易経

易経

22.山火賁(さんかひ) ䷕

山火賁(さんかひ) 飾り、装飾 ䷕ 序卦伝 物不可以苟合而已。故受之以賁。賁者飾也。物は以て苟しくも合うのみなるべからず。故にこれを受くるに賁を以てす。賁とは飾るなり。ものはもっていやしくもあうのみなるべからず。ゆえにこれをう...
2022.08.27
易経

21.火雷噬嗑(からいぜいごう) ䷔

火雷噬嗑(からいぜいごう) 噛む、刑罰 ䷔ 序卦伝 可觀而後有所合。故受之以噬嗑。嗑者合也。観るべくして後合うところあり。故にこれを受くるに噬嗑を以てす。嗑とは合なり。みるべくしてのちあうところあり。ゆえにこれをうくるにぜいご...
2022.08.27
易経

20.風地観(ふうちかん) ䷓

風地観(ふうちかん) 見る、示す ䷓ 序卦伝 物大然後可觀。故受之以觀。物大いにして然る後観るべし。故にこれを受くるに観を以てす。ものおおいにしてしかるのちみるべし。ゆえにこれをうくるにかんをもってす。 すべての物は、大...
2022.08.27
易経

19.地沢臨(ちたくりん) ䷒

地沢臨(ちたくりん) 迫り望む ䷒ 序卦伝 有事而後可大。故受之以臨。臨者大也。事ありて而る後大なるべし。故にこれを受くるに臨を以てす。臨とは大いなり。ことありてしかるのちおおいなるべし。ゆえにこれをうくるにりんをもってす。り...
2022.08.27
易経

18.山風蠱(さんぷうこ) ䷑

山風蠱(さんぷうこ) 腐敗、腐敗を建直す事業 ䷑ 序卦伝 以喜隨人者必有事。故受之以蠱。蠱者事也。喜びを以て人に随う者は必ず事あり。故にこれを受くるに蠱を以てす。蠱とは事なり。よろこびをもってひとにしたがうものはかならずことあ...
2022.08.11
易経

17.沢雷随(たくらいずい) ䷐

沢雷随(たくらいずい) したがう、したがわず ䷐ 序卦伝 豫必有隨。故受之以隨。豫べば必ず随うことあり。故にこれを受くるに随を以てす。よろこべばかならずしたがうことあり。ゆえにこれをうくるにずいをもってす。 喜ぶという時...
2022.08.09
易経

16.雷地豫(らいちよ) ䷏

雷地豫(らいちよ) よろこび、たのしみの時 ䷏ 序卦伝 有大而能謙必豫。故受之以豫。大を有して能く謙なれば必ず豫ぶ。故にこれを受くるに豫を以てす。だいをゆうしてよくけんなればかならずよろこぶ。ゆえにこれをうくるによをもってす。...
2022.08.09
易経

15.地山謙(ちざんけん) ䷎

地山謙(ちざんけん) 謙遜の徳 ䷎ 序卦伝 有大者不可以盈。故受之以謙。大を有する者は以て盈つるべからず。故にこれを受くるに謙を以てす。だいをゆうするものはもってみつるべからず。ゆえにこれをうくるにけんをもってす。 豊か...
2022.08.06
易経

14.火天大有(かてんたいゆう) ䷍

火天大有(かてんたいゆう) 大なる所有 ䷍ 序卦伝 與人同者物必歸焉。故受之以大有。人と同じくする者は物必ず焉に帰す。故にこれを受くるに大有を以てす。ひとと同じくするものはものかならずこれにきす。ゆえにこれをうくるにたいゆうを...
2022.08.05
易経

13.天火同人(てんかどうじん) ䷌

天火同人(てんかどうじん) 人を集める、人との同調 ䷌ 序卦伝 物不可以終否。故受之以同人。物は以て否に終わるべからず。故にこれを受くるに同人を以てす。ものはもってひにおわるべからず。ゆえにこれをうくるにどうじんをもってす。 ...
2022.08.03
タイトルとURLをコピーしました