5.水天需 ䷄

易経
この記事は約2分で読めます。

水天需(すいてんじゅ) 待つ、躊躇、期待

需、有孚。光亨。貞吉。利渉大川。
需は、孚有り。光いに亨る。貞なれば吉。大川を渉るに利ろし。
じゅは、まことあり。おおいにとおる、ていなればきち。たいせんをわたるによろし。

占う人に誠があれば、願いごとは大いに通るであろう。卦全体の徳は正しく、結果は吉である。冒険をしてもよろしい。

初九。需于郊。利用恒。无咎。

初九。需于郊。利用恒。无咎。
初九。郊に需つ。恒を用うるのに利ろし。咎无し。
しょきゅう。こうにまつ。つねをもちうるによろし。とがなし。

郊外で待っている状態。自分の常の行いを守るのに理がある—まだ冒険はできない。そのようにすれば、咎はないであろう。

九二。需于沙。小有言、終吉。

九二。需于沙。小有言、終吉。
九二。沙に需つ。小しくあれど、終には吉。
きゅうじ。すなにまつ。すこしくことあれど、ついにはきち。

川縁の砂浜では待っている。少し人から物言いがつく。しかし、最後には良い結果が得られるであろう。

九三。需于泥。致寇至。

九三。需于泥。致寇至。
九三。泥に需つ。寇の至るを致す。
きゅうさん。でいにまつ。あだのいたるをいたす。

泥の中でじっとしている形である。敵が攻めて来る結果になるであろう。

六四。需于血。出自穴。

六四。需于血。出自穴。
六四。血に需つ。穴より出づ。
りくし。ちにまつ。あなよりいづ。

もはや危険の中に足を踏み入れて—血だまりの中で立ち止まる。安全な隠れ家から出てしまった。

九五。需于酒食。貞吉。

九五。需于酒食。貞吉。
九五。酒食に需つ。貞なれば吉。
きゅうご。しゅしにまつ。ていなればきち。

酒と飯を楽しみながら、時を待っている。自分自身の心が正しく、結果も吉。

上六。入于穴。有不速之客三人来。敬之終吉。

上六。入于穴。有不速之客三人来。敬之終吉。
上六。穴に入る。速かざる客三人来る有り。これを敬すれば終に吉。
じょうりく。あなにいる。まねかざるきゃくさんにんきたるあり。これをけいすればついにはきち。

自分の隠れ家に潜り込む。招いてもいない客が三人やって来るであろう。この客に敬意を払うならば、結果は良かろう。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました