33.天山遯(てんざんとん) ䷠

易経
この記事は約3分で読めます。

天山遯(てんざんとん) 退避、隠遁

序卦伝

物不可以久居其所。故受之以遯。遯者退也。
物は以て久しくその所に居るべからず。故にこれを受くるに遯を以てす。遯とは退くなり。
ものはもってひさしくそのところにおるべからず。ゆえにこれをうくるにとんをもってす。とんとはしりずくなり。

物はいつまでもその場所にいることはできない。だから、恒の卦の後に遯の卦がくる。遯とは退くという意味である。

遯、亨。小利貞。

遯、亨。小利貞。
遯は、亨る。小貞に利ろし。 
とんは、とおる。しょうていによろし。

願いごとは通るであろう。大事業には向かないけれども、小さく消極的に正義を守るにはよろしい。

彖曰、遯亨、遯而亨也。剛當位而應、與時行也。小利貞、浸而長也。遯之時義、大矣哉。
彖に曰く、遯は亨る。遯きて亨るなり。剛、位に当りて応ず。時と行くなり。小貞に利ろし。浸くにして長ずるなり。遯の時義、大なるかな。
たんにいわく、とんはとおる。しりぞきてとおるなり。ごうくらいにあたりておうず。ときとゆくなり。しょうていによろし。ようやくにしてちょうずるなり。とんのじぎ、だいなるかな。

初六。遯尾。厲。勿用有攸往。

初六。遯尾。厲。勿用有攸往。
初六。遯の尾なり。厲うし。往く攸有るに用うる勿れ。
しょりく。とんのびなり。あやうし。ゆくところあるにもちうるなかれ。

退くについて、一番尻尾になってしまった。これは危うい。前進しようとしてはいけない。

六二。執之用黄牛之革。莫之勝説。

六二。執之用黄牛之革。莫之勝説。
六二。これを執るに黄牛の革を用う。これを説くに勝うる莫し。
りくじ。これをとるにこうぎゅうのかわをもちう。これをとくにたうるなし。

黄色い牛のなめし革でもって繋ぎとめる。その固さはたとえようもない。

九三。係遯。有疾厲。畜臣妾吉。

九三。係遯。有疾厲。畜臣妾吉。
九三。遯に係がる。疾有り。厲うし。臣妾を畜うには吉。
きゅうさん。とんにつながる。やまいあり。あやうし。しんしょうをやしなうにはきち。

逃れようとして後ろ髪をひかれる。病気があり、危ない。召使いを養うには吉であろう。

九四。好遯。君子吉、小人否。

九四。好遯。君子吉、小人否。
九四。好めども遯る。君子は吉、小人は否らず。
きゅうし。このめどものがる。くんしはきち、しょうじんはしからず。

愛するものがありながら逃れる、心を鬼にして隠遁する。占う人が君子ならば吉。小人ならば結果はよくない。

九五。嘉遯。貞吉。

九五。嘉遯。貞吉。
九五。嘉く遯る。貞して吉。
きゅうご。よくのがる。ただしくてきち。

めでたい隠遁ぶり。正しくて吉である。

上九。肥遯。无不利。

上九。肥遯。无不利。
上九。肥かに遯る。利ろしからざる无し。
じょうきゅう。ゆたかにのがる。よろしからざるなし。

余裕綽々たる隠遁。何の不利もない。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました