5.水天需(すいてんじゅ) ䷄

易経
この記事は約6分で読めます。

水天需(すいてんじゅ) 待つ、躊躇、期待

序卦伝

物穉不可不養也。故受之以需。需者飮食之道也。
物穉ければ養わざるべからず。故にこれを受けるに需を以てす。需とは飲食の道なり。
ものおさなければやしなわざるべからず。ゆえにこれをうくりにじゅをもってす。じゅとはいんしょくのみちなり。

幼い者は必ず養ってやらなければならない。だから、蒙の卦の後に需の卦が続く。需とは飲食の道を意味する。

需、有孚。光亨。貞吉。利渉大川。

需、有孚、光亨。貞吉。利渉大川。
需は、孚有れば光き亨る。貞なれば吉。大川を渉るに利ろし。
じゅは、まことあればかがやきとおる。ていなればきち。たいせんをわたるによろし。

占う人に誠があれば、願いごとは大いに通るであろう。卦全体の徳は正しく、結果は吉である。冒険をしてもよろしい。

彖曰、需須也。険在前也。剛健而不陥。其義不困窮矣。需有孚、光亨、貞吉、位乎天位、以正中也。利渉大川、往有功也。
彖に曰く、需は須也。険前に在るなり。剛健にして陥らず、其の義困窮せず。「需は、孚有れば光き亨る。貞なれば吉」とは、天位に位し、正中を以てなり。大川を渉るに利ろしとは、往けば功(こう)有るなり。
たんにいわく、じゅはしゅなり。けんまえにあるなり。ごうけんにしておちいらず、そのぎこんきゅうせず。「じゅ、まことあればかがやきとおる。ていなればきち」とは、てんいにくらいし、せいちゅうをもってなり。「たいせんをわたるによろし」とは、ゆけばこうあるなり。

彖伝によると、需は「待つ」という意味である。危険が前にあるから、待たねばならない。強く健やかで、時を待って、危険の中に陥らない。道理として困窮するには至らない。「需は、孚有れば光き亨る。貞なれば吉」とは、九五がその剛くまことある徳で、至高のくらいにおるからである。九五が「正」で「中」であるからである。「大川を渉るに利ろし」とは、待ってから征けば成功するということである。

象伝

象曰、雲上於天需。君子以飲食宴樂。
象に曰く、雲、天に上るは需なり。君子以て飲食宴楽す。
しょうにいわく、くも、てんにのぼるはじゅなり。くんしもっていんしょくえんらくす。

上卦は雲。下卦は天。雲が天上にあるとき、なんら為すことなく、陰陽の気の和合を待って、自然と雨になる。君子はこれにかたどって、待つべきときはひたすら飲食し安らぎ楽しんで、時の至るのを待つのがよい。

水天需

初九。需于郊。利用恒。无咎。

初九。需于郊。利用恒。无咎。
初九。郊に需つ。恒を用うるのに利ろし。咎无し。
しょきゅう。こうにまつ。つねをもちうるによろし。とがなし。

郊外で待っている状態。自分の常の行いを守るのに理がある—まだ冒険はできない。そのようにすれば、咎はないであろう。

象伝

象曰、需于郊、不犯難行也。利用恆、无咎、未失常也。
象に曰く、郊に需つは、難を犯して行かざるなり。恒を用うるに利ろし、咎なしとは、いまだ常を失わざるなり。
しょうにいわく、こうにまつは、なんをおかしてゆかざるなり。つねをもちうるによろし、とがなしとは、いまだつねをうしなわざるなり。

需つというのは、前に険があるからである。初九は上卦の険に最も遠い。だから郊で需つという。郊とは都の外、遠い場所のたとえ。また初九は陽爻、剛毅であり、その常の居場所を失わないでいることができる。占ってこの爻を得た人、このように遠くで需ち、常を守るならば、咎はない。

九二。需于沙。小有言、終吉。

九二。需于沙。小有言、終吉。
九二。沙に需つ。小しくあれど、終には吉。
きゅうじ。すなにまつ。すこしくことあれど、ついにはきち。

川縁の砂浜で待っている。少し人から物言いがつく。しかし、最後には良い結果が得られるであろう。

象伝

象曰、需于沙、衍在中也。雖小有言、以終吉也。
象に曰く、沙に需つは、衍にして中に在るなり。小しく言うことありといえども、吉を以て終るなり。
しょうにいわく、すなにまつは、ゆたかにしてちゅうにあるなり。すこしくものいうことありといえども、きちをもっておわるなり。

