易経

易経

11.地天泰(ちてんたい) ䷊

地天泰(ちてんたい) 通ずる、泰平の時 ䷊ 序卦伝 履(而泰)然後安。故受之以泰。泰者通也。履んで然る後安し。故にこれを受くるに泰を以てす。泰とは通ずるなり。ふんでしかるのちやすし。ゆえにこれをうくるにたいをもってす。たいとは...
易経

10.天沢履(てんたくり) ䷉

天沢履(てんたくり) 足でふむ、履み行なう ䷉ 序卦伝 物畜然後有禮。故受之以履。物畜えられて然る後礼あり。故にこれを受くるに履を以てす。ものたくわえられてしかるのちれいあり。ゆえにこれをうくるにりをもってす。 物が集ま...
易経

9.風天小畜(ふうてんしょうちく) ䷈

風天小畜(ふうてんしょうちく) 小さな停止、小さな蓄積 ䷈ 序卦伝 比必有所畜。故受之以小畜。比しめば必ず畜うるところあり。故にこれを受くるに小畜を以てす。したしめばかならずたくわうるところあり。ゆえにこれをうくるにしょうちく...
易経

8.水地比(すいちひ) ䷇

水地比(すいちひ) 人と親しむ法 ䷇ 序卦伝 衆必有所比。故受之以比。比者比也。衆なれば必ず比するところあり。故にこれを受くるに比を以てす。比とは比しむなり。しゅうなればかならずひするところあり。ゆえにこれをうくるにひをもって...
易経

7.地水師(ちすいし) ䷆

地水師(ちすいし) 軍隊、戦争 ䷆ 序卦伝 訟必有衆起。故受之以師。師者衆也。訟えには必ず衆の起るあり。故にこれを受くるに師を以てす。師とは衆なり。うったえにはかならずしゅうのおこるあり。ゆえにこれをうくるにしをもってす。しと...
易経

6.天水訟(てんすいしょう) ䷅

天水訟(てんすいしょう) 争い、争論、訴訟 ䷅ 序卦伝 飲食必有訟。故受之以訟。飲食には必ず訟えあり。故にこれを受くるに訟を以てす。いんしょくにはかならずうったえあり。ゆえにこれをうくるにしょうをもってす。 飲食には必ず...
易経

5.水天需(すいてんじゅ) ䷄

水天需(すいてんじゅ) 待つ、躊躇、期待 ䷄ 序卦伝 物穉不可不養也。故受之以需。需者飮食之道也。物穉ければ養わざるべからず。故にこれを受けるに需を以てす。需とは飲食の道なり。ものおさなければやしなわざるべからず。ゆえにこれを...
易経

4.山水蒙(さんすいもう) ䷃

山水蒙(さんすいもう) おろかな者、啓蒙、教育 ䷃ 序卦伝 物生必蒙。故受之以蒙。蒙者蒙也。物之穉也。物生ずれば必ず蒙。故にこれを受くるに蒙を以てす。蒙とは蒙かなり。物の穉きなり。ものしょうずればかならずもう。ゆえにこれをうく...
易経

3.水雷屯(すいらいちゅん) ䷂

水雷屯(すいらいちゅん) 芽ばえ、盈ちる、生みの困難 ䷂ 序卦伝 盈天地之間者唯萬物。故受之以屯。屯者盈也。屯者物之始生也。天地の間に盈つる者は唯だ万物なり。故にこれを受くるに屯を以てす。屯とは盈つるなり。屯とは物の始めて生ず...
易経

2.坤為地(こんいち)䷁

坤為地(こんいち) 地の包容性、臣下の道 ䷁ 序卦伝 有天地然後萬物生焉。天地ありて然る後万物生ず。てんちありて、しかるのちばんぶつしょうず。 天と地、すなわち乾と坤があって、その後初めて天と地の間に万物が生じる。 ...
タイトルとURLをコピーしました