29.坎為水(かんいすい) ䷜

易経
この記事は約3分で読めます。

坎為水(かんいすい) おとし穴、重なる険難

序卦伝

物不可以終過。故受之以坎。坎者陷也。
物は以て終に過ぐべからず。故にこれを受くるに坎を以てす。坎とは陥なり。
ものはもってついにすぐべからず。ゆえにこれをうくるにかんをもってす。かんとはあななり。

物は最後まで行き過ぎることはできない。だから、坎の卦が大過の卦の次にくる。坎とは、落とし穴である。

習坎、有孚。維心亨。行有尚。

習坎、有孚。維心亨。行有尚。
習坎は、孚有り。維れ心亨る。行けば尚ばるること有り。 
しゅうかんは、まことあり。これこころとおる。ゆきてたっとばるることあり。

心に誠がある。だから、真心が通じるであろう。ひたすら前進すれば、人に誉められるような手柄をあげるであろう。

彖曰、習坎、重險也。水流而不盈、行險而不失其信。維心亨、乃以剛中也。行有尚、往有功也。天險不可升也。地險山川丘陵也。王公設險、以守其國。険之時用大矣哉。
彖に曰く、習坎は重険なり。水は流れて盈たず。険に行きて其の信を失わず。維れ、心亨る。乃ち剛中を以てなり。行けば尚ぶこと有り。往くときは功有るなり。天の険は升る可からざるなり。地の険は山川・丘陵なり。王公は険を設けて以て其の国を守る。険の時用、大なるかな。
たんにいわく、しゅうかんはちょうけんなり。みずながれてみたず。けんにゆきてそのしんをうしなわず。これ、こころとおる。すなわちごうちゅうをもってなり。ゆけばたっとぶことあり。ゆくときはこうあるなり。てんのけんはのぼるべからざるなり。ちのけんはさんせん・きゅうりょうなり。おうこうはけんをもうけてもってそのくにをまもる。けんのじよう、だいなるかな。

初六。習坎、入于坎萏。凶。

初六。習坎、入于坎萏。凶。
初六。坎を習ねて、坎萏に入る。凶。
しょりく。かんをかさねて、かんたんにいる。きょう。

落とし穴が重なっている、しかもその落とし穴のさらに深いところに落ち込んでいる。結果は凶。

九二。坎有險。求小得。

九二。坎有險。求小得。
九二。坎にして険有り。求めて小しく得。
きゅうじ。かんにしてけんあり。もとめてすこしくう。

落とし穴の中に危険がある。求めるものを少しは得られるであろう。

六三。來之坎坎。險且枕。入于坎萏。勿用。

六三。來之坎坎。險且枕。入于坎萏。勿用。
六三。来るも之くも坎坎たり。険にして且つ枕す。坎萏に入る。用うる勿れ。
りくさん。きたるもゆくもかんかんたり。けんにしてかつまくらす。かんたんにいる。もちうるなかれ。

下がるにせよ、上がるにせよ、どちらを向いても落とし穴がある。危ない姿勢で穴の縁に寄りかかっている。ますます穴の深みにはまるであろう。行動してはいけない。

六四。樽酒簋貳、用缶。納約自牖。終无咎。

六四。樽酒簋貳、用缶。納約自牖。終无咎。
六四。樽酒簋貳、缶を用う。約を納るるに牖よりす。終に咎无し。
りくし。そんしゅきじ、ほとぎをもちう。やくをいるるにまどよりす。ついにとがなし。

ひと樽の酒、二つの竹の皿に盛った穀物。しかも食器には飾りのない素焼きの壺を用いる。この質素倹約な品物を贈り物として窓から差し入れる。こういう態度でおれば、ついに咎はないであろう。

九五。坎不盈。祇既平、无咎。

九五。坎不盈。祇既平、无咎。
九五。坎盈たず。既に平らかなるに祇らば、咎无し。
きゅうご。あなみたず。すでにたいらかなるにいたらば、とがなし。

まだ穴に水が満ち溢れていないけれども、水が満ちて穴の縁と平らかになる所まで水位が上がる。そうなれば、咎はないであろう。

上六。係用徽纆、寘于叢棘。三歳不得。凶。

上六。係用徽纆、寘于叢棘。三歳不得。凶。
上六。係ぐに徽纆を用い、叢棘に寘く。三歳まで得ず。凶。
じょうりく。つなぐにきぼくをもちい、そうきょくにおく。さんさいまでえず。きょう。

縄で縛られ、いばらの草むらに放置される。三年間、いばらの中から出られない。結果は凶。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました