学びの葉

学びの葉

ネッカーの立方体

ネッカーの立方体は、スイスのルイス・アルバート・ネッカーにより1832年に考案された、錯視の立方体です。ネッカーの立方体では、立方体を構成する2つの辺が見た目の上で交わるとき、その方向に関する視覚的な手がかりがないため、左下または右上の正...
学びの葉

中断したことに関する効果(ツァイガルニク効果・オヴシアンキーナー効果)

ツァイガルニク効果 未完で中断したことは完成したものよりよく覚えている現象ソビエトの心理学者BlumaZeigarnikにちなんで名付けられたツァイガルニク効果は、心理学では、中断された活動がより容易に思い出される可能性があるときに...
学びの葉

知識創造・知識実践 SECIスパイラル 超まとめ

SECIモデル とは SECIモデルとは、野中郁次郎教授(一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授)が提唱した、知識創造活動に注目した、ナレッジ・マネジメントのフレームワークです。 『ワイズカンパニー』の新しいSECIモデルでは、これを...
学びの葉

アブラハム・マズロー Abraham Maslow 超まとめ[2020/10/3更新]

アブラハム・マズローについて調べようと思ったきっかけ インテグラル理論の段階について、整理していたときに、併記されていたのが、よく知られているマズローの欲求段階でした。よく知られているピラミッドの図ですが、この図をマズロー自身が書い...
学びの葉

コロナの時代の僕ら

コロナ時代の僕ら パオロ・ジョルダーノ 2020年2月29日から3月4日のコロナウイルスが感染拡大するイタリア、ローマ。 200万部のベストセラーと物理学博士号をもつ小説家、パオロ・ジョルダーノが、予定外の空白の時間の中で、感染症が...
タイトルとURLをコピーしました