如たり。
じょうりく。うまにのりてはんじょたり。きゅうけつれんじょたり。

馬に乗ったものの、すぐ落馬して進めない。血の涙がはらはら流れる。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました