学びの葉

学びの葉

H2Hキャンバス

H2Hキャンバス H2Hキャンバスは、H2Hプロセスの各段階を実現するための実践的な指針をマーケターに提供している。従来型のビジネスモデルキャンバスに手を加え、どの段階から始めてもプロセスの知見や方向性を可視化できるようになっている...
学びの葉

新聞・雑誌 書評

読売新聞「本よみうり堂」 「本よみうり堂」は毎週日曜日朝刊に掲載しています。 朝日新聞読書面 朝日新聞読書面は毎週土曜日朝刊に掲載しています。 毎日新聞「今週の本棚」 「今週の本棚」は毎週土曜...
学びの葉

環境クズネッツ曲線

環境クズネッツ曲線 環境クズネッツ曲線(EKC)とは、環境の質と経済発展の関係を仮定したもので、近代的な経済成長が起こると、発展の過程で平均所得がある一定の水準に達するまで、環境悪化の様々な指標が悪化する傾向があるというもの...
学びの葉

ダーウィンが言わなかった6つのこと

ケンブリッジ大学のウェブサイト Darwinプロジェクトで、「ダーウィンが言わなかった6つのこと」がまとめられています。 ダーウィンが言わなかった6つのこと 生き残るのは、種の中で最も強い者でも、最も知的な者でもない。変化に最...
学びの葉

幸せと不幸 菜根譚

幸せと不幸何が幸せかといって、平穏無事より幸せなことはなく、何が不幸かといって、欲求過多より不幸なことはない。しかし、あくせく苦労してこそ、初めて平穏無事の幸せなことがわかり、心を落ち着けてこそ、初めて欲求過多の不幸なことが理解できるので...
学びの葉

本当の幸福 中村天風

本当の幸福というのは、人生がより良く生きられる状態に自分ですることなんです。自分でしないで、他からしてくれることを待ってる限りこやしないよ。自分の現在の生活に自分の心がまず満足しなきゃいけないんだよ。それが生命を高くし、程度を上にした考え...
学びの葉

中断したことに関する効果(ツァイガルニク効果・オヴシアンキーナー効果)

ツァイガルニク効果 未完で中断したことは完成したものよりよく覚えている現象ソビエトの心理学者BlumaZeigarnikにちなんで名付けられたツァイガルニク効果は、心理学では、中断された活動がより容易に思い出される可能性があるときに...
学びの葉

ダニング゠クルーガー効果

ダニング=クルーガー効果(Dunning–Kruger effect)とは、ある課題において能力の低い人が自分の能力を過大評価するという仮説的な認知バイアスである。 社会心理学者のデビッド・ダニングとジャスティン・クルーガーが説明し...
学びの葉

ネッカーの立方体

ネッカーの立方体は、スイスのルイス・アルバート・ネッカーにより1832年に考案された、錯視の立方体です。ネッカーの立方体では、立方体を構成する2つの辺が見た目の上で交わるとき、その方向に関する視覚的な手がかりがないため、左下または右上の正...
学びの葉

アブラハム・マズロー Abraham Maslow 超まとめ[2020/10/3更新]

アブラハム・マズローについて調べようと思ったきっかけ インテグラル理論の段階について、整理していたときに、併記されていたのが、よく知られているマズローの欲求段階でした。よく知られているピラミッドの図ですが、この図をマズロー自身が書い...
タイトルとURLをコピーしました