九二は、初九に比べて、水に近い。水に近いから沙という。ゆったりとして「中」に居て、急進しないことをいう。すこし叱言をくうことがあるが、終わりには吉。

九三。需于泥。致寇至。

九三。需于泥。致寇至。
九三。泥に需つ。寇の至るを致す。
きゅうさん。でいにまつ。あだのいたるをいたす。

泥の中でじっとしている形である。敵が攻めて来る結果になるであろう。

象伝

象曰、需于泥、災在外也。自我致寇、敬愼不敗也。
象に曰く、泥に需つは、災い外に在るなり。我より寇を致す、敬慎すれば敗れざるなり。
しょうにいわく、でいにまつは、わざわいそとにあるなり。われよりあだをいたす、けいしんすればやぶれざるなり。

九三は水に接した場所だから泥という。泥のところで待つようなもの。外卦に災いの因がある。外敵は、九三が妄進することで自ら招いた。だからよく敬み慎んで進むならば、失敗することはない。

六四。需于血。出自穴。

六四。需于血。出自穴。
六四。血に需つ。穴より出づ。
りくし。ちにまつ。あなよりいづ。

もはや危険の中に足を踏み入れて、血だまりの中で立ち止まる。やがては落とし穴から這い出ることができよう。

象伝

象曰、需于血、順以聽也。
象に曰く、血に需つは、順にして以て聴うなり。
しょうにいわく、ちにまつは、じゅんにしてもってしたがうなり。

四はすでに険のなかに入り込んだ。血だまりのなかに需ちながらも、従順に時運に従っていれば、やがて穴の中から出られる。

九五。需于酒食。貞吉。

九五。需于酒食。貞吉。
九五。酒食に需つ。貞なれば吉。
きゅうご。しゅしにまつ。ていなればきち。

酒と飯を楽しみながら、時を待っている。自分自身の心が正しく、結果も吉。

象伝

象曰、酒食貞吉、以中正也。
象に曰く、酒食の貞吉は、中正を以てなり。
しょうにいわく、しゅしのていきちは、ちゅうせいをもってなり。

九五は陽剛、「中」を得、「正」(陽爻陽位)を得て、志尊の位におる。もっとも安泰な立場。だから酒と食物を手に、安らかに時を需つ。このようにして正道を固守すれば吉である。

上六。入于穴。有不速之客三人来。敬之終吉。

上六。入于穴。有不速之客三人来。敬之終吉。
上六。穴に入る。速かざる客三人来る有り。これを敬すれば終に吉。
じょうりく。あなにいる。まねかざるきゃくさんにんきたるあり。これをけいすればついにはきち。

自分の隠れ家に潜り込む。招いてもいない客が三人やって来るであろう。この客に敬意を払うならば、結果は良かろう。

象伝

象曰、不速之客來、敬之終吉、雖不當位、未大失也。
象に曰く、速かざるの客来る、これを敬すれば終には吉とは、位に当たらずといえども、いまだ大いに失せざればなり。
しょうにいわく、まねかざるのきゃくきたる、これをけいすればついにきちとは、くらいにあたらずといえども、いまだおおいにしっせざればなり。

上六は陰爻、弱体である。それが険の極点におり、もはや需つということはない。穴におちこむだけである。上六は下の九三と「応」じている。九三はその下の二つの陽爻とともに、待ちきれないでならび進んでくる。これが招かざるの客三人である。上六は柔なので、剛が三人もおしかけてきては、追い返すことはできない。敬意をつくして応対するほかはない。そうすればこのあらあらしい客も、乱暴は働かないであろう。陰爻が偶数位にあたるから当位ではないか(朱子)。上の位は無位だから位に当たらず(王弼)。陰はひくいところにあるべきなのに、高いところにいるから、不当位だ(程氏)。

▼▼最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!▼▼
メールマガジンご登録【最幸の人生の贈り方】

朝日 一惠 【最幸の人生の贈り方】メールマガジンは、毎朝届きます。
◇────────────────◇ 
「最幸で豊かな人生を自分にもまわりにも贈ろう!」

「誰もがやりがいのある仕事で、生涯現役で働き、
みんなが豊かで幸せになる社会を創る!」  

「子どもたちがわくわくと大人になることを 楽しむ社会にする!」
◇────────────────◇  

2013年1月の発行以来一日も休むことなく配信しています。
無料で購読できます。
配信したメールから解除もできます。

易経
知恵の森
タイトルとURLをコピーしました