易経

56.火山旅(かざんりょ) ䷷

火山旅(かざんりょ) 旅に出る時 ䷷ 序卦伝 窮大者必失其居。故受之以旅。大を窮むる者は必ずその居を失う。故にこれを受くるに旅を以てす。だいをきわむるものはかならずそのきょをうしなう。ゆえにこれをうくるにりょをもってす。 ...
易経

55.雷火豊(らいかほう) ䷶

雷火豊(らいかほう) 盛大の時 ䷶ 序卦伝 得其所歸者必大。故受之以豐。豐者大也。その帰する所を得る者は必ず大いなり。故にこれを受くるに豊を以てす。豊とは大いなり。そのきするところをえるものはかならずおおいなり。ゆえにこれをう...
易経

54.雷沢帰妹(らいたくきまい) ䷵

雷沢帰妹(らいたくきまい) 結婚 ䷵ 序卦伝 進必有所歸。故受之以歸妹。進めば必ず帰する所あり。故にこれを受くるに帰妹を以てす。すすめばかならずきするところあり。ゆえにこれをうくるにきまいをもってす。 ものが進めば必ずど...
易経

53.風山漸(ふうさんぜん) ䷴

風山漸(ふうさんぜん) すすむ ䷴ 序卦伝 物不可以終止。故受之以漸。漸者進也。物は以て終に止まるべからず。故にこれを受くるに漸を以てす。漸とは進むなり。ものはもってついにとまるべからず。ゆえにこれをうくるにぜんをもってす。ぜ...
易経

52.艮為山(ごんいさん) ䷳

艮為山(ごんいさん) 止まる ䷳ 序卦伝 物不可以終動。止之。故受之以艮。艮者止也。物は以て終に動くべからず、これを止む。故にこれを受くるに艮を以てす。艮とは止まるなり。ものはもってついにうごくべからず、これをとどむ。ゆえにこ...
易経

51.震為雷(しんいらい) ䷲

震為雷(しんいらい) 地震、雷、戒懼の時 ䷲ 序卦伝 主器者莫若長子。故受之以震。震者動也。器を主どる者は長子に若くは莫し。故にこれを受くるに震を以てす。震とは動くなり。きをつかさどるものはちょうしにしくはなし。ゆえにこれをう...
易経

50.火風鼎(かふうてい) ䷱

火風鼎(かふうてい) かなえ、賢者を養う ䷱ 序卦伝 革物者莫若鼎。故受之以鼎。物を革むる者は鼎に若くは莫し。故にこれを受くるに鼎を以てす。ものをあらたむるものはかなえにしくはなし。ゆえにこれをうくるにかなえをもってす。 ...
易経

49.沢火革(たくかかく) ䷰

沢火革(たくかかく) 変革、革命 ䷰ 序卦伝 井道不可不革。故受之以革。井の道は革めざるべからず。故にこれを受くるに革を以てす。せいのみちはあらためざるべからず。ゆえにこれをうくるにかくをもってす。 井戸のあり方というも...
易経

48.水風井(すいふうせい) ䷯

水風井(すいふうせい) 井戸、賢人を養う ䷯ 序卦伝 困乎上者必反下。故受之以井。上に困しむ者は必ず下に反る。故にこれを受くるに井を以てす。うえにくるしむものはかならずしたにかえる。ゆえにこれをうくるにせいをもってす。 ...
おすすめ書籍

ほんとうの定年後 「小さな仕事」が日本社会を救う

ほんとうの定年後 「小さな仕事」が日本社会を救う坂本貴志(著)講談社 (2022/8/18) 坂本貴志 さかもと・たかし1985年生まれ。リクルートワークス研究所研究員・アナリスト。一橋大学国際公共政策大学院公共経済専攻修了。厚生労...
タイトルとURLをコピーしました