47.沢水困(たくすいこん) ䷮

易経
この記事は約4分で読めます。

沢水困(たくすいこん) くるしむ

序卦伝

升而不已必困。故受之以困。
升って已まざれば、必ず困しむ。故にこれを受くるに困を以てす。
のぼってやまざれば、かならずくるしむ。ゆえにこれをうくるにこんをもってす。

昇ろう昇ろうとして止むことがなければ、必ず苦しむことがあるであろう。だから、升の卦の後を受けるのに、困という卦をもってする。

困、亨。貞、大人吉无咎。有言不信。

困、亨。貞、大人吉无咎。有言不信。
困は、亨る。貞し、大人は吉にして咎无し。言うこと有るも信ぜられず。
こんは、とおる。ただしいたいじんはきちにしてとがなし。いうことあるもしんぜられず。

困窮するが、自分の理想を貫くがよい。理想は通る。それが正しい道である。占う人が大人であれば結果は吉。咎はない。ただし、困窮する時にあって、言い訳をしっても人は信じないであろう。

彖曰、困、剛揜也。險以説。困而不失其所亨、其唯君子乎。貞、大人吉、以剛中也。有言不信、尚口乃窮也。
彖に曰く、困は剛揜わるるなり。険以て説ぶ。困しみて其の亨る所を失わざるは、其れ唯だ君子か。貞し、大人は吉なり。剛中を以てなり。言うこと有るも信ぜられず。口を尚べば乃ち窮するなり。
たんにいわく、こんはごうおおわるるなり。けんもってよろここぶ。くるしみてそのとおるところをうしなわざるは、それただくんしか。ただし、たいじんはきちなり。ごうちゅうをもってなり。いうことあるもしんぜられず。くちをたっとべばすなわちきゅうするなり。

初六。臀困于株木。入于幽谷、三歳不覿。

初六。臀困于株木。入于幽谷、三歳不覿。
初六。臀株木に困しむ。幽谷に入りて、三歳まで覿ず。
しょりく。しりしゅぼくにくるしむ。ゆうこくにいりて、さんさいまであわず。

尻が木の切り株に苦しむ。深い谷に入る。三年間日の目を見ない。

九二。困于酒食。朱紱方來。利用亨祀。往凶。无咎。

九二。困于酒食。朱紱方來。利用亨祀。往凶。无咎。
九二。酒食に困しむ。朱紱方に来らんとす。用て亨祀するに利ろし。征けば凶。咎むる无し。
きゅうじ。しゅしにくるしむ。しゅふつまさにきたらんとす。もってきょうしするによろし。ゆけばきょう。とがむるなし。

酒と飯に苦しむ。ところがそこへ、高い身分を意味する朱色の膝掛けが、向こうから今まさにやってくる。この卦が出れば、お祭りをするのによろしい。前進すれば今日。今日に陥っても、誰を咎めることもできない。

六三。困于石。據于蒺藜。入于其宮、不見其妻。凶。

六三。困于石。據于蒺藜。入于其宮、不見其妻。凶。
六三。石に困しみ、蒺藜に拠る。其の宮に入りて、其の妻を見ず。凶。
りくさん。いしにくるしみ、しつりによる。そのきゅうにいりて、そのつまをみず。きょう。

前には石がごろごろして、尻の下にはイバラがある。我が家に帰ってみれば、妻はいない。凶。

九四。來徐徐。困于金車、吝有終。

九四。來徐徐。困于金車、吝有終。
九四。来ること徐徐たり。金車に困しむ。吝なれども終り有り。
きゅうし。くることじょじょたり。きんしゃにくるしむ。りんなれどもおわりあり。

自分の対応する相手のところ下りて以降として、遅疑逡巡する。下りて行こうとしても、途中で黄金造りの車に阻まれる。遅疑することは恥ずべきことである。ただし、結果的には有終の美を遂げることができるであろう。

九五。劓刖。困于赤紱。乃徐有説。利用祭祀。

九五。劓刖。困于赤紱。乃徐有説。利用祭祀。
九五。劓り刖る。赤紱に困しむ。乃ち徐ろに説び有り。用て祭祀するに利ろし。
きゅうご。はなきりあしきる。せきふつにくるしむ。すなわちおもむろによろこびあり。もってさいしするによろし。

鼻斬りの刑に処せられ、足斬りの刑に処せられる。赤い前垂れが押し寄せてくるのに苦しむ。つまり困窮の時ではあるが、ようやく喜びがある。この卦が出たら、祭りをするのによろしい。

上六。困于葛藟臲卼。曰動悔。有悔往吉。

上六。困于葛藟臲卼。曰動悔。有悔往吉。
上六。葛藟に臲卼に困しむ。曰く動けば悔ゆと。悔ゆること有りて征けば吉。
じょうりく。かつるいにげつごつにくるしむ。いわくうごけばくゆと。くゆることありてゆけばきち。

クズカズラにぐらぐらした危ない足場に行き悩む。ここでもし、「へたに動けば後悔があるぞ」と自らに言い聞かせ、よく悔い改めるときは、前進して吉。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました