48.水風井(すいふうせい) ䷯

易経
この記事は約3分で読めます。

水風井(すいふうせい) 井戸、賢人を養う

序卦伝

困乎上者必反下。故受之以井。
上に困しむ者は必ず下に反る。故にこれを受くるに井を以てす。
うえにくるしむものはかならずしたにかえる。ゆえにこれをうくるにせいをもってす。

上に上りつめて苦しむ者は、必ず下に返らねばならない。だから、困の卦の後を受けるのに、井という卦をもってする。

井、改邑不改井。无喪无得。往來井井。汔至。至亦未繘井、羸其瓶、凶。

井、改邑不改井。无喪无得。往來井井。汔至。至亦未繘井、羸其瓶、凶。
井は、邑を改めても井を改めず。喪う无く得る无し。往来井を井とす。汔んど至るも、亦未だ井に繘せず。其の瓶を羸る。凶。
せいは、ゆうをあらためてせいをあらためず。うしなうなくうるなし。おうらいせいをせいとす。ほとんどいたるも、またいまだせいにつりいとせず。そのつるべをやぶる。きょうなり。

村の区画は改まっても、村の中心にある井戸は変わらない。汲んでも汲まなくても、減りもしない、増えもしない。常にこんこんと一定の水準を保っている。人が汲みに来て去るけれども、水の清さは変わらない。

彖曰、巽乎水而上水井。井養而不窮也。改邑不改井、乃以剛中也。汔至亦未繘井、未有功也。羸其瓶。是以凶也。
彖に曰く、水に巽りて水を上ぐるは井なり。井は養いて窮まらざるなり。邑を改めて井を改めざるは、乃ち剛中なるを以てなり。汔んど至るも、亦未だ井に繘せず。未だ功有らざるなり。其の瓶を羸る。是を以て凶なり。
たんにいわく、みずにいりてみずをあぐるはせいなり。せいはやしないてきわまらざるなり。ゆうをあらためてせいをあらためざるは、すなわちごうちゅうをもってなり。ほとんどいたるも、またいまだせいにつりいとせず。いまだこうあらざるなり。そのつるべをやぶる。ここをもってきょうなり。

初六。井泥不食、舊井无禽。

初六。井泥不食、舊井无禽。
初六。井泥して食われず。旧井に禽无し。
しょりく。せいでいしてくらわれず。きゅうせいにきんなし。

井戸の底が泥で濁って飲めない。古い井戸には、鳥も水を飲みに下りてこない。

九二。井谷射鮒。甕敝漏。

九二。井谷射鮒。甕敝漏。
九二。井谷鮒に射ぐ。甕敝れて漏る。
きゅうじ。せいこくふなにそそぐ。かめやぶれてもる。

谷川の水に鮒に注ぐ。かめが割れて水が漏れる。

九三。井渫不食。爲我心惻。可用汲。王明竝受其福。

九三。井渫不食。爲我心惻。可用汲。王明竝受其福。
九三。井渫えども食われず。我が心の惻みを爲す。用て汲む可し。王明らかなれば、並にその福を受く。
きゅうさん。せいさらえどもくらわれず。わがこころのいたみをなす。もってくむべし。おうあきらかなれば、ともにそのふくをうく。

井戸の水がさらえられて澄んだのに、誰も飲んではくれない。だからわたしの心の痛みとなる。せっかく汲んで飲める水になったのに。上に立つ王様が賢明ならば、上下ともにその福を受けるであろうに。

六四。井甃。无咎。

六四。井甃。无咎。
六四。井甃す。咎无し。
りくし。せいいしだたみす。とがなし。

井戸の壁が修繕された。咎はない。

九五。井冽、寒泉食。

九五。井冽、寒泉食。
九五。井冽くして、寒泉食わる。
きゅうご。せいきよくして、かんせんくらわる。

井戸の水が甘く清く、冷たい地下水がこんこんと湧き出て飲める。

上六。井収勿幕。有孚元吉。

上六。井収勿幕。有孚元吉。
上六。井収みて幕うこと勿れ。孚有り元いに吉。
じょうりく。せいくみておおうことなかれ。まことありおおいにきち。

井戸の水を汲み取っても、その後覆いをしてはいけない。井戸の用途が不変であるならば、結果は大吉。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました