6.天水訟(てんすいしょう) ䷅

易経
この記事は約6分で読めます。

天水訟(てんすいしょう) 争い、争論、訴訟

序卦伝

飲食必有訟。故受之以訟。
飲食には必ず訟えあり。故にこれを受くるに訟を以てす。
いんしょくにはかならずうったえあり。ゆえにこれをうくるにしょうをもってす。

飲食には必ず争いがつきまとう。だから、飲食を意味する需の卦の後に訟の卦が続く。

訟、有孚窒。惕中吉。終凶。利見大人。不利渉大川。

訟、有孚窒。惕中吉。終凶。利見大人。不利渉大川。
訟は、孚あれど窒がる。惕れて中すれば吉、終うれば凶。大人を見るに利ろし。大川を渉るには利ろしからず。
しょうは、まことあれどふさがる。おそれてちゅうすればきち、おうればきょう。たいじんをみるによろし。たいせんをわたるにはよろしからず。

訴訟というものは、内に誠がなければならない。しかしながら、訴訟というものは、とかくすんなりとは行かない。そこで心に恐れねばならない。内心にまことがあれば吉である。あくまでも争って止まないなら凶である。訴訟をよく聞いてくれる偉大な人に会えれば利益があるであろう。冒険をしてはいけない。

彖曰、訟上剛下険。険而健訟。訟有孚窒、惕中吉、剛來而得中也。終凶、訟不可成也。利見大人、尚中正也。不利渉大川、入于淵也。
彖に曰く、訟は、上剛にして下険なり。険にして健なるは、訟。「訟は孚有れど窒がる。惕れて中すれば吉」とは、剛来りて中を得るなり。「終うれば凶」とは、訟は成す可からざるなり。「大人を見るに利ろし」とは、中正を尚ぶなり。「大川を渉るには利ろしからず」とは、淵に入るなり。
たんにいわく、しょうは、かみごうにしてしもけんなり。けんにしてけんなるは、しょう。「しょうは、まことあれどふさがる。おそれてちゅうすればきち」とはごうきたりてちゅうをえるなり。「おうればきょう」とは、しょうはなすべからざるなり。「たいじんをみるによろし」とは、ちゅうせいをたっとぶなり。「たいせんをわたるによろしからず」とは、ふちにいるなり。

彖伝によると、訟の卦は、上が剛で、下が険である。内が険で外が健であるのが、訟になる。「訟は孚有れど窒がる。惕れて中すれば吉」とは、陽爻(九二)という強いものが外からやってきて、下半分の真ん中にいることによる。「終うれば凶」とは、訴訟は最後までやり遂げようとしてはならないということである。「大人を見るに利ろし」とは、九五の中正な点を高く評価するからである。「大川を渉るには利ろしからず」とは、危険をおかすと深みにはまるということ。

象伝

象曰、天與水違行。訟君子以作事謀始。
象に曰く、天と水の違い行くは訟なり。君子以て事を作すには始めを謀る。
しょうにいわく、てんとすいとたがいゆくはしょうなり。くんしもってことをなすにははじめをはかる。

上卦は天、下卦は水である。天は上ろうとし、水は下ろうとする。両者反対方向に行こうとするから、争訟が起こる。君子は、物事をなす場合にはその初めを慎重に考える。

天水訟

初六。不永所事。小有言。終吉

初六。不永所事。小有言。終吉。
初六。事とするところを永くせず。小しく言有るも、終には吉。
しょりく。こととするところをながくせず。すこしくことあるも、ついにはきち。

訴訟事件を長く引き伸ばさない。多少物言いはつくが、最後は吉であろう。

象伝

象曰、不永所事、訟不可長也。雖小有言、其辯明也。
象に曰く、事とするところを永くせずとは、訟は長くすべからざるなり。小しく言うことありといえども、その弁明らかなり。
しょうにいわく、こととするところをながくせずとは、しょうはながくすべからざるなり。すこしくものいうことありといえども、そのべんあきらかなり。

初は陰爻、柔であり最下位におる。争訟を押し切るだけの力はない。「事とするところを永くせず」とは、争訟は長引かせてはいけないということ。多少の物言いはあってもその弁解は明白である。

