易経

46.地風升(ちふうしょう) ䷭

地風升(ちふうしょう) 上昇 ䷭ 序卦伝 聚而上者謂之升。故受之以升。聚って上る者これを升るという。故にこれを受くるに升を以てす。あつまってのぼるものこれをのぼるという。ゆえにこれをうくるにしょうをもってす。 物が集まっ...
易経

45.沢地萃(たくちすい) ䷬

沢地萃(たくちすい) 集まる ䷬ 序卦伝 物相遇而後聚。故受之以萃。萃者聚也。物相い遇って後聚まる。故にこれを受くるに萃を以てす。萃とは聚なり。ものあいあってのちあつまる。ゆえにこれをうくるにすいをもってす。すいとはしゅうなり...
おすすめ書籍

【まとめ中】リデザイン・ワーク 新しい働き方

リデザイン・ワーク 新しい働き方Redesigning Work: How to Transform Your Organisation and Make Hybrid Work for Everyoneリンダ・グラットン(著), 池村千...
易経

44.天風姤(てんぷうこう) ䷫

天風姤(てんぷうこう) 遇う ䷫ 序卦伝 決必有所遇。故受之以姤。姤者遇也。決すれば必ず遇う所あり。故にこれを受くるに姤を以てす。姤とは遇なり。けっすればかならずあうところあり。ゆえにこれをうくるにこうをもってす。こうとはぐう...
易経

43.沢天夬(たくてんかい) ䷪

沢天夬(たくてんかい) おしきる、決断 ䷪ 序卦伝 益而不已必決。故受之以夬。夬者決也。益して已まざれば、必ず決す。故にこれを受くるに夬を之てす。夬とは決なり。ましてやまざれば、かならずけっす。ゆえにこれをうくるにかいをもって...
森の地図

春夏秋冬理論

春夏秋冬理論とは 「春夏秋冬理論」とは、経営学で使われる「成長カーブ」と東洋、西洋の占星学の出会いによって生まれた、ライフサイクル理論です。 「自然に春夏秋冬という季節があるように 人生にも春夏秋冬という季節がある」 4...
おすすめ書籍

【まとめ中】ユーモアは最強の武器である: スタンフォード大学ビジネススクール人気講義

ユーモアは最強の武器である: スタンフォード大学ビジネススクール人気講義Humor, Seriously: Why Humor Is a Secret Weapon in Business and Lifeジェニファー・アーカー(著), ...
易経

42.風雷益(ふうらいえき) ䷩

風雷益(ふうらいえき) ふやす ䷩ 序卦伝 損而不已必益。故受之以益。損らして已まざれば、必ず益す。故にこれを受くるに益を以てす。へらしてやまざれば、かならずます。ゆえにこれをうくるにえきをもってす。 減らして止まなけれ...
易経

41.山沢損(さんたくそん) ䷨

山沢損(さんたくそん) へらす ䷨ 序卦伝 緩必有所失。故受之以損。緩めれば必ず失うところあり。故にこれを受くるに損を以てす。ゆるめればかなずうしなうところあり。ゆえにこれをうくるにそんをもってす。 物事が緩めば必ず何か...
易経

40.雷水解(らいすいかい) ䷧

雷水解(らいすいかい) 困難が解ける ䷧ 序卦伝 物不可以終難。故受之以解。解者緩也。物は以て終に難かるべからず。故にこれを受くるに解を以てす。解とは緩なり。ものはもってついにかたかるべからず。ゆえにこれをうくるにかいをもって...
タイトルとURLをコピーしました