九二。不克訟。帰而逋。其邑人三百戸。无眚。

九二。不克訟。帰而逋。其邑人三百戸。无眚。
九二。訟を克くせず。帰りて逋る。その邑人三百戸は、眚い无し。
きゅうじ。うったえをよくせず、かえりてのがる。そのゆうじんさんびゃっこは、わざわいなし。

訴訟に負けて、自分の領地に逃げ帰る。その領地はわずか三百戸である。そのように逃げ帰れば、咎はない。

象伝

象曰、不克訟、歸逋竄也。自下訟上、患至掇也。
象に曰く、訟に克たず、帰りて逋れ竄るるなり。下より上を訟う、患いの至るは掇れるなり。
しょうにいわく、しょうにかたずかえりてのがれかくるるなり。しもよりかみをうったう、うれいのいたるはとれるなり。

九二は剛爻だが、柔の位にいて、二の地位は低い。五にかなわない。だから訴訟に勝てないで、引き下がって逃げ隠れる。下の者から上の者を訴えた場合、わざわいがふりかるのは当然で、自分が招いたにひとしい。

六三。食旧徳。貞厲終吉。或従王事无成。

六三。食旧徳。貞厲終吉。或従王事无成。
六三。旧徳に食む。貞なれば厲けれども終に吉。あるいは王事に従うとも、成すこと无し。
りくさん。きゅうとくにはむ。ていなればあやうけれどもついにきち。あるいはおうじにしたがうとも、なすことなし。

先祖代々の禄によって食べている。これが正しい。その地位は危ういけれど、最後には吉であろう。時によって王様の仕事に従うことがある。しかしながら、自分自身の成功はない。

象伝

象曰、食舊徳、從上吉也。
象に曰く、旧徳に食む、上に従えば吉なり。
しょうにいわく、きゅうとくにはむ、かみにしたがえばきちなり。

六三は柔、自分から人を訴えたりできる者ではない。先祖の恩による領地だけで食ってゆくことに満足し、目上の人についてゆけば吉。

九四。不克訟。復即命、渝安貞。吉。

九四。不克訟。復即命、渝安貞。吉。
九四。訟を克くせず。復って命に即き、渝りて貞に安ずれば吉。
きゅうし。うったえをよくせず。かえってめいにつき、かわりてていにやすんずればきち。

訴訟に勝てない。自分の本心に立ち返り、正しい道理に付き従い、態度を変えて、平安で正しい態度を取れば、結果は吉となる。

象伝

象曰、復即命、渝安貞、不失也。
象に曰く、訟に克たず。復って命に即き、渝りて貞に安んずとは、失せざるなり。
しょうにいわく、しょうにかたず。かえってめいにつき、かわりてていにやすんずとはしっせざるなり。

九四は剛であるが、中庸を得ていない。訴訟を起こす可能性がある。しかし柔位だけに、訴訟に勝てない。引き返して正しい道理に就き、変わった気持ちで、貞に安んずるという可能性もある。そのようであれば過失はない。

九五。訟、元吉。

九五。訟、元吉。
九五。訟え、元いに吉。
きゅうご。うったえ、おおいにきち。

九五によって裁きをなされれば、その訴訟は筋が通っていて、結果は大吉である。

象伝

象曰、訟元吉。以中正也。
象に曰く、訟え、元いに吉とは中正を以てなり。
しょうにいわく、うったえおおいにきちとは、ちゅうせいをもってなり。

九五は剛であって中正、至尊の位におる。訴訟を裁くのに最も公正な人である。中であるから両人の言い分を聞き、正であるから判断は理にかなう。結果は大吉。

上九。或錫之鞶帯。終朝三褫之。

上九。或錫之鞶帯。終朝三褫之。
上九。あるいは之に鞶帯を錫わるも、終朝に三たび之を褫わる。
じょうきゅう。あるいはこれにはんたいをたまわるも、しゅうちょうにみたびこれをうばわる。

時によると訴訟に勝って、革のベルトを賜ることがあるかもしれない。しかし、朝のまつりごとが終わるまでに三回それを取り上げられるであろう。

象伝

象曰、以訟受服、亦不足敬也。
象に曰く、訟を以て服を受く、また敬するに足らざるなり。
しょうにいわく、しょうをもってふくをうく、またけいするにたらざるなり。

上九は剛なる性質で、争訟の極点におる。強引に訴訟を押し切って勝つことができる。しかし訴訟でもって服をもらうということは、ほめられたことでない。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました